そば・うどん

うどん処 正吉

うどん処 正吉

今日は浅草では珍しい、カレーうどんのお店。
「うどん処 正吉」に行ってきました。

以下、食べログのお店紹介文から抜粋。
『2013年11月にオープンした、うどん処 和食居酒屋 正吉です☆
特製のカレーうどんを筆頭に酒のあてから焼酎、日本酒まで幅広く取り揃えております!
うどんは、しっかりとした弾力が魅力の「水沢風」、
コシがありつるっとした喉越しの「盛岡風」の2種類から お選びいただけます♪
その他にも、ご飯物から、お酒のおつまみ、お酒も生ビール500円(アサヒスーパードライ)と、
地域密着をめざし気軽に来れる店づくりをしています☆
ドリンク:250円~ 単品料理300円~ご用意しています☆』

だそうです。

オープンしてからそれほど経っているわけではない、まだ新しいお店なんですねぇ。
ちなみに以前は東南アジア居酒屋的なお店があったらしく、ほぼ居抜きでカレーうどん屋としてリニューアルした模様。
なかなか普段は通らない道なので全然知らなかったです。
(観光客も地元民もこの花やしきの裏路地にはなかなか足を伸ばさないので)

うどん処 正吉 外観

これが店頭にあったメニュー表。
特製カレーうどんが目玉ではありますが、
きつねうどん、力うどん、月見とろろうどん、天ぷらうどん、と王道処はちゃんと揃っています。

そして意外に豊富なご飯物メニュー。
鮭しらすの二色丼、天丼、豚玉丼、豚生姜焼き、上天丼、雉丼、カレー雑炊。
うどん屋というよりは普通に定食屋といっても過言ではないですね。
二色丼や雉丼なんかは他ではあまり見ないので、興味をそそられますo(^∀^o)

訪れたのは平日の14時前。
空いてそうな時間を狙ったのもあって、お客は自分ひとりでした。

店内は4人掛け、2人掛けのテーブルがいくつか、
あとは小上がり的な座敷席があって、そこはMAXで12人ぐらいいけそう。
カウンター席もありましたが、あまり使っていないようで食器などが置いてありました。

うん、まんま和風居酒屋って感じの雰囲気ですね。
こういうところで日本酒チビチビやるのも良さそうです。
実際おつまみ的なメニューも多いみたいですし。

さて、もちろんお店のオシであるカレーうどんを注文しました。
お値段は850円ナリ。

麺は前述したとおり、しっかりとした弾力が魅力の「水沢風」と、
コシがありつるっとした喉越しの「盛岡風」の2種類から選ぶことができます。
店主のお兄さんにどっちがオススメか尋ねてみたら、即答で「水沢風」でした。
じゃあ、なんで盛岡風も用意しているんだろうとちょっと疑問に思いましたが、不要な詮索はしないことにします(笑)

あ、メニューに注意書きとしてあるんですが、生麺から茹でるために提供に10分程度かかります。
何も言われずにうどんで10分待たされると遅いなぁって思っちゃいますが、
先に10分って言ってくれると待ってても長いと思いませんよね。
うむ、人間ってよく出来ていますな(^_^)

カレーうどん カレーうどん

10分後に運ばれてきたカレーうどん、水沢風。
お好みで揚げ玉や粉チーズ、ラー油をトッピングしてくださいってことで、
それぞれが別容器についてきています。

いや、めちゃくちゃイイ匂いしまっせ!
乳製品使ってんのかな?
口に入れる前からクリーミィーな雰囲気が伝わってきます。

さて、実食・・・。

これは、ウマイッ!!ヽ(・∀・)ノ

正直言って、自分はこれまでそれほど外食でカレーうどんを食べる機会はなく、
これぞという有名店のモノを試してみたこともなかったのですが、
とりあえず今まで食べたカレーうどんの中ではナンバーワンに美味しいです。
うん、めっちゃウマイ。

見ためと匂いの通りで、やっぱり口に含んでもクリーミーでした。
カレースパイスもちゃんと効いているのですが、口当たりは柔らかくてとってもマイルド。
食べていると汗がしっかりにじんでくる辛さなのに、全然食べやすいのです。
女性や子供もこういう味は好きだろうなぁ。

うどんはコシが強く、しっかりとカレースープを拾い上げてくれます。
とっても美味しくてカレーうどんに適した麺だと思います。
だから何で盛岡風(以下自粛)

あと粉チーズとの相性も抜群。
カレーうどんっていうと和風のイメージがありますが、ここのはクリーミィーさ&チーズで洋風って感じがします。
ちょっとハイカラでオシャレなカレーうどんですね。
粉っぽい食感も口の中で良いアクセントになりっています。

ごちそうさま!
満足!!

