ラーメン

醤油らーめん きび太郎

きび太郎

今回は久しぶりにラーメンです。
「醤油らーめん きび太郎」に行ってきました。

お店は国際通り沿い。
ビューホテルのお向かいさんあたりにあります。
お店は小さいですが、しっかり看板が出ているのですぐに見つかると思います。

きび太郎

写真のとおり、醤油らーめん専門店。

もちろん扱っているのは醤油だけ・・・だったのですが、
去年ぐらいから新メニュー開発ってことで種類が増えました。
あ、いちおう全部醤油系ではあります。

鳥そば(極細麺)700円
・・・熱々!濃厚な鳥ダシらーめん!醤油たっぷりなのにしつこくない

ブラックらーめん(中太麺)750円
・・・マー油をアクセントに使用!見た目を裏切るマイルドならーめん

醤油らーめん(中太麺)720円
・・・豚、鳥、鰹、鯖、宗田、煮干のスープ!あっさりした上品ならーめん

豪快らーめん(極太硬麺)750円
・・・量が多い!味が濃い!麺が固い!背脂たっぷりガッツリらーめん

豪快らーめんの説明が豪快ですね(笑)
表現がストレートなので、このフレーズに惹かれて注文しちゃう男性客多そう。
次郎系に近いような印象も受けるし。

あとは、つけ麺なんかもありました。
さらに大食いメニューとして「634」というビッグサイズラーメンも!
価格は1,500円で、完食するとチェキを撮って店内に貼ってくれるというもの。
別に無料になるとかではありませんので間違えないように(笑)

きび太郎

ここは当然「634」を注文!・・・と言いたいところですが、
残念ながら自分そこまで大食漢ではないのもので(涙)

オーソドックスに鳥そば(700円)を注文しました。
醤油らーめんとどっちを頼むべきか迷ったんですけどね。
メニューに先に書いてあるからコッチが推しなんだろうと勝手に推測しました( ゚Д゚)ノ

透明度が高いスープに葱、メンマ、ほうれん草、チャーシュー。
まず見た目が美しいですな。
鳥から摂った油がキラキラしてとても鮮やかです。

きび太郎

麺は細い縮れの玉子麺です。

スープをしっかり絡めとってくれるし、コシもあってノドごしも良し。
生麺なんだろうけど、なんか乾麺っぽい感じもする。
ちょっと面白い麺だなぁ。

そして肝心のお味はかなりグッド!!
醤油系には違いないんだろうけど、鳥のダシのほうが勝っていて、
アッサリだけどコクがある仕上がりになっています。
そこに鳥の甘みが加わってなんとも美味。
レンゲでスープをすくって、麺と一緒に一気に口の中に運び込むと幸せな気持ちになります(笑)
こりゃ、どんどん食が進みますわ♪

葱、メンマ、ほうれん草はオーソドックスで特筆することはないかなぁ。
チャーシューはとろとろ手前ぐらいの柔らかさ。
これは好みがありそうだけど、自分は好きですこういうの。

ごちそうさまー。

うん、ラーメン屋としてリピートする価値のある、美味しいお店だと思います。
さすが食べログで☆3.5を超えているだけのことはある(´∀`)
浅草の繁華街から少し離れているので行列で並ぶこともなく、
飲んだ後のシメなんかには使いやすいラーメン屋ですね。

まだ醤油らーめん、ブラックラーメン、豪快ラーメンを試していないので、
また近々訪れて食べてみたいなと思います。

したらな!

【関連リンク】
食べログ 「きび太郎」
Retty 「きび太郎」
ラーメンデータベース 「きび太郎」
岩風呂 「醤油らーめん きび太郎」
メタボリの下町で呑み歩き。 「浅草・きび太郎 豪快らーめんって二郎的!?(泣)」
Wryoku 「浅草で二郎系ラーメンならきび太郎」

きび太郎 地図
<きび太郎>
東京都台東区浅草2-13-3 都ビル1F TEL:03-5828-9200
営業時間:平日18~29時、土曜11時半~29時、日曜11~22時 定休日:不定休

