弁当・惣菜

とうふ 市川食品

とうふ 市川食品

今日はちょいとマニアックな場所を攻めてみました。
とうふ 市川食品」です。

お店の場所は雷門1丁目の細い路地。
雷門通りからは炭焼き櫻田のところから南へ、 国際通りからなら萬里楼のところから東へ入ったところ。
ちょうど茶寮一松の正門前あたりにあります。
「とうふ」っていう大きな布を掲げているので迷うことはないでしょう。

市川食品って名前から想像すると普通の食品メーカーってイメージがわきますが、実は街の小さなお豆腐屋さん。
ここはもう三代続いていて、浅草老舗の飲食店にもたくさん豆腐を卸しているそうです。
国産大豆による手作りにこだわっておられて、近所の奥様方にもなかなかの人気店。
お昼前と夕方頃には、献立用の豆腐を求めて主婦層がおしかけます。

とうふ 市川食品  とうふ 市川食品

豆腐だけでも絹ごし、木綿、焼、おぼろと一般的なラインナップは全て揃えています。
さらにペットボトルの容器に詰められた豆乳や、がんも、あぶらあげ、薄あげまで。
豆腐系は1丁180円~240円ぐらいの価格帯で、スーパーの品に比べるとちょっと値が張ります。
がんも系は1個100円前後ですが、皿でまとめて売られているものはかなりのボリュームで200円とちょっとおトク。

店内には気さくなおばちゃんがいて、気前のいい感じで接客してます。
他人行儀が当たり前の東京じゃあなかなか味わえないアットホームな雰囲気でした。
豆乳とおぼろ豆腐を購入して帰宅。

とうふ 市川食品

まずこちらが豆乳500ml(250円)。
普段から900mlパックを200円程度で購入している自分にとってはちょっと値段高めの印象。
あ、でもコンビニなんかで200mlパックを100円で買ってる人にとっては安いのか。
昔から思ってるんだけど、豆乳の小さいパックってなんか割高過ぎじゃない?

中身はもちろん無調整です。
でも市販の無調整豆乳より、その調整してない感はバツグン(←妙な表現だけども)
冷奴をそのまま液体にしたかのような「ザ・豆腐!」って感じの非常に濃厚な味わいです。
口当たりもいいし美味しいっすねコレ。

とうふ 市川食品  とうふ 市川食品

そしておぼろ豆腐1丁(220円)。
容器にパンパンに詰まっていてかなりの重量感です。
計ったわけじゃないですけど、これ一丁以上あるんじゃないでしょうか。

口に運ぶと濃厚でとってもまろやか。
醤油をかけるのが惜しいぐらいに素材そのものの味が美味しいです。
良いお店で食べるお高い豆腐の味わいですね。

とうふ 市川食品  とうふ 市川食品

醤油をかけるのが惜しいなんて言っときながら、麻婆豆腐を作ってしまいました(笑)
だって全部冷奴として食べるにはちょっと量多かったんだもん。
炒める時間サボったせいでちょっと水っぽくなってしまいましたが、まぁまぁいい感じに。

あんかけの味で豆腐の味が殺されちゃうかなぁと思っていたんですが、
食べてみると全然そんなことはなく、豆腐の主張がしっかりした麻婆豆腐に仕上がりました。
普通の豆腐で作った場合とは、食感も味も全然違いがわかります。
おお、こりゃすごい。

ゴチソウサマー。

手作り感も、その仕上がりのクオリティもとっても良かったです。
豆腐好きでその味にこだわりもってる人でもきっと気に入る味かと思います。
いまどき珍しいレトロ感のある店構えも風情があっていいですしね。

興味があれば一度立ち寄ってみてくださーいヾ(○´∀`○)ノ

とうふ 市川食品 地図
<とうふ 市川食品>
東京都台東区雷門1-14-3 TEL:03-3841-1357
営業時間:5時~13時、16時~19時 定休日:毎週水曜

てる美

てる美  てる美

今日はだいぶローカルなお店を攻めてみました。
「小料理・割烹 てる美」です。

お店は西浅草で、東本願寺の目の前の小さな通りにあります。
小料理を扱う小さな小さな個人経営のお店なんですが、
なんと最近は平日のお昼にお弁当を販売しています。
価格も390円からとなかなか手頃なライン。
これは試さねばなるまいっ!

