和菓子

初音茶屋

初音茶屋

今日は浅草で人気の甘味処へ。
ひさご通りにある「初音茶屋」に行ってきました。

お店はひさご通りのアーケードの中にあります。
以前紹介したフルーツパーラーゴトー晴晴居酒屋と同じ並びです。
浅草の他の観光スポットに比べてどうしても閑散としている商店街ではありますが、
意外に隠れた名店が多いのですよココヾ(*’∀`*)ノ

お店はいかにも昭和のレトロ感漂う和風の甘味処。
構えも内装も年季が入っています。
でも決して汚いとかではなく、味のある落ち着きのある雰囲気です。

初音茶屋

注文したのはコレ。
ハイ。カキ氷でーす!(*σ´∀`)σ+*゚
宇治金時(600円)+ミルクがけ(+50円)!

そう、ここ初音茶屋はカキ氷で有名なお店なのです。
元々は地元客だけが通うような地元馴染みのお店だったのですが、
昨今のSNSや食べログなどの普及によって注目が集まり始めたみたいですね。
カキ氷で有名店を調べていくと、ちゃんとこのお店の名前にたどり着きます。
いやー、ネットってすごいですな。

そのせいかお店の客層は、地元民よりも若いカップルや、
スィーツ巡り女子会みたいなグループの割合の方が高いぐらい。
お店の雰囲気が老舗ど真ん中なだけに、このギャップのある客層はちょっと面白いですね(笑)

初音茶屋

こちらは氷いちごミルク(450円)!

シロップは上からかけずに器の底部に沈殿させて出すのがここのスタイル。
見慣れた絵面ではないので、なんだかオシャレ感を感じます。
上部にかかっているミルクと底部のシロップが分かれた状態なので味のコントロールも自由?

ちなみに宇治金時などの小豆も底部に沈んでいますので、
「小豆乗せ忘れてるよ!」なんて早とちりしないように(笑)

さぁ。実食!

うん、文句なしにウマイ!!
氷がふわふわで、まるでパウダースノーのよう。
口の中に入れた瞬間に溶けていく食感がたまりません。
たくさん食べても頭がキーンとしない、良質なカキ氷ですなヽ( ‘ω’ )ノ

特に宇治金時の抹茶部分が、さすが甘味処の抹茶。
上品な苦味と甘さが心地よい感じでブレンドされて舌触りもとても良いです。
いやぁ、そのへんの観光地でぽんと出てくるレベルとは全く違いますね。
(あ、浅草もそのへんの観光地と言われればそれまでかw)

ゴチソウサマ!

食べログなどの情報を見ると、トッピングの白玉(5個で250円)も人気のようですね。
注文を受けてから作るので多少時間がかかるものの、
カキ氷とは別の器で温かいままで持ってきてくれるため、
冷たいカキ氷と交互に食べるととっても絶品な味なのだとか。
次に来るときには試してみたいなぁ。

したらな!

あ、これカキ氷メニューです。
冬季はやっていないみたいなのでそこだけご留意をば。

初音茶屋

【関連リンク】
食べログ 「初音茶屋」
己【おれ】 「口の中で消える!絶品かき氷が食べられる浅草の老舗甘味処「初音茶屋」」
浅草のグルメ・観光情報を発信! 「東京 浅草 暑い日にはやっぱりふわふわのかき氷でしょう!」
かき氷巡礼の旅 「浅草 初音茶屋」

初音茶屋 地図
<初音茶屋>
東京都台東区浅草2-23-3 TEL:03-3844-7658
営業時間:11~19時 定休日:火曜日

かりんかりん 松が谷店

かりんかりん かりんかりん

浅草雑食日記といいつつ、今回もちょっと遠出してきました。
訪れたのはかりんかりん 松が谷店です。

かりんかりんというお店の名前から想像できる通り、ここはかりんとうを扱っているお店です。
浅草近辺でかりんとうというと老舗的なふるーいお店を想像するかもしれませんが、
ここはかなりモダンでオシャレ。
洋風な佇まいで、一見するとケーキ屋さんとかにも思えちゃうかもです。

かりんかりん かりんかりん

店内のディスプレイ。
かなり多くの種類が用意されていますね。

かりんとうは通常、プレーン、黒糖、ピーナッツぐらいが味のバリエーションとして一般的ですが、
ここでは白蜜、ざらめ、黒ゴマ、塩ゴマ、抹茶、アーモンド、岩塩、アオサ、カレー、甘酒、りんご、
紫いも、ゴボウ、マンゴー、紫蘇、ゆず、竹炭、チーズ、しょうが等々。
何を選んでいいやらわからなくなるぐらいに豊富なバリエーションです。

ショーウィンドウ眺めているだけでも楽しいなぁと思っていたら、
店員のおばちゃんが、なんとほぼ全種類の試食をさせてくれました。
や、優しすぎるっ!
ありがとう!おばちゃん!ヾ(´ρ`)ノ゛ワーイ

通常のかりんとうよりも少し固めでカリッと感が強調されています。
味付けは全体的にほんのりって感じで、かりんとう本来の味とうまく共存している印象でした。
個人的にお気に入りだったのはマンゴーとしょうがですかね(*・∀・)/
お菓子にもおつまみにもなって、ずっとポリポリやってたくなるお味。

かりんかりん

かりんかりん かりんかりん

試食だけではおばちゃんに悪いので、
ミックス(367円)と、冬季限定のホワイトチョコ(472円)を購入して帰りました。

ミックスはその名のとおり様々な味と形のミックス。
いろんな味が楽しめるので、お土産なんかには選びやすいですね。
色合いもオシャレなんで見た目もイイ感じです。

ホワイトチョコは、かりんとうをチョコでコーティングしたもの。
表面を薄っすらとコーティングしているのかと思いきや、
意外にチョコの層が分厚くて、お得感は十分。
一気に食べちゃうほどコレおいしいです。
ちなみにホワイトチョコ以外にも、通常のチョコレートとイチゴチョコレートの商品もあります。

