鍋・しゃぶしゃぶ・すき焼き

浅草今半 国際通り本店

浅草今半 国際通り本店  浅草今半 国際通り本店

浅草の低予算ランチを貪り続けるこの浅草雑食日記。
今日は久しぶりに豪勢に攻めてみました。
浅草今半 国際通り店」です。

この今半は浅草では説明不要の超有名店。
明治28年の創業から極上のすき焼きを提供し続けています。
ちなみに仲見世通りの裏にある浅草今半別館や、人形町今半はここの暖簾分け。

さてさてこの本館、改装してからまだそれほど経っていないのもあって、内装・外装ともに非常に綺麗です。
暖簾をくぐると、まずはいかにも高級懐石って感じの玄関。
混雑時はここでゆったりと待つことができ、お土産品なんかも購入することができます。
店員さんは常時数人待機、レジカウンターも2つあって、とにかくお客様の快適さを考慮したスタイル。
いやぁ、やっぱスゴイっすね。

1F奥に通されるとそこには明るく広々とした快適な空間が広がっていました。
6人掛けテーブルが3つ、4人掛けテーブルが2つ、2人掛けテーブルが1つ、
あとは小上がりの4人用の座敷席が4、5つ程度。
今回は確認できませんでしたが、2Fには個室の座敷席、3Fには大きな宴会部屋があるそうです。

・百年牛丼(1日20食限定)    1,575円
・明治すき焼き丼(1日20食限定) 2,100円
・ステーキ丼(1日20食限定)   2,625円
・二段重(1日20食限定)     3,150円
・刺身昼膳           3,150円
・すき焼き昼膳         3,675円
・しゃぶしゃぶ昼膳       3,675円
・すき焼き昼懐石        5,250円
・しゃぶしゃぶ昼懐石      5,250円
・浅草今半御膳         8,400円

以上が開店から15時までやっているランチメニュー。
ランチで8,400円って(汗)
普段ワンコインランチばっかり食ってる身分としては震えるぜコノヤロー!(゚д゚)/

浅草今半 国際通り本店  浅草今半 国際通り本店

もちろん注文したのは百年牛丼(1,575円)です。
だ、だって浅草雑食日記はそういうサイトだものっ!

この百年牛丼はどちらかというとすき焼き丼に近いテイストですね。
すき焼き肉、たまねぎ、グリンピース、豆腐、細切りこんにゃくがどんぶりに乗っていて、
甘い割り下のような味付けで調理されています。

うん、当然のことながらお肉が激ウマです。
柔らかいけどちゃんと食感があって、割り下で付けられた甘い味付けの奥から
ちゃんとお肉自身の甘い旨みが染み出してきます。
このへんはさすがすき焼きの老舗、って感じですね。

ただ残念だったのは、これをどんぶりとしてみたときに微妙かなって思った点。
肉の味付けとしては最高の割り下なんですが、ご飯に大量に染み込んでいるとちょっと甘過ぎかなと。
割り下をご飯にほんの少しだけ染み込んでる程度に抑えておけばもっと美味しく頂ける気がします。

あとこんにゃくがちょっと悪印象。
もっとしらたきのように細いほうが肉やご飯と一緒に口に放りやすいし、
こうして肉の下に敷き詰められると、お肉のかさ増し目的なのかなって印象を受けてしまいます。
どういう意図があって肉の下に敷き詰めているのかわかりませんが、
見えるように脇に添えるようにしたほうがいいのでは?

一緒にセットで付いてくる赤だし汁はワカメ、なめこ、豆腐が入っています。
少し味が濃いめって以外はとくに良くも悪くもないかなぁ。
きゅうりと大根の漬物、紅しょうがも特に印象なし。

ゴチソウサマ。

1,575円の高級牛丼。
肉そのものはたしかに美味しいんですが、ご飯や他の具材と一緒になった「牛丼」としてみたときは
それぞれがあまり仲良くなれていない感じでもう一歩って感想ですね。
うーん、ちょっと惜しい牛丼かなと。

しかし店内の雰囲気は抜群にいいですし、なにより接客レベルがもうこの上なし。
全体的に丁寧なのはもちろん、挨拶、手際の良さ、気の利き方が完璧です。
そんな中で食べる牛丼としてみればこの値段でも不満はないかも。

やっぱり次はすき焼きって形でこのお店をレビューしたいですね。
それが一番このお店の地力を計れるし。

さーて、頑張ってお金持ちになろーっと(笑)

浅草今半 国際通り本店
<浅草今半 国際通り本店>
東京都台東区西浅草3-1-12 TEL:03-3841-1114
営業時間:11時半~21時半 定休日なし

四川料理 九鼎火鍋屋

九鼎火鍋屋(キュウテイヒナベヤ)  九鼎火鍋屋(キュウテイヒナベヤ)