それなりにスパイスが入っていたらしく、食べている最中は気になりませんでしたが、
完食してみたらおもいっきり汗だくになってました(笑)
自分は仕事前にはココ来れないな(;^_^A

あ、食べている最中に年配の女性の方がお客として来たんですが、
「ホントおいしいのに!もっと宣伝してお客入れなきゃだめよ」みたいなことを言ってました。
確かに味の割には客入りが心もとないような気がします。
ちょっと立地が不利な部分もあるのかもしれませんが、そこはがんばってほしいところです。

うどん屋が不作な浅草では貴重なお店かもしれません。
浅草観光の際には、花やしきの裏路地でカレーうどんって選択肢もオツでございますよ。
どうぞご検討アレー。

【関連リンク】
食べログ 「うどん処 正吉」
上野浅草ガイドネット 「花やしき側に うどん店 正吉がOPEN! 浅草」
夢酔亭主人のオムライス食日記 「★/正吉(浅草)/~絶品カレーうどん~」

うどん処 正吉 地図
<うどん処 正吉>
東京都台東区浅草2-29-6 天野ビル 1F TEL:050-5788-6724
営業時間:平日11~23時、土日祝10~18時 定休日:不定休

そば助 本店

そば助 本店 そば助 本店

今日は稲荷町方面まで足を伸ばしました。
訪れたのは立ち食いそばのお店「そば助」です。

お店の場所は浅草通り沿いで、銀座線の田原町駅と稲荷町駅の間。
稲荷町駅の交差点から信号1個ぶん東の交差点にあります。
以前紹介したお弁当屋さん千陽と同じ建物に入っています。
大通り沿いだし、「豚そば」っていう看板が目立つのですぐにわかるかなと。

ここには以前も同じような立ち食いそば屋さんが入っていました。
2年ぐらい前にこのそば助に変わったでしょうか。
まぁ、昔はこんなアグレッシブなデザインではなく、もうちょっと落ち着いた感じのお店でしたが(笑)
今は良くも悪くもなんかガチャガチャした外観。

店内に入ると、さらにそこはガチャガチャした空間が。
発泡スチロールの箱や、ダンボールなどがお店の端に乱雑に積み上げられています。
別にそういう方向性のお店も嫌いじゃないけど、飲食店としてはもうちょっと、ねぇ?
コレ見てアウトだと思ってしまうお客さんもいるんじゃないかな(汗) ( ̄~ ̄;) ウーン

席は立ち食い用のカウンター席オンリー。
しかもここのお店の構造は変わっていて、なんと店内の客席スペースは2分割されちゃってます。
どういうことかというと、このお店には入り口が2つあって、それぞれ別の客席スペースに続いています。
このスペースの行き来は店内からは不可能。
完全にお互いが独立した空間になってしまっています。
なんじゃそりゃあ(笑)

ちなみに客席スペースはそれぞれ4人分ずつぐらい。
券売機は片方にしかないので、逆スペースで食べたいときはこちらで券を購入してから、
一度店の外に出てからもう一度別の入り口から入りなおすことになります。
なんちゅう、ブッ飛んだシステムヽ(゚Д゚;)ノ!!

