パン

浅草 糸吉や

<※閉店してしまいました(2014/03/01記)>

浅草 糸吉や 浅草 糸吉や

今日は浅草に新しくできたベーカリーへ。
訪れたのは「浅草 糸吉や」です。

外観だけみると普通に郷土品のお土産屋さんみたいですが、れっきとしたパン屋さん。
今年11月に国際通り沿いのROX近くにオープンしました。
せんねんそばのすぐ隣の建物です。

浅草 糸吉や

以前はこの建物にはパーネ・アル・パーネというベーカリーが入っていました。
しかしこの店はオープン早々に店舗改装と商品開発のために休業し、
そのままずっとシャッターが閉まっていました。

この糸吉やがオープンしたときには、てっきり店名を変えてのリニューアルオープンだと思ったんですが、
店員さんに聞いたところ、全く無関係なお店なんだそうです。
食べログに「糸吉や (【旧店名】パーネ アル パーネ)」って登録されちゃってるよオイ(笑)
まぁ、食券カードシステムなどが一緒だし、同じお店のリニューアルオープンにみえちゃいますよねσ(^_^;)

浅草 糸吉や 浅草 糸吉や

わぁ、写真のフリッカー(縞々)ひどいな(汗)。
うちのカメラとお店の照明の仲が悪いようでスンマセンm(-_-)m

店内は狭いですが、このベーカリーは食券カードシステム。
ほかのベーカリーと違ってショーウィンドウにパンをずらーっと並べずに、
1品だけサンプルを展示し、その横に用意された食券カードを手にしてレジにいくシステムです。

パーネ・アル・パーネの記事でも同じことを書きましたが、
やっぱりこのシステムって一長一短ですね。
展示スペースが最小限で済むぶんお店の構えを広く取れるし、衛生面も向上しますが、
奥から商品を持ってくるぶんレジの回転率は下がってしまいます。

何より大きいのは、香りの部分。
通常のベーカリーでは感じられる、ずらーっと並んだパン達が醸す焼きたての香ばしい香り。
これが食欲をそそり立てて、ついつい買い過ぎちゃったりするもんなんですが、
このシステムだとその恩恵がありません。
個人的には、けっこうこのデメリットはデカいと思うんですよねぇ。

・バゲット      300円
・クロワッサン    160円
・ミニクロワッサン(4個) 300円
・とんかつバーガー   280円
・へーゼルナッツ&レーズン 120円
・クリームパン   150円
・金時豆ロール(4個) 180円
・クルミカンパーニュ 120円
・山葡萄カンパーニュ 350円
・プチカンパーニュ  60円
・バターロール(3個) 150円
・レーズンロール(3個) 180円
・オリーブ      150円
・クワトロチーズ   120円
・ベーコンオニオンロール 150円
・トスカーニ     150円
・キューブあんパン  200円
・シナモンロール   240円
・アーモンドクリーム 240円

以上メニューの一部。
オープンして間もないですが、試行錯誤されているのかメニューはすでに変動的みたいですね。
あ、お店のホームページでは写真付きでパンのラインナップが見れます。
→糸吉やHP 商品ページ

浅草 糸吉や 500円セット 浅草 糸吉や 500円セット

笑顔が可愛い女性店員さんがすすめてくれたので、
ランチタイムにしか提供していないという、500円パックを購入しました。
とんかつバーガー(280円)、クリームパン(150円)、へーゼルナッツ&レーズン(150円)のセット。
単品でそれぞれを買うより50円分お得。

これは店員さんのチョイスで袋詰めされたものがレジ横に並べてあります。
ちゃんとカード表示されていて、中に何が入っているのか分かるのはありがたいですね。

浅草 糸吉や へーゼルナッツ&レーズン 浅草 糸吉や へーゼルナッツ&レーズン

まずはへーゼルナッツ&レーズン(120円)。

それぞれの食券カードの裏側には簡易的な商品説明と、使用しているアレルギー食材が表示されています。
「相性の良いへーゼルナッツとレーズンを練り込み焼き込んだ、香ばしいカンパーニュです。」

その説明通り、ナッツとレーズンって不思議な相性の良さがありますね。
表面は香ばしくカリカリ、中はもっちりかつふんわりで柔らかくて、香りも心地良いです。
レーズンの甘いアクセントがあって、すぐにペロリと一個たいらげちゃいますね。
おいしいっす。

