FEBRUARY CAFE(フェブラリーカフェ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FEBRUARY CAFE(フェブラリーカフェ)  FEBRUARY CAFE(フェブラリーカフェ)

すっかり冷え込んで本格的に冬の気候になってきましたね。
今日は雷門1丁目にちょっと前に新しくできたカフェ、
「FEBRUARY CAFE(フェブラリーカフェ)」に行ってきました。

お店は田原町小学校の正門から国際通りのほうへ少し歩いたところに。
ちょうど宮崎地鶏のお店のとなりになりますね。
観光客はあまり入ってこない、静かな路地にひっそりとあるお店です。

店内はカウンター席が4つほど、あとは4人掛けテーブルが3つ程度とこじんまりしています。
これぐらいのほうが隠れ家的カフェとしては居心地がいいですね。
ウッディーで上品かつ落ち着いた内装は非常にオシャレ。
いいっすね、こういうお店。

<ドリンク>
・アメリカーノ   R size 350円/ L size 400円/ ICE 400円/ おかわり 250円
・カフェラテ   R size 420円/ L size 480円/ ICE 480円
・エスプレッソ   Single 300円/ Double 350円
・カフェモカ   HOT 450円/ ICE 500円
・キャラメルマキアート   HOT 450円/ ICE 500円
・ヘーゼルナッツラテ   HOT 450円/ ICE 500円
・ハンドドリップブレンドコーヒー   HOT 400円
・エチオピアモカ   HOT 500円

・ダージリンティー   HOT 400円/ ICE 400円
・ロイヤルミルクティー   HOT 400円/ ICE 500円
・コカ・コーラ   350円
・自家製ジンジャーエール   500円
・オレンジジュース   350円
・ブラッドオレンジジュース   500円
・ミルク   HOT 350円/ ICE 350円

・ハートランド   550円
・コロナ   600円

<フード>
・スコーン   600円
・抹茶あずきパウンドケーキ   500円
・アフォガート   450円
・トースト   320円
・チーズトースト   350円
・アフォガート   380円

以上がメニュー表にあったもの。
あとはこれ以外にも日替わりで店頭に用意されたケーキ類なんかがあります。

FEBRUARY CAFE(フェブラリーカフェ) ハンドドリップコーヒー  FEBRUARY CAFE(フェブラリーカフェ) キャラメルマキアート

写真左がハンドドリップコーヒー(400円)、右がキャラメルマキアート(450円)です。

ハンドドリップコーヒーはなんとグラスでやってきました。
これはこれでオシャレだけど、できればカップでほしかったなぁ。
だって持ち手以外の部分が熱くて触れないのに、持ち手が小さくてすごい持ち上げにくいんだもん(汗)
味と香りはまぁ、普通にカフェでいただける美味しいコーヒーって感じで
良くも悪くも特徴はなかったです。

キャラメルマキアートは想像よりも大きなカップでやってきました。
表面はちょっと凝った模様が付けられていて、ビジュアル的にかなりいい感じ。
味は他所でいただくキャラメルマキアートよりもちょっと甘いかな?
後味に深みがあって、ビターなお菓子と一緒にいただくといいかもしんないヽ(*´∀`)ノ

FEBRUARY CAFE(フェブラリーカフェ) チーズトースト  FEBRUARY CAFE(フェブラリーカフェ) チーズトースト

お次はフードの紹介。
チーズトースト(350円)です。

大きな厚切りのトーストに2種類のチーズがこれでもかというぐらいにたっぷり乗ってます。
チーズの香りもとても良くて、運ばれてきた瞬間に口の中に唾液があふれ出てくる、そんな逸品。
かじりついてみるとパンはサクリといい音を立てつつも、中はめちゃめちゃふんわりもっちり。
焼かれてチーズの濃厚な風味が美味しいパンとコンビになって口の中で踊り溶けていきます。

いやぁ、コレうまいわ。
350円でコレ食べれるのはかなりコストパフォーマンス的にもいいと思います。

あとで調べてみたら、このお店のパンはあのペリカンのものを使っているんですね。
そりゃあ、レベルの高いチーズトーストになるわと納得。
ナイスチョイスだぜ店長さん!( ´∀`)bグッジョブ!

FEBRUARY CAFE(フェブラリーカフェ) さつま芋とカボチャのタルト  FEBRUARY CAFE(フェブラリーカフェ) さつま芋とカボチャのタルト

お次は日替わりケーキみたいな感じで店頭にあった、さつま芋とカボチャのタルト(440円)。
木製の大きなプレートの上に乗せられて、砂糖を上から大胆にまぶされた状態で運ばれてきます。
ぐるりと一周はちみつが配置されていてなんともオシャレなビジュアルです。

下のタルト部分はかぼちゃペーストとサツマイモペーストの2層構造。
そしてタルトの上には非常に柔らかく煮込まれたサツマイモがゴロゴロ。
甘い蜜がかかっていて、この説明だけ聞くと「大学芋?」って思っちゃうかもしれませんが、
それとは画期的に柔らかさが違う別のモノに仕上がっています。

はちみつこそかかっていますが、サツマイモとカボチャの素材の持ち味を生かして
素材の甘さそのもので勝負して好感持てますね。
サツマイモとカボチャが嫌いでなければ誰でも美味しいと思えるであろう、そんな味です。

ゴチソウサマー。

お店の雰囲気もいいし、隠れ家的な立地も良し、
知る人ぞ知るカフェって感じで個人的にはとても気に入ったお店です。
フードもなかなかレベル高かったですしね。
とにかくチーズトーストうまし。

これからもひっそりと繁盛していてほしい、そんなカフェでした。

FEBRUARY CAFE(フェブラリーカフェ)
<FEBRUARY CAFE(フェブラリーカフェ)>
東京都台東区雷門1-7-8 TEL:03-6802-7171
営業時間:10時~20時 定休日:不定休

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA