らーめん弁慶

らーめん弁慶 外観 らーめん弁慶 外観

今日は少し足を伸ばして浅草寺の裏手まで。
訪れたのは「らーめん弁慶」です。

お店は言問通り沿いにあってスカイツリーラインや浅草寺から少し外れますので、
あまり観光客は足を運ばない場所にあります。
何気に言問橋からのスカイツリーって、すごい良い写真スポットなんですけどね。
どうしても観光客はみんな雷門や吾妻橋のほうにいってしまうので。
車がバンバン行き交う大通りでありながらも、人通りは寂しい場所です。

そんな立地にありがならも、実はめちゃめちゃ繁盛しているラーメン店である弁慶。
どんな時間帯に行っても、お店の中はお客さんで賑わっています。
もちろん、そのほとんどが地元民。
地元民に長く愛されるお店ってやっぱ信頼できますよね(*´∀`*)ノ

話を聞くに20年ぐらい前から営業されているようです。
当時はお店は言問通りの斜め向かいあたりにあったのですが、ちょっと前に移転したようで。
お店が2階建てになったので、1階と2階で分煙することができるようになったのだとか。
最近は全面禁煙のお店も増えましたから、こういう配慮って地味にありがたいです。

店内には券売機がありまして、食券を先に購入するシステム。
しょうゆ、味噌、とん塩、支那そば、つけめんなどがあって、値段は700円から。
トッピングはもやしやコーンなどのオーソドックスなものは各100円、チャーシューは300円です。
まぁ、価格帯は最近のラーメン屋の中ではぼちぼちってトコですね。

らーめん弁慶 らーめん弁慶

真っ赤なカウンター席に座り、待つこと5分。
今回注文したのはとん塩ラーメン(700円)です。

写真だとわかりづらいですが、器は世間一般の器よりはかなり大きめです。
麺の上には大量のもやしとねぎが山のように詰まれており、
スープの表面には大量の背脂さんが浮いてます。
「ちょいと小腹がすいたからラーメン♪」って気分で頼むとウエッとくるかも(笑)

でもこれが意外なぐらいにあっさりヽ(o`・∀・´)ノ
あ、あっさりっていっても見た目よりはって意味でね。
そりゃ多少脂っこいのは間違いないですよ(笑)

もちもちした中太麺にはやや縮れがあって、勢いよくすすると背脂を多く絡めて口の中までやってきます。
しかしコレがそんなにギトギト感がなくて一気に食べれちゃうんですよね。
これどういうマジック??
こってりなのにあっさり、みたいな。

スープ自体は若干塩味が濃い目ですが、ほのかに甘さがあって、
つるつるした麺と絡むとその愛称はバツグン。
単体でもちょびちょびすすりたくなるような旨味の多い良いスープです。

チャーシューはとろとろのバラ肉。
口どけが良くてとっても美味しいですね。(ノ゚▽゚)ノ

量が多かったけど、気が付けばあっさりと完食。
ごちそうさまー。

ココ、美味しいです。
絶品グルメって感じではないですが、近所にあったら定期的に食べたくなるような、
ちょっとジャンクで身構えずに食べれる美味しいラーメン。
観光客にわざわざここまで足を運びましょうとは言いませんが、
機会があるなら一度立ち寄っても損はしないかなと。

一度お試しあれー。

らーめん弁慶 地図
<らーめん弁慶>
東京都台東区花川戸2-17-9 TEL:03-5828-7355
営業時間:6時~9時半、11時~29時 定休日:毎週日曜日?

居酒屋 雷伝

居酒屋 雷伝 居酒屋 雷伝

今日は海鮮ランチ。
訪れたのは「居酒屋 雷伝」です。

お店の場所は銀座線田原町駅の目の前。
1Fに菜香が入ったテナントビルの3Fに入っています。
お店の入り口自体はわかりづらいですが、写真のような目立つ看板が出てるのですぐ見つかるかと。
奥に進んでいけば小さなエレベーターがあるのでそれで3Fに上がればOK。
(非常階段はごちゃごちゃしていてお世辞にも綺麗ではないのでオススメしませんw)

この3Fのテナントは昔から入れ替わりが激しく、以前は別の海鮮居酒屋が入っていました。
その前も別の焼物系居酒屋があって、さらにその前は北海道料理だったっけな?
ここ数年は、お店が長く定着することはありせんでした。
今回のこの「雷伝」はどうでしょうねぇ。

居酒屋 雷伝

お店の中は以前のお店の間取りをそのまま利用していて、
席は8人掛けの掘りごたつ式の大きなテーブル席が2つ、あとはカウンターが8席ぐらい。
別のエリアには個室テーブル席もいくつか用意されているようです。
厨房のサイズの割には席数がかなり多め。

居酒屋 雷伝 居酒屋 雷伝
↑クリックすると拡大画像表示できます

ランチメニューはこんな感じです。
壁に貼られたメニューをみると、これ以外にもいろいろあるみたいですが。

・旬魚海鮮丼   880円
・づけ鉄火丼   580円
・牛すき丼   980円
・ネギトロ鉄火丼   780円
・雷伝ネギトロ丼   580円
・黒毛和牛土佐造り丼   880円
・雷伝よくばりセット   780円

海鮮系が中心のメニューとしては値段はリーズナブルですね。
少ないお小遣いで頑張るお父さん達には心強い値段設定。

居酒屋 雷伝 居酒屋 雷伝

あ、ランチタイムはフリードリンクになっていまして、
セルフサービスで好きな飲み物を好きなだけ頂くことができます。

・・・なんか売切とか調整中とかが多いけど(苦笑)
機械が動いていないぶんの補填なのか、緑茶、ウーロン茶、カルピスウォーター、グリーンダカラ、
ほかアイスコーヒーなどのペットボトルが設置されていました。

まぁ、注文時に持ってきてくれたお茶で十分かな(゚∀゚ll)
あんまり海鮮系と愛称の良いラインナップじゃないし。

居酒屋 雷伝 居酒屋 雷伝

今日はづけ鉄火丼(580円)を注文!

い、一番安かったからじゃないんだからね!?
ほかのお客さんもみんなコレ頼んでたから、代表メニューなんだよきっと!ヾ(;´Д`○)ノ

どんぶりには角切りのマグロがたっぷり、さらに卵焼きと紫蘇の葉、海苔、ガリが乗せられています。
そこに味噌汁、コロッケの小鉢がセット。
これで580円なら上等ですねヾ(´ρ`)ノ゛ワーイ

味も良好♪
マグロはちゃんと新鮮で良い部位を使っているようで、
旨み良し、甘み良し、口溶け良しで文句なしです。

卵焼きも卵そのものの味を生かしつつ、
さりげないダシの甘みが練りこまれていてとっても美味っす。

ただ、ご飯がちょっと、うーんって出来。。。
酢飯ではなく普通の白米で、ある程度漬けダシがかかっている状態なんですが、
水分少ないし、端っこのほうは粒が潰れているし、なんだか残念なクオリティでした。
ほかはこんなに美味しいのに、なんで米だけこんななの(汗)

あと味噌汁には、油揚げ、白菜、白ネギ、ベーコンなどが入っていたんですが、
ベーコンはものすごい余計かなと思っちゃいました。
味噌汁なのか、豚汁なのか、どっちつかずのビミョーな味になってしまっていました。
これを肉汁が染みた豪華な味噌汁と捉えるか、肉をベーコンで代用した安っぽい豚汁と捉えるか。
残念ながら自分は後者のイメージで見ちゃいました( ̄  ̄;)

ごちそうさまー。

うん、なんか惜しい!!
マグロや卵焼きはものすごく美味しかっただけに、
ご飯と味噌汁のビミョーさはとっても勿体無いなぁと思っちゃいました。
そこさえ申し分なかったら常連になるのに(笑)

でもランチタイム中は次々お客さんが入ってきていたので人気はあるようです。
今度は長く続くと良いなぁ(笑)
興味があれば是非っ!

居酒屋 雷伝 地図
<居酒屋 雷伝>
東京都台東区寿2-10-11 仙石ビル 3F TEL:03-5246-4242
営業時間:ランチ11時~16時、ディナー17時~25時 定休日:なし

そば助 本店

そば助 本店 そば助 本店

今日は稲荷町方面まで足を伸ばしました。
訪れたのは立ち食いそばのお店「そば助」です。

お店の場所は浅草通り沿いで、銀座線の田原町駅と稲荷町駅の間。
稲荷町駅の交差点から信号1個ぶん東の交差点にあります。
以前紹介したお弁当屋さん千陽と同じ建物に入っています。
大通り沿いだし、「豚そば」っていう看板が目立つのですぐにわかるかなと。

ここには以前も同じような立ち食いそば屋さんが入っていました。
2年ぐらい前にこのそば助に変わったでしょうか。
まぁ、昔はこんなアグレッシブなデザインではなく、もうちょっと落ち着いた感じのお店でしたが(笑)
今は良くも悪くもなんかガチャガチャした外観。

店内に入ると、さらにそこはガチャガチャした空間が。
発泡スチロールの箱や、ダンボールなどがお店の端に乱雑に積み上げられています。
別にそういう方向性のお店も嫌いじゃないけど、飲食店としてはもうちょっと、ねぇ?
コレ見てアウトだと思ってしまうお客さんもいるんじゃないかな(汗) ( ̄~ ̄;) ウーン

席は立ち食い用のカウンター席オンリー。
しかもここのお店の構造は変わっていて、なんと店内の客席スペースは2分割されちゃってます。
どういうことかというと、このお店には入り口が2つあって、それぞれ別の客席スペースに続いています。
このスペースの行き来は店内からは不可能。
完全にお互いが独立した空間になってしまっています。
なんじゃそりゃあ(笑)

ちなみに客席スペースはそれぞれ4人分ずつぐらい。
券売機は片方にしかないので、逆スペースで食べたいときはこちらで券を購入してから、
一度店の外に出てからもう一度別の入り口から入りなおすことになります。
なんちゅう、ブッ飛んだシステムヽ(゚Д゚;)ノ!!