そば助 本店 そば助 本店

↑クリックすると拡大画像表示できます これが券売機。
立ち食いそばとしては、かなりの種類のラインナップが揃っていますね。
しかも結構変り種ばっかり。

冷やし濃厚豚そば   680円
冷やし極め塩とりそば   680円
冷やし芳香味噌海老そば   800円
ごまだれラーそば   750円
豚ラーそば   750円
元祖豚そば(温つけ)   680円
極め塩とりそば(つけそば)   680円
(辛)肉盛温つけ   750円
ホルモン温つけ   750円
(辛)牛すじ温つけ   750
汁なしまぜそば豚天玉   750円
汁なしまぜそば豚   680円
汁なしまぜそばとり   680円
汁なしまぜそば天玉   680円
ダシ玉つけそば   850円
特製豚そば   680円
極め塩とりそば   680円
芳香みそ海老そば   800円
凄濃厚豚とろ角煮そば   750円
極め塩豚とろ角煮そば   750円
天玉そば(塩だし)   580円
天ぷらそば(塩だし)   500円
究極塩だしそば   380円
大きつねそば(塩だし)   500円
春菊天そば(塩だし)   530円
温ラー豚そば   750円
温ラーそば   680円
げそ天そば(塩だし)   530円
クリーミィーカレーそば   750円
元祖ラーそば(辛)   680円
冷やし天玉そば(塩だし)   630円
冷やしわかめそば(塩だし)   480円
もしそば(塩だし)   400円
冷やし天ぷらそば(塩だし)   550円
奇跡の豚丼   850円
ミニとり豚ラー飯   600円
ミニ豚ラー飯   500円
ミニホルモン丼   500円
ミニ牛すじ丼   500円
カツ丼(ダブル玉子)   750円
親子丼(ダブル玉子)   700円
ミニホルモン丼セット   800円
ミニ牛すじ丼セット   800円
カツ丼(ダブル玉子)セット   950円
親子丼(ダブル玉子)セット   900円
ミニ豚ラー飯セット   800円
ミニ牛すじ丼セット   800円
トッピングげそ天または春菊天   150円
生ビール   350円
チューハイ   330円
日本酒   450円
ライス   180円
大盛券   100円

券売機にこれだけメニューがあると、どれ食べていいのか迷っちゃいますよね(笑)
これもこのお店の楽しみポイントかもしれません。(´∀`)

いちおう豚そばをメインにしているお店のようですが「極め塩」って文言に引かれて、
今回は「冷やし極め塩とりそば(680円)」を注文しました。

店員さんにちょっと時間かかりますがいいですかと言われましたが、
大体5分ぐらいで出てきました。
まぁ、鶏肉に火を入れる時間考えたら全然早いほうでしょう。(*・∀・)/

極め塩 とりそば 極め塩 とりそば

そばの上に大きな鶏もも肉がゴロリと5つ乗っています。
さらにその上には煎りゴマと刻みネギ。
麺は立ち食い店にしては珍しい、ちょっと太めの中太麺です。

めっちゃ香りがイイ!!ヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪
かつおだしと塩だしの匂いがとっても食欲を誘います。

味もかなり良好。
お店の雰囲気にそぐわぬ上品で深みのある味わい!(←オイ)
ダシだけでも全然すすってられるぐらいに美味しいですね。

そば自体は食感はいいですが、味は可もなく不可もなくって感じですかね。
良くも悪くも特徴は少なめ。
取り出した袋を見る限りでは、どこかから仕入れてるもののようですが。

鶏肉はかなり柔らかくてジューシー。
塩だしの風味にも非常にマッチしています。
ただ、滴り出る脂がダシに染みて、そばまで少し脂っぽくなっちゃうので、
脂っこいもの苦手な人はちょっとアレかもしれません。
食べ盛りの成人男性としてはこれぐらいで調度良いんですけどねw

ごちそうさまー。

美味しかったです、ハイ。
立ち食いだからといって敬遠していたならば、それはちょっともったいないかも。
個人的にはかなりおススメです。

あ、従来の「早い・安い」の立ち食いのイメージでは入らないほうがよいです。
肉や天ぷらの作り置きはしていないので、注文から提供までの時間はどれもそれなりにかかりますし、
値段も特別安いわけではないです。
あくまで普通のしっかりした蕎麦屋のイメージで来店したほうが良いかもです。
店内の仕組みだけが「立ち食い」風なだけであって、料理は「立ち食い」風ではないですので( ´゚ω゚`)