今日は国際通りを攻めてみましたー。
訪れたのは「四川料理 九鼎火鍋屋(キュウテイヒナベヤ)」です。

お店の場所は国際通りを北上してROXを過ぎたあたり。
ちょうどセブンイレブン(2Fはデニーズ)のお向かいさんになります。
真っ赤な看板がけっこう目を引くので見つけやすいかと思います。

お店の存在はだいぶ前から知っていたんですが、
火鍋料理ってちょっと一人で入りづらそう、そして自分が辛い物苦手っていうのもあってずっと遠慮してました。
今回辛い物が平気な相棒を連れて満を持しての来訪です。

店内はよくある個人経営の中華屋さん的な雰囲気。
床が油でギトギトしてることもなく、かなりキレイで清潔感がありました。
2人掛け、4人掛けのテーブルがいくつかあって、客席数は30ぐらいかな。
お店の外観の印象よりは広くてゆったりとしています。

・豚肉火鍋ランチセット  850円
・ホルモン火鍋ランチセット 850円
・牛肉火鍋ランチセット  880円
・羊肉火鍋ランチセット  880円
・スタミナ火鍋ランチセット  880円
・海鮮火鍋ランチセット  1,050円
・火鍋屋ラーメン  750円
・週代わりランチ(回鍋肉、エビチリなど) 820円
・麻婆豆腐ランチ  780円
・酢豚ランチ  820円
・ニラレバランチ  820円
・坦々麺  800円
・激辛牛肉麺  800円

以上のようにランチメニューは多彩です。
火鍋だけでも6種類あって、それぞれ白湯・普通辛・中辛・激辛が選べます。
ニラレバや酢豚のような普通の中華料理系も揃っているので毎日でも通えそう。

九鼎火鍋屋(キュウテイヒナベヤ)  九鼎火鍋屋(キュウテイヒナベヤ)

こちらは牛肉火鍋ランチセットの白湯バージョン(880円)です。
大きな鍋にライスとザーサイ、生卵、杏仁豆腐がついてきます。

え、ほんとにこれで800円台!?ってぐらいに大きな鍋。
しかも中身は肉以外にも白菜、ちんげんさい、春雨、豆腐、きくらげが盛りだくさんです。
男性でも十分に腹いっぱいになれるボリュームですね。

生卵をお皿に溶いてすき焼のように食べてくださいと店員さんに教えられましたので、その通りに。
・・・ウマーイ!!!

白湯スープは鶏ガラや塩分(昆布からきてる?)がいい塩梅に効いていて、かなり美味しいです。
それでいて生卵との相性も抜群!
やばい、こりゃ文句なしにウマイわ。

特に牛肉がものすごく柔らかくて甘くて気に入りました。
食事の最後のほうには煮込まれすぎて固くなってそうなものなのに、最後までずっと柔らかかったです。
肉だけ300円で追加トッピングできるんですが、腹いっぱいにも関わらず思わず頼みそうになりました。

九鼎火鍋屋(キュウテイヒナベヤ)  九鼎火鍋屋(キュウテイヒナベヤ)

こちらは辛い物が平気な相方が頼んだスタミナ火鍋ランチセットの普通辛(880円)。
牛肉火鍋と違って、鶏肉やつくね、ウインナーが入っていました。
ちんげんさいがない代わりにネギと白菜が多め。

辛いのが平気なはずの相方も「ウマイけど辛っ!」と言って汗だくになってました。
自分も一口だけ頂きましたが、それだけで鼻の頭に汗が(笑)
普通辛で生卵を絡めてもこのレベルって、中辛、激辛はいったいどれほどなんだ。。。
恐るべし四川料理。

でも辛さの中に確かなウマさ。
かなりジューシーなダシが出ていて、
相方は「辛い辛い」言いながらも最後まで箸が休まることはありませんでした。

九鼎火鍋屋(キュウテイヒナベヤ)

こちらはセットで付いてきた杏仁豆腐。
シロップでなくココナッツミルクに浸っているのでデザート感がいっそうアップしています。
辛い物食べたあとの舌には心地のいい甘さですね。
一瞬でぺロリといっちゃいました。

ゴチソウサマ。

いやー、かなりアタリだと思います。
800円台でこの味、この量。
店員さんはみな中国人ですが日本語は普通に話せて接客も丁寧で、居心地もいいです。
文句無く誰にでもオススメできるお店ですね。

辛い物平気な人も苦手な人も、是非是非一度この九鼎火鍋屋をお試しあれ!