浅草 糸吉や クリームパン 浅草 糸吉や クリームパン断面

こちらはクリームパン(150円)。
カードの裏には「たっぷり自家製カスタードパンを包み込んだクリームパンです」って説明文。

生地がものすごく柔らかく、中がカスタードクリームってこともあって非常にデザート感の強いクリームパンです。
自家製カスタードは甘さ控えめで比較的あっさりしてる感じ。
好みによるところはあるかと思いますが、ちょっと物足りない感じがあるかなぁ。
食べていて「おおっ!」っての部分がないので、コスパ的にももう一歩かも。

浅草 糸吉や とんかつバーガー

これはとんかつバーガー(280円)。
「分厚くてジューシーなミルフィーユとんかつを豪快に食パンバンズで挟みました」という説明文。

ん?食パンバンズ?
実物も食券カードの写真も食パンバンズではないみたいだけど・・・。
発売当初は食パンバンズでやってて、食券カードの説明文が古いものなのかもしれませんね。

これウマイっす。
ベーカリーで売ってるカツサンドって、けっこう安っぽいカツが挟まっていることが多いもんですが、
ここのはしっかりとしたクオリティのカツが使われていて、非常に美味しいです。
バンズもふわふわで柔らかくて香りがいいし、甘いソースとの相性も良し。
これアタリだなヾ(o´д`)人(´д`o)ツ

浅草 糸吉や ピザトースト

これはおまけでつけてくれたピザトースト。
来週から販売予定なので是非と言って、袋に詰めてくれました。
ありがとう!お姉さん!

全体のサイズとしては少し小さめではありますが、面が全て埋まるぐらいにチーズがたっぷり。
さらに驚きなのはそのチーズの下で、なんとチーズと同じく面を埋めるようにベーコンが敷かれています。
見ためよりボリューム満点で、味も美味しいー。
いやぁ、贅沢なピザトーストですね。
おまけでこんなんもらって良かったんでしょうか。ヽ(*゚ー゚*)ノ ワーイ

ゴチソウサマー。

全体的に美味しかったです。
オシャレだけど飾りすぎてない、日常的に食べやすいメニューラインナップでしたし。
(以前あったパーネ・アル・パーネはオシャレ過ぎてティータイム専用みたいなパンばかりだった)
特に500円パックなんかはランチの選択肢に入れやすくて良いですね。

ちょっとだけ値段が高めなのがネックかな。
単価落とすのは立地的に流石に無理かー。

個人的には使いやすいので、長生きして繁盛してほしいお店っす。
ご興味あれば来店アレー。

浅草 糸吉や 地図
<浅草 糸吉や>
東京都台東区浅草1-24-5 TEL:03-6231-6005
営業時間:10時~18時 定休日:毎週水曜日

ホームベーカリー あんです MATOBA

ホームベーカリー あんです MATOBA  ホームベーカリー あんです MATOBA

前回に続き、今回も浅草3丁目のほうへ。
訪れたのは「ホームベーカリー あんです MATOBA」です。

お店の位置は言問通り沿いで、浅草寺と浅草神社の間を抜けた交差点のところ。
レンガ造りのビルの1Fにおさまっています。
浅草では数少ないベーカリーのひとつ。

お店の存在は知っていたものの、自宅からはちょっと距離があることもあって
今回初めての来訪になりました。

さーて、どんなパンがあるのかな(´・ω・`)?
こしあんぱん、小倉あんぱん、京風あんぱん、ずんだあんぱん・・・。
あ、この列は全部あんぱん系ばっかりか。

どれどれこっちの列は・・・

えーと、白あんぱん、マロンあんぱん、黒ゴマあんぱん、うぐいすあんぱん、
桜あんぱん、パンプキンあんぱん、抹茶あんぱん、芋あんぱん、塩あんぱん、
杏あんぱん、柚子あんぱわあぁぁぁぁ!あんぱんばっかりっ!!Σ(゚д゚lll)

ホームベーカリー あんです MATOBA  ホームベーカリー あんです MATOBA
↑写真に写っているものは全部あんぱん(左)(右)

そう、実はこのベーカリーはあんぱんに特化されたお店だったのです。
それ以外のパンやサンドイッチなども置いていますが、それはごく一部。
ざっとみて40種類以上あんぱんが並んでいます。
なるほど、「あんです」って店名はそういうことか (;・∀・)