ゴチソウサマー。

商品としてオシャレで、それでいて美味しいのでかなりオススメです。
そのぶんちょっと量が少ないのだけがアレですが。
たくさんの友達にひとつずつって時には手頃なサイズかもしれませんね。

松が谷店以外に仲見世通りの裏にも店舗があるので、
ご興味あれば一度お試しアレー。

かりんかりん 地図
<かりんかりん>
東京都台東区松が谷2-28-10 TEL:03-6802-8665
営業時間:10時~17時半 定休日:毎週水曜

浅草 忍者たい焼き

忍者たい焼き  忍者たい焼き

今日は浅草名所七福神を巡るべく、江戸通りを攻めてきました。
ほぼこの通り沿いに待乳山聖天、今戸神社、橋場不動尊、石浜神社が並んでいて、
この通りを進むだけで4箇所も回れてしまいます。
晴天で風が気持ちいいのもあって、各社を気持ちよく回ることができました。

さてさて、今日訪れたのは言問通りとの交差点近くにある「浅草 忍者たい焼き」です。

まだ新しいお店で、オープンしたのはたぶん今年に入ってからかな?
なんでも大手企業に務めていたフード担当者が独立企業して開いたお店なんだとか。
今後もいろんな商品を手広く展開していくつもりのようです。

○忍者たい焼き
あずきあん     160円
味噌バターあん   160円
梅干あん      180円
チョコバナナ(期間限定)   200円
カスタードチョコ(期間限定) 200円

○ネクたい焼き
あずきあん     140円
味噌バターあん   140円
梅干あん      160円

以上が用意されているメニューです。
全てテイクアウト専用。
味噌バターや梅干がレギュラーメニューか・・・なかなかチャレンジャーだな(汗)

そのチャレンジ受けてみせようとばかりに、
忍者たい焼きのあずきあんと、ネクたい焼の味噌バターあん・梅干あんを注文しました。
タイミングが良かったのか、数分だけ待ってそれぞれのアツアツをゲット。

忍者たい焼き  忍者たい焼き

忍者たい焼き

まずは忍者たい焼きのあずきあん(160円)。
160円としては厚みがあって標準よりちょっとボリュームがある印象です。

中にはもちろんあずきあん。
薄っすらとだけ小豆の粒が残ったこしあんよりの餡で、ちょっとだけとろみがあります。
うん、甘すぎずでなかなか良い餡だと思います。

皮は表面だけちょいカリで中はもっちり分厚い仕様。
もっちり部分はかなり厚みがあって、7~8ミリはあるでしょうか。
なので餡以上に生地の主張が強く、全体で見れば和菓子というより洋菓子に近い風味がします。
イマドキの子供なんかはもしかしてこういうタイプのほうが好きなのかなぁ。

残念だったのは、たい焼きの頭部に餡が詰まっていなかったこと。
たまたま運が悪くて失敗作を引いただけなのかもしれませんが、
頭部から食べ進めて3分の1地点まで餡が出てこないってのは、たい焼きとして失格かと。
もし作り方の問題なのならそのへんの精度は上げてほしいなぁ。

忍者たい焼き  忍者たい焼き

忍者たい焼き  忍者たい焼き

そしてネクたい焼き。
左下の写真が味噌バターあん(140円)の断面、右下の写真が梅干あん(160円)の断面です。
と言っても見た目はまったく変わりませんが(笑)

とりあえずネクたい焼きは小さくてかなり薄いです。
餡も、写真は皮を広げて写しているので十分に入っているように見えますが、実際にはそれほどでもないです。
たった20円の差でしかないので、忍者たい焼きのほうを購入するほうがお得ですよ。

そして肝心の餡なんですが・・・うーん。
味噌バターあんは甘ったるい味噌がしつこく口の中に残ってちょっと気持ち悪い(汗)
しかも普通の餡子と同じビジュアルでこの味がするから余計に違和感があってモヤッとする。。。
これ、「味噌バターあん」じゃなくて「味噌バター」じゃダメだったんだろうか?

梅干あんは他所の和菓子でもあるような、予想通りの味。
高級和歌山産南高梅を使用してるってことをうたっているんですが、
あずきに練り込まれたそれからは特に高級感や特別感はなし。
あんまり生地の味とも合わないし・・・この餡ってたい焼きに向いていないのでは(´へ`;)

ゴチソウサマ。

忍者たい焼きそのものは別にアリなんじゃないかなと思いました。
浅草では写楽浪花屋のような薄皮モノが強いですが、
それとは別ジャンルのもっちりたい焼きとして、ちゃんとお客を取れると思います。

しかし味噌バター餡と梅干し餡は・・・生地の主張が強いこのタイプのたい焼きには合わないよ絶対(汗)
あとネクたい焼きのネーミングと形状もちょっと微妙。
ダジャレとして全く面白くないし、形状も普通のたい焼きがカクカクしただけで小さくて薄い(+_+)
もうちょっと創意工夫を重ねてほしいかなぁと思いました。
まぁ、あくまで個人的主観ですけどね。

せっかくスカイツリー絶好のビューポイントである墨田公園が近い立地なんですから、
是非とも新しい浅草の食べ歩き名物として繁盛してもらいたいもんです。
今後に期待ー。

忍者たい焼き
<浅草 忍者たい焼き>
東京都台東区花川戸2-15-3  TEL:03-5830-8900
営業時間:12時~20時 毎週火曜定休日