駒形2丁目

自家製麺 伊藤 浅草店

自家製麺 伊藤 浅草店  自家製麺 伊藤 浅草店

とっくに九月になったっていうのに暑さは全く衰え知らず。
こんなときこそ熱いモノ食べて大汗をかいて暑さを吹っ飛ばせ!
・・・前回の記事では暑いからかき氷食べましょうって書いておいてなんですが(笑)

というわけで食べに行ったのはラーメンです。
駒形にある「自家製麺 伊藤 浅草店」に行ってきました。

お店は江戸通り沿い。
駒形どぜうの正面ぐらいにあります。
バンダイ本社なんかも近いですね。
お店は去年オープンしたばかりの小さな小さなお店です。

ここはラーメン通の間では有名な伊藤系ラーメン。
伊藤系ラーメンは煮干ダシのラーメンで、スープがかなり濃いめで香り高いのが特徴。
あとスープの量が普通のラーメンにくらべてかなり少ないです。
これはスープ用の材料の非常にこだわっているため、スープそのものの単価が高いからなんだそうで。
なるほどねー。

店内はカウンター席が9席のみ。
なんの飾りっ気もなくて即席のプレハブみたいな建物ですね。
そしてエコのこだわりなのか電気代カットなのか、置いてあるのは扇風機のみ。
夏場はそれなりに覚悟して臨みましょう。

メニューは基本的に中華そば、比内鶏そばのみ(夏は限定でつけ麺もあります)。
それぞれ並が600円、中盛りが700円、大盛が800円です。
肉入りにすると+150円、スープ増しなら+100円。

自家製麺 伊藤 浅草店  自家製麺 伊藤 浅草店

中華そばの肉入り(750円)を注文しました。

スープが少ないのは知っていましたが、これだと麺も少なく見えますね。
実際、並盛りだと140gしかないそうですが。
ちょっとビジュアル的に寂しい感じ。

しかしいざ食べてみると味はバツグンです。
煮干スープはかなり濃いめにも関わらず、煮干の嫌な苦味は一切感じさせない飲みやすい仕上げ。
自分はあんまりラーメンのスープって積極的に飲むほうではないんですが、
あまりにも美味しいので何度でもすすりたくなります。

このスープ、話によると厳選した材料を使って赤羽の本店でのみ作られており、
それをこの浅草店にそのまま運び込んで使用しているのだとか。
どこでも誰にでも出せる味じゃあないってワケか。
こりゃ旨いわ。

麺は細麺ストレートで固め。
これがまたすすり応えがあって美味しいです。
なんだろう、ちょっとずつ食べるより、一気にすすり上げて喉に流し込む食べ方に向いた麺かな。
スープはそこまで絡めませんが、元々味の濃いスープなんでこれで十分でしょう。
絶品といっていい仕上がりです。

麺やスープにくらべると、4枚乗っていたチャーシューはちょっと地味かな。
美味しいですけどあっさりし過ぎていてちょっと寂しい感じがします。
よく言えばまわりに馴染んだチャーシュー、悪く言えば主張のない目立たないチャーシュー。
まぁ、このへんは好みの問題でしょう。

ゴチソウサマー。

文句なしに美味しいラーメンでした。
他で煮干ラーメン食べて失敗したって人にもおすすめです。
煮干の嫌な部分を取り除いて、良い部分だけを伸ばしているので誰でも美味しく頂けます。

ひとつだけ不満をいうと、やっぱり量でしょうか。
中盛、スープ増し、チャーシュー入りまで注文して、やっと普通のラーメンの量です。
でもこれだけ頼むと950円まで届いちゃいます。
コスパ的に考えると日常的に食べに来るにはちょっと向いてないかもですね。
ふと煮干に恋しくなったときに訪れるような、そんなラーメン屋(笑)

浅草の人気ラーメン店ランキングにも着々と上位に進出してきているようです。
有名店が少ない浅草のラーメン業界をもっと盛り上げてくれることを期待します(´▽`)。

自家製麺 伊藤 浅草店
<自家製麺 伊藤 浅草店>
東京都台東区駒形2-6-9 TEL:03-6802-8226
営業時間:11時~16時、17時~20時 定休日:年末年始

レストラン AMOR(アモール)

レストラン AMOR(アモール)  レストラン AMOR(アモール)

今日は駒形2丁目にある本格的なイタリアンのお店へ行ってきました。
訪れたのは「レストラン AMOR(アモール)」です。

江戸通り沿いにあって露営浅草線の浅草駅からも至近距離。
ですが、意外にお店の構えが地味で存在感がありません。
大通りにあるのに不思議と隠れ家的雰囲気を持ってるヘンなお店。

鰻料理店のオーナーが持っているこの前川ビルに入ってるってことは、
おそらくこのアモールも前川関係が運営しているんでしょうね。
たしか以前入っていた地中海料理店もそうだったはず。

レストラン AMOR(アモール)  レストラン AMOR(アモール)
レストラン AMOR(アモール)

このお店の一番の特徴は、カウンター席の目の前に大きな鉄道模型があること。
サイズはかなりでかく、クオリティもかなりハイレベルな仕上がりになっています。
3車線ある線路を常に列車が走っていてなかなか賑やか。
(トーマスが走っていたので撮ってみましたが、うちの安いカメラじゃ捉えきれず!)