麺屋 江武里

麺屋 江武里 外観 麺屋 江武里 外観

いよいよ暑さも本格的になってきましたね。
ちょっと前まで「今年は冷夏になる」なんて話がありましたが、見事に裏切られました。
結局毎年猛暑じゃねぇかコンチクショー!ヾ(○`з´○)ノ

というわけで浅草雑食日記、今回もラーメン屋です。
訪れたのは「麺屋 江武里」。

お店の場所は浅草通り沿いの駒形橋近く。
台湾料理の霞舫ラーメン坂内の並びになります。
そう、以前からいろんなラーメン屋が入っては潰れ入っては潰れの、このテナントです。
豚骨ラーメン屋だったり、尾道ラーメンだったり、刀削麺だったり・・・
もうこの数年で何軒のラーメン屋が消えていったことか(苦笑)

新しくこの「江武里」が入ってからも、
どうせすぐ新しいお店に変わっちゃうんだろうなぁと思って足が向きませんでした。
記事書いてもすぐ無駄になっちゃうんじゃ食べにいく意味ないし・・・。

なんて思っていたら、麺屋武蔵出身の方が営業していて、
評判が良いとの情報を小耳に挟みました。
これは一度試してみねばということで、今回初来店です。

店内はモダン和風なイメージ。
カウンター席が5つ程度と、2人掛けテーブルが4つか5つ程度あります。
テーブルをくっつければ4人客なんかにも対応できるような配置ですね。
小さな個人経営のラーメン屋なので、さすがに大人数で利用するには向いていません。

券売機で食券を選択して席につきました。

麺屋 江武里 江戸醤油ラーメン 麺屋 江武里 江戸醤油ラーメン

5分ほどで運ばれてきました、江戸醤油ラーメン(750円)です。
最近、こういう深底のお椀みたいなどんぶりを使っているところが増えましたね。

鶏ガラ、豚骨、香味野菜を8時間煮込んだ白濁スープと、
カツオ、昆布、アサリから取った魚介スープを合わせたダブルスープ。
あっさりとしながら後味に深いコクがあって美味しいです。
ほんのりとゆずの香りも感じますね。
飲み干せと言われても簡単に飲み干せちゃう、そんな美味しいスープです。

麺は太めの平縮れ麺。
スープを良く絡めとり、麺自体のもっちりした触感もイイ感じ。
あ、麺を食べやすいようにこのお店はコーティング箸と割り箸の両方を用意しています。
箸と麺の相性にこだわりがある人にとっては嬉しい配慮。

スチームコンベクションオーブンで焼いたというローストポークは、印象薄いかな。
あっさりした醤油味だからこのこういう肉質で攻めているのかもしれませんが、
個人的にはもうちょっとジューシーさを押した豚肉にしてほしかったかも。

具としてネギが2種類(九条葱と千住葱)が入っているんですが、
この触感の違いが非常に面白いです。
そしてどちらもラーメンの具として文句なしにウマし。
メンマは非常に歯切れが良く、素材の味を活かした風味がたっぷり。

ゴチソウサマーヾ(´ρ`)ノ゛

いやー、満足満足。
ここ数年でこのテナントに入ったラーメン屋の中では間違いなく一番美味しいと思います。
立地的には観光客は取り込みにくそうですが、
オフィス街のサラリーマンたちをキャッチするには十分。
ここは今までの店のように潰れずに長く残っていてほしいなぁ( ´З`)=3

季節限定の変り種ラーメン(ロゼ塩冷やし麺や冷製カリーつけ麺)なんかも、
写真を見る限りではかなり美味しそうです。

麺屋 江武里 外観 麺屋 江武里 外観
お店のブログより引用: ロゼ塩冷やし麺(左)、冷製カリーつけ麺(右)

誰にでもオススメできる良いラーメン屋だと思います。
お近くまでお越しの際にはぜひお立ち寄りアレー。

麺屋 江武里 地図
<麺屋 江武里>
東京都台東区雷門2-4-1 岡安ビル 1F TEL:不明
営業時間:11時~15時、17時半~21時 定休日:不定休

富士らーめん

富士らーめん 外観 富士らーめん 外観

今日は浅草国際通りのほうへ。
訪れたのは「富士らーめん」です。

なんかチェーン店みたいなイメージの店名ですが(主に富士そばのせいですがw)、
れっきとした個人経営のラーメン屋さん。
浅草ではあの有名な与ろゐ屋で修行したお弟子さんが出店した模様。
これは期待できますね(*´∀`*)