用意されていたのは山菜や筍、きのこなどを中心とした里山弁当(390円)、
大きなチキンが和風テイストで仕上げられた鶏南蛮弁当(390円)、
唐揚げの甘酢あんかけ、山菜などが詰まったこしひかり弁当(390円)、
焼鮭と山菜、シュウマイ、点心、鶏肉が詰まった具沢山の鮭五目弁当(490円)。

ちなみに使われているお米は、福島県産のひとめぼれだそうで。
あ、もちろんこしひかり弁当には魚沼産コシヒカリが使われています。
あと日によっては他の種の弁当もいっぱいありそうな雰囲気でした。

てる美  てる美

今日は鶏南蛮弁当(390円)を購入して帰宅。
早速いただくわけですが・・・

てる美

あれ?
個人経営のお店だからてっきり自家製オリジナル弁当だと思っていたら、
この商品表示ラベルを見る限り、仕入れ弁当???

販売者の㈱リピートってトコ調べてみたら、やっぱりそのとおり。
なんてこった、全然浅草ローカル飯じゃなかった(汗) イヤン。

でも弁当をこういう風に仕入れて販売してて儲けって出るのかなぁ?
390円とか490円って、仕入れ値とさほど変わんないと思うんですけど。。。
むむむ、謎だ( ̄へ ̄;

味的には・・・うーん、
メインの鶏南蛮がたんぱく過ぎてジューシーさ皆無ってのはちょっと痛い。
ひとめぼれを使っているっていうご飯も悪くはないですが、
普通って感じがして押しの材料にはなっていません。
他のおかずももう一歩って感じかなぁ。

まぁ、小鉢的に添えられている煮物やサラダが多いので、
食材の品目はかなり多くボリューム的には満足できるかと。
ヘルシー志向の弁当として390円って考えれば全然アリなのかもしれません。
若者向けではなく中高年向けな感じがする(失礼な意味ではなくて)

てる美

いちおうインスタント味噌汁も付いてきますしね。
熱湯用意しなきゃいけないのだけ難ですけど。

個人的にはちょっと好みではなかったですが、
先にも書いたとおりヘルシーさの点では抜きん出た弁当だと思います。
よく 「1日30品目摂取を目標に!」 なんていいますが、
この弁当だけで15品目ぐらいいけそうな(笑)

値段もお手頃ですし興味があれば試してみてくださーい。

てる美
<てる美>
東京都台東区西浅草1-4-18 TEL:03-3844-4722
営業時間:不明 定休日不明

鬼のからあげ

鬼のからあげ  鬼のからあげ

今日は久々に国際通りを逆方向に。
最近オープンした新しいお店「鬼のからあげ」です。

場所は国際通りを大江戸線蔵前駅のあたりまで南下したところ。
ラーメンの寿三家のちょうどすぐ隣になります。
これができる前って何のお店があったんだっけ?
店構えを一新してドでかい看板を付けているので昔の建物が全然思い出せない(汗)
移転前のキッチン南海ってこの場所だったような、そうでないような。。。

今回初めて知ったんですが、大分県ってからあげが大人気の土地らしいですね。
博多にラーメン屋がいっぱいあるのと同じように、こういった唐揚げ屋さんが乱立しているのだとか。
ここは大分にお店を持っているオーナーが「からあげ渓」という名でこちらに進出してきたものだそうで、
すでに戸越銀座のほうには系列店がオープンしているようです。
浅草店が「からあげ渓」ではなく「鬼のからあげ」と名乗っているのはよくわかりませんが。
なんか大人の事情?(* ̄- ̄)

・鬼のからあげ100g    250円
・名物スカイずり~    300円
・鬼の突き出し      300円
・鬼のからあげ弁当(並) 500円
・鬼のからあげ弁当(大) 600円
・鬼メガ盛り弁当     800円