ご興味あれば一度お試しアレー。

そば助 本店 地図
<そば助 本店>
東京都台東区松が谷1-4-6 TEL:非公開
営業時間:24時間 定休日:なし

本陣そば 浅草店

本陣そば 浅草店

あー、雨って嫌いだ ゜(゜´Д`゜)゜

しとしと降り続くんならまだいいんですけどねぇ、
晴れていると見せかけて突然降ってくる通り雨系がホント嫌いっす(汗)
そのたびにビニール傘買うから、どんどん室内にストック傘が増えていくー!ヽ(;Д;)ノ

そんなこんなで今日はひさご通りのほうへ。
オープンして間もない蕎麦屋さん「本陣そば 浅草店」に行ってきました。

お店はひさご通りの北側の入り口のところにあります。
鶯谷に1号店があるらしく、この浅草店はどうやら2号店のようで。
鶯谷店は雑誌の立ち食いそばで上位にランクインしている有名店なんだそうです。
へぇーっ、こりゃ期待できそう。

本陣そば 浅草店  本陣そば 浅草店

店頭にあったメニュー表。
基本のかけそばが300円、トッピングが入ってくると350円~500円ぐらいの価格帯ですね。
エビ天そばでも500円ってのはなかなか良心的。
ラインナップも多く、むじなまで用意しているとはマニアックですな (*´ω`*)

このお店はお店の前にある食券機で券を買い、店内のカウンターに提出するシステム。
迷いましたが、天ぷらも蕎麦もご飯も試せる「かき揚げ丼セット(550円)」を購入して店内へ。

店内にはテーブル席はありません。
壁際にカウンター席が10席程度、店内中央に相席前提の立ち食いテーブルが6席ぶん程度です。
ファミリー層ではなく、サラリーマンや競馬客を意識しているのでしょう。
大型テレビもあるから日曜昼はお馬さんで盛り上がっていそうですね。

本陣そば 浅草店  本陣そば 浅草店
本陣そば 浅草店

食券を提出してから3分ぐらいで出てきました。
かき揚げ丼セット(550円)です。
その名の通り、かき揚げ丼と普通のそばのセット。

かき揚げ丼はてっきりミニサイズでくると思っていたのに意外にまともなサイズ。
わーい、ちょいと得した気分♪

さてさて、肝心のお味のほうなんですが、
まず蕎麦のダシ汁はかなり甘めです。
自分は全然許容範囲で美味しくいただけましたが、さっぱり系を期待して食した方にはキツイかも。
まぁ、このへんは好みの問題でしょう。

問題は蕎麦のほう。
「石臼で引きました!」みたいな看板があったんで期待値が高かったんですが、
箸で持ち上げただけで自重でプツプツ切れるっ!!(汗)
口に運ぶまでに勝手に短くなってしまうのですすりあげる快感などは全く味わえず。
ええっ!?マジでコレ!?
蕎麦として問題外レベルでは。。。∑(゚□゚;)ガーン

逆にダークホースだったのが、かき揚げ丼。
たまねぎ、にんじん、春菊で作られたシンプルでジャンクなかき揚げですが、これがなかなか美味しい。
衣がとってもふんわりとしていて食感もよく、かかっている天つゆもほどよい甘さ。
ご飯も、こういうお店だとベットリしていておいしくないパターンが多いんですが、ここはそういうこともなく。
最後まで美味しく食べれるかき揚げ丼でした。

ゴチソウサマー。

うーん、鶯谷のことで期待してハードル上げ過ぎたかなぁ。
蕎麦そのもののクオリティでいったら、そのへんの立ち食い蕎麦チェーン店と大差ないですねぇ(´-ω-`)
でもかき揚げはたしかに美味しかったっす。

食べている最中に店内のチラシ見て知ったんですが、実は豚そば(580円)ってのが一番人気らしいですね。
さらに甘いダシ汁ででかい豚肉が2枚乗っているそばらしいですが、
蕎麦自体は同じアレと考えるとちょっと魅力的に思えないです。
ホントなんだったんだろう、あのプツプツ切れる蕎麦。
たまたま茹で過ぎたのかな?

競馬客相手に繁盛すると思うんでお店は長生きするとは思いますが、
うーん、蕎麦の抜本的改革してほしいなぁ。。。

本陣そば 浅草店 地図
<本陣そば 浅草店>
東京都台東区浅草2-22-10 TEL:03-3847-7555
営業時間:10時~22時 定休日:なし