調べてみたら納得、ここは餡子製造で有名な的場製餡所の直営のお店なんですね。
自社で扱っている30種類以上の餡を使ってこうしてベーカリーを開いているわけです。
へぇーっ、なんかこういうのおもしろいなぁ。

ホームベーカリー あんです MATOBA

レジカウンター横のガラスケースには餡そのものや甘納豆なども売ってきました。
種類も多くて、おしるこやぜんざいを自宅で作る人にはいいですね。
こだわりの餡子でおいしいものが作れそう。

ホームベーカリー あんです MATOBA  ホームベーカリー あんです MATOBA

塩餡子の栗入りのヤツ(150円)を買いました。
正確な商品名を失念、スンマセン(*_ _)

餡の甘さはやや控えめ、ほんの少量だけ加えられた塩が味に非常に深みを出していました。
口当たりもよくて、さすが製餡所直営といったところです。
小さく刻まれた栗の餡との相性の良さは言わずもがな。
パン生地そのものもふっくらとしていてイイ感じ。
どこに出しても恥ずかしくないクオリティのおいしいあんぱんでした。

ホームベーカリー あんです MATOBA  ホームベーカリー あんです MATOBA

こちらは新商品と書いてあった、あんこのデニッシュ(170円)。

かなり重量感があってずっしりしていました。
それもそのはず、デニッシュ生地と餡子の間をよく見ると、スポンジのような生地が挟まってるのです。
この部分はどらやきの生地のようにしっとりとしていて、
洋風な見ためを大きく裏切る、極めて和風な味と食感を出していました。

うーん、その人の好き嫌いによるもんだろうけど、個人的にはちょっとアレかな。
デニッシュ生地とスポンジ生地のコンビがいまいち好きになれないっす。o(´^`)o ウー

ホームベーカリー あんです MATOBA  ホームベーカリー あんです MATOBA

これは餡系ばっかり食べてもなぁと思って購入したメンチカツサンド。
本来は260円ですが、毎週木曜は調理パン20円引きのようで、240円で購入できました。

あんぱん専門店だしねってことで特別期待はしていなかったんですが、これが意外になかなか美味。
肉はジューシーだし、衣に染み込んだケチャップベースのソースもおいしいです。
ちょっと嬉しい誤算っすね。

ゴチソウサマ。

あんぱん好きにはたまらないお店でしょうねぇ。
ここまであんぱんのバリエーションが豊富に揃っているお店はみたことがありません。
製餡所直営だからこそできる大胆な経営方針です。

個人的にちょっと感じたのは価格面でしょうか。
あんぱんは大体150円程度で売られているんですが、サイズ的にみるとちょっと割高感があります。
もちろん良い餡を使っていますし、全て手作りだからというのもあるんでしょうけども、
特別あんぱん好きじゃなかったら日頃から足を運ぶには躊躇がある値段かも。
120円~130円ぐらいだったらありがたいなぁ(←ワガママ)
ひとつひとつが安かったなら、いろんな味を試したくて複数買いたくもなりますしね。

あんぱん好きよ、浅草に集まれっ!

ホームベーカリー あんです MATOBA 地図
<ホームベーカリー あんです MATOBA>
東京都台東区浅草3-3-2 TEL:03-3876-2569
営業時間:9時~18時半 定休日:日曜祝日

PANE AL PANE(パーネ・アル・パーネ)

<※閉店してしまいました(2013/08/01記)>

PANE AL PANE(パーネ・アル・パーネ)  PANE AL PANE(パーネ・アル・パーネ)

11月21日、国際通りに新しいベーカリーがオープンしました。
それがこの「PANE AL PANE(パーネ・アル・パーネ)」です。

お店の場所は浅草国際通りのステーキの松波や天麩羅の多から家があるあたり。
新しく小さな建物が建ったと思ったらずっとテナント募集の張り紙がされていて、
少しして契約済みの張り紙がされたと思えば、すぐに再度テナント募集の張り紙がされ・・・。
いったいなんのお店が入るんだろうと思っていた、そんな建物についにパン屋さんがオープンしました。

イタリアンテイストのベーカリーで、その業界では有名な方をアドバイザーに呼んでいるらしいです。
自分はパン業界に詳しいわけではないんでちょっと何とも言えませんが、
まぁ、そういうことなら期待が持てそうな。