あ、お店の場所は国際通りのROX近く。
せんねんそばと、ステーキハウス 浅草松波のちょうど間にあたります。

以前はこのテナントには2回連続でオシャレなベーカリーが入っていました。
前回は糸吉や、さらにその前がパーネ・アル・パーネ
しかし不可思議なことに、2店舗とも突如閉店。
糸吉やは繁盛してる感じがあったのに2ヶ月程度、パーネ・アル・パーネなんかは1週間待たずに。
連続であまりに不自然な閉店の仕方をしたので、もしかして事故物件なのかなとちょっと疑ってました。
今回も短期間で閉店したらコワイなぁ。。。

糸吉や パーネ・アル・パーネ
↑昔入っていた糸吉や(左)と、パーネ・アル・パーネ(右)

さて、この富士らーめん、お店は新装開店したばかりなので非常にキレイです。
お店の中央を囲むようにウッディーなカウンターを配置していて、
お客は10人座れるかどうかってところでしょうか。
もちろんカウンター席などはありません。

<メニュー>
・ラーメン    680円
・味玉ラーメン  750円
・富士特製    950円

<トッピング>
・大盛り     100円
・青ねぎ増し   150円
・キャベツとマー油 150円
・餃子      350円
・カツオ味玉   70円
・メンマ     150円
・チャーシュー  280円

メニューはこんな感じで、券売機による食券制です。
最近はラーメンの券売機も10000円札を受け入れてくれるところが多くなっていいですな。
昔は店員さんに万札両替頼むのが申し訳なくて(笑)

富士らーめん 富士らーめん

やはりオーソドックスに普通のラーメン(680円)を注文しました。
運ばれてくるまでに大体5分ぐらい。

スープは豚骨醤油ですね。
与ろゐ屋から独立して出したお店が豚骨醤油ってのは正直意外でした。
まさか全く違うジャンルのスープで攻めてくるとは(´ω`ノ)ノ!

スープを口に運んでみると、うん、思ったよりあっさりしていて美味しいです。
家系のようにドロッとした油っぽさは全くありません。
それでいてコクが深く(なんだろう?野菜のダシ?)、後味も心地良い感じ。
なるほど、与ろゐ屋が豚骨醤油にチャレンジしたらこうなるな、ってのが納得できます。

麺は自家製の中太のストレート麺で、標準でもちょっと固めに茹でられている印象。
すすっているときの食感はいいんですけどね、なんか麺自体の味が淡白すぎ?
それほどスープにも絡まないので、麺だけすすっているとちょっと物足りない感があるかも。
まぁ、このへんは人それぞれの好みなのかもしれませんが。
ただ、コーティング箸との相性が悪くてツルツル滑って食べづらいのは気になるかも。

標準でも多めにまぶされている青ネギがグッド。
あっさりしたスープと一緒に口に運ぶととっても美味しいです。
メンマは大きめですが、ちょうどよい柔らかさで、かみしめると出てくるほんのりした甘さが◎

逆にチャーシューはちょっと残念クオリティかも。
口どけは良いんですが、何故か脂身の旨みと甘みがほとんどなくて味の印象がありません。
スープがあっさりしてるんで、もうちょっと存在感のあるチャーシューであってほしかったなぁ。

ごちそうさまー。

スープがうまかった!
一言で感想をいうとそんな感じです。

個人的には麺とチャーシューに好みでない部分がありましたが、
この立地で680円で勝負しているところを考えると、十分かなと思えるクオリティ。
ふらっと入りやすいし、これから繁盛していくような気がします。

あとはこのテナントに入る店舗が長持ちしないおかしなジンクスだけ打ち破ってくれれば・・・(汗)
次にまた早期閉店されたら、怖くてこのテナントに近寄れなくなっちゃうワタシ(ノ゚ρ゚)ノ

頼むぜぇい・・・(苦笑)

富士らーめん 地図
<富士らーめん>
東京都台東区浅草1-24-5 TEL:03-3841-0315
営業時間:11時~22時(麺が終わったら終了) 定休日:不定休