そば助 本店 そば助 本店

↑クリックすると拡大画像表示できます これが券売機。
立ち食いそばとしては、かなりの種類のラインナップが揃っていますね。
しかも結構変り種ばっかり。

冷やし濃厚豚そば   680円
冷やし極め塩とりそば   680円
冷やし芳香味噌海老そば   800円
ごまだれラーそば   750円
豚ラーそば   750円
元祖豚そば(温つけ)   680円
極め塩とりそば(つけそば)   680円
(辛)肉盛温つけ   750円
ホルモン温つけ   750円
(辛)牛すじ温つけ   750
汁なしまぜそば豚天玉   750円
汁なしまぜそば豚   680円
汁なしまぜそばとり   680円
汁なしまぜそば天玉   680円
ダシ玉つけそば   850円
特製豚そば   680円
極め塩とりそば   680円
芳香みそ海老そば   800円
凄濃厚豚とろ角煮そば   750円
極め塩豚とろ角煮そば   750円
天玉そば(塩だし)   580円
天ぷらそば(塩だし)   500円
究極塩だしそば   380円
大きつねそば(塩だし)   500円
春菊天そば(塩だし)   530円
温ラー豚そば   750円
温ラーそば   680円
げそ天そば(塩だし)   530円
クリーミィーカレーそば   750円
元祖ラーそば(辛)   680円
冷やし天玉そば(塩だし)   630円
冷やしわかめそば(塩だし)   480円
もしそば(塩だし)   400円
冷やし天ぷらそば(塩だし)   550円
奇跡の豚丼   850円
ミニとり豚ラー飯   600円
ミニ豚ラー飯   500円
ミニホルモン丼   500円
ミニ牛すじ丼   500円
カツ丼(ダブル玉子)   750円
親子丼(ダブル玉子)   700円
ミニホルモン丼セット   800円
ミニ牛すじ丼セット   800円
カツ丼(ダブル玉子)セット   950円
親子丼(ダブル玉子)セット   900円
ミニ豚ラー飯セット   800円
ミニ牛すじ丼セット   800円
トッピングげそ天または春菊天   150円
生ビール   350円
チューハイ   330円
日本酒   450円
ライス   180円
大盛券   100円

券売機にこれだけメニューがあると、どれ食べていいのか迷っちゃいますよね(笑)
これもこのお店の楽しみポイントかもしれません。(´∀`)

いちおう豚そばをメインにしているお店のようですが「極め塩」って文言に引かれて、
今回は「冷やし極め塩とりそば(680円)」を注文しました。

店員さんにちょっと時間かかりますがいいですかと言われましたが、
大体5分ぐらいで出てきました。
まぁ、鶏肉に火を入れる時間考えたら全然早いほうでしょう。(*・∀・)/

極め塩 とりそば 極め塩 とりそば

そばの上に大きな鶏もも肉がゴロリと5つ乗っています。
さらにその上には煎りゴマと刻みネギ。
麺は立ち食い店にしては珍しい、ちょっと太めの中太麺です。

めっちゃ香りがイイ!!ヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪
かつおだしと塩だしの匂いがとっても食欲を誘います。

味もかなり良好。
お店の雰囲気にそぐわぬ上品で深みのある味わい!(←オイ)
ダシだけでも全然すすってられるぐらいに美味しいですね。

そば自体は食感はいいですが、味は可もなく不可もなくって感じですかね。
良くも悪くも特徴は少なめ。
取り出した袋を見る限りでは、どこかから仕入れてるもののようですが。

鶏肉はかなり柔らかくてジューシー。
塩だしの風味にも非常にマッチしています。
ただ、滴り出る脂がダシに染みて、そばまで少し脂っぽくなっちゃうので、
脂っこいもの苦手な人はちょっとアレかもしれません。
食べ盛りの成人男性としてはこれぐらいで調度良いんですけどねw

ごちそうさまー。

美味しかったです、ハイ。
立ち食いだからといって敬遠していたならば、それはちょっともったいないかも。
個人的にはかなりおススメです。

あ、従来の「早い・安い」の立ち食いのイメージでは入らないほうがよいです。
肉や天ぷらの作り置きはしていないので、注文から提供までの時間はどれもそれなりにかかりますし、
値段も特別安いわけではないです。
あくまで普通のしっかりした蕎麦屋のイメージで来店したほうが良いかもです。
店内の仕組みだけが「立ち食い」風なだけであって、料理は「立ち食い」風ではないですので( ´゚ω゚`)

ご興味あれば一度お試しアレー。

そば助 本店 地図
<そば助 本店>
東京都台東区松が谷1-4-6 TEL:非公開
営業時間:24時間 定休日:なし