PANE AL PANE(パーネ・アル・パーネ)

店頭にかざってあったパンたち。
食事に食べるようなものではなく、ティータイムにお茶のお供に食べるような、
そんな感じのラインナップで勝負しているみたいですね。

店内は狭く、3段ぐらいの棚にずらりとパンが並んでいます。
ほかのベーカリーと違うのは、サンプルとなるパンを一種類ずつだけ並べている点。
パンを選ぶときは、そのパンの横に備えられた注文カードを持ってレジに行きます。
するとお会計後に奥の工房から注文したパンが運ばれてくるという形式。

このスタイルも一長一短ですね。
同じパンを沢山並べる必要がないので展示棚にスペースをとらなくて済みますが、
いちいち奥からパンをとってくるのでレジの回転が若干悪くなってます。
奥の工房から運ばれてくるっていっても、別にそのパンが焼きたてであるわけではないですし。

個人的には棚にパンがずらりと並べられている形式のほうが好きです。
そのほうが見ため的にも香り的にも食欲をそそられる気がしません?

PANE AL PANE(パーネ・アル・パーネ)クロワッサン  PANE AL PANE(パーネ・アル・パーネ)クロワッサン

いくつかパンを購入して帰宅。

まずはクロワッサン(130円)です。
表面はとってもサクサクしていて中の生地はふんわりもっちり。
バターを多めに使っているらしく、割ったときのバターの芳醇な香りはたまりません。
なかなか美味しいクロワッサン。

半分はそのまま食べて、もう半分はオーブンレンジでちょっと温めなおして食べたんですが、
このパンは温めなおすことで、味・食感・香り全てがかなりグレードアップします。
温めなおしてから食べること強く推奨♪(・∇・)

PANE AL PANE(パーネ・アル・パーネ)メロンパン  PANE AL PANE(パーネ・アル・パーネ)メロンパン

次はジャッポネ・メロンぱん(130円)。
直径は比較的小さいですが、そのぶん中にぎっしりと生地がつまっているタイプ。

うーん、これはちょっと個人的には好きじゃないかなぁ。
ただひたすらパサパサしている感じがしていて、メロンパンの表面のカリッと感、
中の生地のふんわり感などにおいてちょっと物足りなさが目立ちました。
味もいたって普通で、ちょっと甘さが控えめかなってぐらい。
「ジャッポネ・メロンぱん」なんてネーミングのわりには、あまり日本人受けするメロンパンではないような・・・。

PANE AL PANE(パーネ・アル・パーネ)キャラメルシナモン  PANE AL PANE(パーネ・アル・パーネ)キャラメルシナモン

最後にキャラメル・シナモン(240円)です。

ふんわり焼き上げた生地の上にキャラメルクリーム、シナモンシュガー、ナッツ類などが乗っています。
ほかにもバニラエッセンスが強い白いクリームなんかが乗っていましたが、ちょっと正体がわからず。

かなり味が濃くてビターなキャラメルクリームはだいぶ好みが分かれるかも。
個人的にはパン生地とあまり合っていないようか気がしました。
大きなナッツ類もそうだったんですが、パンとその上に乗っている連中が仲良くしてないというか、
むしろケンカしているような印象を受けてしまいました。
むむむ、コレも自分はちょっと合わないなぁ。

ゴチソウサマ。

「イタリアで使われるパネトーネ種に米麹を組み合わせたこだわりの生地!」ってのが売り文句みたいですが、
あまりその良さがわかんなかったなぁってのが正直な感想です。
パンのサイズはどれも小さめで値段が高めだしね。

お店の雰囲気やパンのビジュアルもオシャレにまとまっているんですが、
今回食べた3種類のパンはどれも食べる際にはボロボロとパンくずがこぼれるか、手が非常に汚れるものばかり。
しかたなく流し台の上で食べていたので食事中のオシャレ感は皆無でした(苦笑)

浅草の住人に受け入れられる人気ベーカリーになれるかと聞かれると
正直言って現状ではちょっと微妙なトコロかも。
良し悪しっていうより特にジャンル的にね。

そのあたりをふまえて、これからどんな風にお店を展開していくのか期待。

PANE AL PANE(パーネ・アル・パーネ)
<PANE AL PANE(パーネ・アル・パーネ)>
東京都台東区浅草1-24-5 TEL:03-6231-6005
営業時間:10時~20時 定休日:年中無休