九鼎火鍋屋(キュウテイヒナベヤ)
<四川料理 九鼎火鍋屋(キュウテイヒナベヤ)>
東京都台東区西浅草2-26-10 TEL:03-3841-7555
営業時間:10時~15時、17時~23時半(金・土は26時まで) 定休日なし

沙里亭(しゃりてい)

<※閉店してしまいました(2013/08/01記)>

沙里亭  沙里亭

今日は久しぶりに浅草ROXの中へ。
やってきたのは5Fにある「沙里亭(しゃりてい)」です。

以前カフェ&パスタ Loungeに食べに来て以来のROX5F。
あらら、すんげぇお店入れ替わってらっしゃる。
そのフロア内の変貌振りに正直驚いてしまいました。

飲食店はこの沙里亭とLoungeの2つだけになり、子供向けのゲーセンも撤収。
その代わりに写真館やら家庭教師のトライやら保険相談所やら。
ショッピングセンターの最上階とは思えないジャンル展開ですね。
こりゃあ家族連れはもう上まで来なくなるなぁ。

とまぁ、フロアへの愚痴はおいておいて。
今日は沙里亭のお話。

ジャンルとしては焼肉としゃぶしゃぶのお店で、
低予算のランチからお高めの御膳的なメニューまで幅広く扱っています。
まぁ、このサイトの趣旨的にその御膳的なメニューには全く用がないんですが。

店内は小奇麗に整っていて、テーブル席が10個ぐらいありました。
内装は、こういうショッピングセンターに入っている和定食屋にありがちな感じ。
ありがちというか、もうまさにそのまんまって感じですね。
ショッピングセンターに入ってそうな和食店の内装代表です、っていう内装。

・日替わり定食       900円
・ポークと野菜の鉄板焼き  780円
・ビーフハンバーグ     980円
・とくとくステーキ膳    1,100円
・冷しゃぶサラダ仕立て膳  1,000円
・特製ごまつけ麺      700円
・つけ麺と冷しゃぶのコンビセット 980円

以上がお昼のメニュー。
まぁ、こういう場所だし値段はこんなもんでしょう。

沙里亭  沙里亭
沙里亭  沙里亭

まずこちらはつけ麺と冷しゃぶのコンビセット(980円)です。
カメラが遠いんで少なく見えるかもしれませんが、実際にはかなり大きなお盆なので
量的には十分すぎるぐらいのボリューム。

注文の際に「ミニサラダかミニケーキどちらか付けれます」って言われたんでミニケーキを選択。
だって豚しゃぶの下にこんだけ野菜あればミニサラダを頼む選択肢はさすがにないでしょう(笑)

さてさて肝心のお味。

つけ麺の麺自体はあまりツルツルしていなくて安っぽい食感がしますが、
ゴマダレがなかなか美味しくて麺のダメさはそんなに気になりません。
いろんな材料放り込んでそうな、深い味のゴマダレです。

なので豚しゃぶのほうももちろん美味しくいただけました。
肉の印象は・・・ちょっとあんまりないかな。
良くも悪くもまぁ、こんなもんだろうって感じの味。

でもいくらゴマダレが美味しいっていっても、つけ麺も豚肉もこれだけで食べ続けなきゃいけないのは×。
量がそこそこあるだけにさすがに飽きがきてしまいました。
ポン酢皿がもうひとつ添えられているだけで、だいぶ印象変わると思うんですが。

あとさりげなく温泉玉子がついてくるんですが、
自分はつけ麺にも豚しゃぶにも玉子ぶっかける習慣はないので、そのままいただきました。
これうまく使えば飽きずに食べれるもんなのかな?
いや、無理か。

ミニケーキは特に印象なし。
普通にただの小さなケーキです。
なんかブルボンかどこかのお菓子で食べたことあるような味でした。

沙里亭  沙里亭

そして今日は相方が一緒だったのでもう一品。
日替わり定食だった、チキンのペッパー焼きです。

肉を一切れだけいただきましたが、うーん、ちょっと微妙。
見ためより全然味が薄くて淡泊でジューシーさはゼロ。
しかもちょっと固い。。。
ゴチソウサマ。

全体的にちょっと残念なお店でした。
「ショッピングセンターに入ってそうな和食店の内装代表」に過剰に期待したのがまずかったのか。
そんなに混んでいない時間帯なのに店員さんがみんなテンパッていたのもマイナスポイント。
まるで開店初日のような慌てふためき方をしていました。
オイオイ。

再訪は・・・ちょっとないかなぁ。
ゴマダレだけ美味しかった、そんな感じのお店です。
まぁ興味があれば、来訪あれ。


<沙里亭>
東京都台東区浅草1-25-15 浅草ROX5F TEL:03-3836-7755
営業時間:11時~22時 定休日なし