以上がメニュー。
むむむ、なんかミーハーなネーミングセンスが気になるぜ(汗)
イートインスペースは用意されていないので全てテイクアウト専用です。
戸越銀座のほうのお店は店内で食べることもできるみたいですが。

鬼のからあげ弁当(並)と名物スカイずり~を注文しました。
アツアツを提供するために全て注文を受けてから揚げ始めるらしく、5分ほどかかりますとのこと。
揚げたてが食べられるなら全然5分ぐらいは苦じゃないっす!
商品を受け取って帰宅して早速イタダキマス。

鬼のからあげ  鬼のからあげ

まずは名物スカイずり~こと、砂肝の唐揚げ串(300円)。

砂肝はスナズリとも言うので、それを巷で話題のスカイツリーにかけているんですね。
ツリーを意識してのことなのか、とりあえずでかいっす。
串の長さが約25cm程度で、大きな砂肝が7つも刺さっていました。

味はとてつもなくジューシー。
砂肝ってあまり脂がのっているイメージはないんですが、これは噛みしめると大量の肉汁が溢れ出てきます。
特有のコリコリした食感も、固すぎず柔らかすぎずでいい仕上がりになっています。
コレものすごいビール飲みたくなるー!

鬼のからあげ  鬼のからあげ

次に鬼のからあげ弁当(並)500円。

先に砂肝串のボリュームを見た後だったので、正直ちょっと拍子抜け感が。
え~、・・・唐揚げ3個だけ?
「脇を固める高菜とポテトサラダが絶品!」ってうたい文句があったんですが、それらもかなり少量。
唐揚げの下に敷かれている千切りのキャベツも申し訳程度の量。
白米も柔らかくソフトに詰めている、というか乗せているって感じで量は少なめ。
なんだか500円の唐揚げ弁当としてはちょいと質素じゃないかい??

唐揚げ(骨なしモモ肉)はニンニク醤油で味付けがされています。
ニンニク臭はかなりのレベルで、帰宅中にも手提げ袋からものすごい臭いを放っていました。
これ持ったまま電車やバスには絶対乗れない(汗)

でも味は文句なしにバツグンに美味しいです。
衣はカリカリというよりはサクサクって感じの食感で、
ニンニク醤油の味付けがしつこくない程度にされていて、衣だけで十分酒のつまみになりそうな。
中のモモ肉はこれでもかというぐらい脂がのっていてジューシー。
柔らかいのに身は締まっていて、鶏肉の素材の旨みが存分にわかる良いお肉だったように思います。
高菜とポテトサラダも絶品とうたうだけあって、確かに美味しいですね。

ゴチソウサマ。

とりあえず砂肝串は、味、量、価格ともにかなりクオリティの高い品物。
一人で食べるには飽きるほどの量ですが、酒のつまみにしたり、
家族友人で回し喰いしたりするにはちょうどいいと思います。
個人的にネーミングセンスだけはいただけないけども。
蔵前ってスカイツリーからだいぶ離れるしな(笑)

唐揚げのほうは、味は文句なし。
ただし問題は、このニンニクの強さで好き嫌いが分かれるかなってのと、脂の多さ。
31歳男性の自分にとってはこの脂の多さはジューシーだなって感想になりますが、
もし女性だったり、より高齢だったりすると、受けつけられない場合もあるかもしれません。
あとは値段に対して量が少ないことかな。
まぁ良い肉を使っているからこそのこの値段なんでしょうから、そこは贅沢言っちゃいけないのかもですけどね。

なにはともあれ、想像よりも全然クオリティの高いお店でした。
浅草の観光地からはだいぶ離れてしまいますが、この近くまでくる機会があれば是非ー。

P.S.
ニンニクレベルはまじで高いっす。
食後3時間はゲップの度に猛烈なニンニク臭がこみ上げるので、食べるタイミングは選んだほうがいいですよ(汗)

鬼のからあげ
<鬼のからあげ>
東京都台東区寿3-8-2 渡辺ビル 1F TEL:03-3842-5733
営業時間:11時~16時(品切れ次第終了) 定休日なし