最近増設されたのか、そばにはスカイツリーもそびえたっていました。
コース上には雷門や洋風の古城なんかもあってけっこうカオスなジオラマ(笑)

レストラン AMOR(アモール)

レストラン AMOR(アモール)  レストラン AMOR(アモール)

さてさて肝心の料理たち。
まずは豚フィレ肉の国産豚バラ肉巻きアモール風2種ソース(1,200円)です。
写真には写ってないですがライス(or パン)が付いてきます。

2切れの豚フィレ肉が写真のようにオシャレな彩りで出てきました。
サイズは直径5、6cm程度なのでちょっと小さめ。
成人男性にはちょっと物足りないかもしれません。

片方は肉の上にトマトとチーズが乗っていて、
ズッキーニ、タマネギ、赤ピーマンなどを刻んで和えたトマトベースのソースです。
味が複雑すぎて言葉でうまく書けないー!
でも美味しいのは間違いなし。

もう片方は・・・なんだろコレ(汗)
緑色のシャリシャリしたものにベーコンの細切れが混ざって乗っかっています。
塩味が強いけど岩塩ではないだろうし・・・さっぱりわからん!でもとりあえず旨い!
浸っているソースはジューシー系でちょっとマヨネーズの味もしたけどやはり正体わからず。
うーん、イタリアンちゃんと勉強しようかなぁ。
知識不足で全然レビューできねぇや(汗)

ソースは2種類とも美味しかったんですが、肉がちょっと固めだったのが残念でした。
豚フィレ肉って柔らかいイメージでいたのに、ここのはナイフでギコギコやらないと切れませんでした。
もっとジューシーで柔らかい仕上がりだったら言うことなしだったんですが。

レストラン AMOR(アモール)  レストラン AMOR(アモール)

こちらは相方が注文した、サーモンの蒸し焼き彩り野菜添えバジルの香り(1,050円)。

レンコン、ブロッコリー、ズッキーニ、たまねぎ、赤ピーマン、ジャガイモそれぞれを刻んだものが
サーモンの蒸し焼きを覆い隠すように乗っかっています。
味付けはちょっと濃い目でしたがかなり脂が乗っていて美味しいです。
意外に豚フィレよりボリューム感あるかも。

ゴチソウサマ。

工夫に工夫を重ねたような味付けで全体的に美味しかったです。
ちょっと量が少なめだったのが残念でしたけども。
まぁ、上品なイタリアンでこの価格のランチならこれぐらいで普通なのかもしれませんが。
毎日のランチにというよりは、自分にごほうびをって日に利用するといいのかもしれません。

また店内のレストランバー的な高級な雰囲気、レベルの高い鉄道ジオラマなど
環境的な部分に特に満足度が高いお店でした。
とっておきのデートスポットなんかに利用してみてはいかがでしょうか。

レストラン AMOR(アモール)
<レストラン AMOR(アモール)>
東京都台東区駒形2-7-5 前川ビル1F TEL:03-5827-2218
営業時間:11時半~15時(土曜以外)、17時半~22時 毎週月曜、第3火曜定休日

ハンバーグのお店 ベア

ハンバーグのお店 ベア  ハンバーグのお店 ベア

今日は浅草よりちょいと南の方角へ足を伸ばしてみました。
訪れたのは「ハンバーグのお店 ベア」です。

お店は江戸通りを南下して春日通りのちょい手前。
以前紹介したテスタロッサカフェをちょっと過ぎたところにあります。

もういかにもジャンキーな個人経営感たっぷりのお店。
個人的にはこういうタイプのお店大好きです。

店内はカウンター席が十数席だけで、テーブル席は設置されていませんでした。
多人数では使いにくいので、一人メシのほうが向いてるかもしれません。
実際自分が食事中に入ってきたお客さんたちは全て一人メシでした。

メニューはかなり種類が豊富でした。
ハンバーグ系は一番安いハンバーグステーキがライス・目玉焼き付きで600円から。
カレー系はポークカレー、チーズカレー、カツカレーなどが450円~900円、
エビフライや生姜焼きなどがある定食系は800円~1,500円の価格帯で揃っています。

さらにはサイドメニューとしてフライ・サラダ系の一品料理や、
もろきゅう・枝豆・冷やしトマトなどのおつまみ系まで完全に完備。

すげーな、このお店(汗)
いったいどこを目指しているんだ(笑)

ハンバーグのお店 ベア  ハンバーグのお店 ベア

「ハンバーグのお店」というからにはハンバーグを食べねば、ということで
ハンバーグステーキ(600円)を注文しました。
値段的にもこれが一番出ていそうな気配だし。

いやー、完全に男メシっすね。
ハンバーグはかなり大きいし、ご飯も通常盛りとは思えないぐらいに大盛り。
一人暮らしの男性応援フェアー!みたいな雰囲気を感じます(笑)

ハンバーグはかなり柔らかくてジューシー。
ちょっとタマネギが大きめに刻んであるせいか、つなぎが甘くてややポロポロ崩れますが、
まぁ、そんなに気になるものではありません。
甘いデミグラソースもマッチングしていて美味しいです。

あと黄身がとろとろ状態の目玉焼きも地味にポイント高いですね。
黄身とデミグラソースとハンバーグの相性はもう言わずもがな。

ご飯とドレッシングがかかった生野菜サラダ、ちょっとだけ乗っているナポリタン、
このへんはまぁ、可もなく不可もなくって感じかな。
個人的には給食で出てくるようなこのジャンクなナポリタンが好みでした。

ゴチソウサマ。

いやはや、なかなかコストパフォーマンスの良いお店でした。
600円でここまで腹一杯になれるって素晴らしいー。
一人暮らしの男性や、付近に勤めるサラリーマンにとっては心強い味方。

あいにくながら一人メシ向きのお店なんで、友達と来るには不向きですし、
もしかしたら女性なんかは敬遠してしまうかもしれませんが、それはちょっともったいないかも。
蔵前近辺に訪問の際にはランチ候補にちょいと一考してみてくださーい。

ハンバーグのお店 ベア
<ハンバーグのお店 ベア>
東京都台東区駒形2-3-4 TEL:03-3844-9855
営業時間:11時~23時半 日曜・祝日定休日