雷門2丁目

麺屋 江武里

麺屋 江武里 外観 麺屋 江武里 外観

いよいよ暑さも本格的になってきましたね。
ちょっと前まで「今年は冷夏になる」なんて話がありましたが、見事に裏切られました。
結局毎年猛暑じゃねぇかコンチクショー!ヾ(○`з´○)ノ

というわけで浅草雑食日記、今回もラーメン屋です。
訪れたのは「麺屋 江武里」。

お店の場所は浅草通り沿いの駒形橋近く。
台湾料理の霞舫ラーメン坂内の並びになります。
そう、以前からいろんなラーメン屋が入っては潰れ入っては潰れの、このテナントです。
豚骨ラーメン屋だったり、尾道ラーメンだったり、刀削麺だったり・・・
もうこの数年で何軒のラーメン屋が消えていったことか(苦笑)

新しくこの「江武里」が入ってからも、
どうせすぐ新しいお店に変わっちゃうんだろうなぁと思って足が向きませんでした。
記事書いてもすぐ無駄になっちゃうんじゃ食べにいく意味ないし・・・。

なんて思っていたら、麺屋武蔵出身の方が営業していて、
評判が良いとの情報を小耳に挟みました。
これは一度試してみねばということで、今回初来店です。

店内はモダン和風なイメージ。
カウンター席が5つ程度と、2人掛けテーブルが4つか5つ程度あります。
テーブルをくっつければ4人客なんかにも対応できるような配置ですね。
小さな個人経営のラーメン屋なので、さすがに大人数で利用するには向いていません。

券売機で食券を選択して席につきました。

麺屋 江武里 江戸醤油ラーメン 麺屋 江武里 江戸醤油ラーメン

5分ほどで運ばれてきました、江戸醤油ラーメン(750円)です。
最近、こういう深底のお椀みたいなどんぶりを使っているところが増えましたね。

鶏ガラ、豚骨、香味野菜を8時間煮込んだ白濁スープと、
カツオ、昆布、アサリから取った魚介スープを合わせたダブルスープ。
あっさりとしながら後味に深いコクがあって美味しいです。
ほんのりとゆずの香りも感じますね。
飲み干せと言われても簡単に飲み干せちゃう、そんな美味しいスープです。

麺は太めの平縮れ麺。
スープを良く絡めとり、麺自体のもっちりした触感もイイ感じ。
あ、麺を食べやすいようにこのお店はコーティング箸と割り箸の両方を用意しています。
箸と麺の相性にこだわりがある人にとっては嬉しい配慮。

スチームコンベクションオーブンで焼いたというローストポークは、印象薄いかな。
あっさりした醤油味だからこのこういう肉質で攻めているのかもしれませんが、
個人的にはもうちょっとジューシーさを押した豚肉にしてほしかったかも。

具としてネギが2種類(九条葱と千住葱)が入っているんですが、
この触感の違いが非常に面白いです。
そしてどちらもラーメンの具として文句なしにウマし。
メンマは非常に歯切れが良く、素材の味を活かした風味がたっぷり。

ゴチソウサマーヾ(´ρ`)ノ゛

いやー、満足満足。
ここ数年でこのテナントに入ったラーメン屋の中では間違いなく一番美味しいと思います。
立地的には観光客は取り込みにくそうですが、
オフィス街のサラリーマンたちをキャッチするには十分。
ここは今までの店のように潰れずに長く残っていてほしいなぁ( ´З`)=3

季節限定の変り種ラーメン(ロゼ塩冷やし麺や冷製カリーつけ麺)なんかも、
写真を見る限りではかなり美味しそうです。

麺屋 江武里 外観 麺屋 江武里 外観
お店のブログより引用: ロゼ塩冷やし麺(左)、冷製カリーつけ麺(右)

誰にでもオススメできる良いラーメン屋だと思います。
お近くまでお越しの際にはぜひお立ち寄りアレー。

麺屋 江武里 地図
<麺屋 江武里>
東京都台東区雷門2-4-1 岡安ビル 1F TEL:不明
営業時間:11時~15時、17時半~21時 定休日:不定休

豚骨醤油ラーメン 浅草隊

豚骨醤油ラーメン 浅草隊 豚骨醤油ラーメン 浅草隊

寒い日に美味しく食べれるもの、
やっぱラーメンでしょ!

ってことで今日は「豚骨醤油ラーメン 浅草隊」に行ってきました。

お店の場所は吾妻橋のすぐ近く。
江戸通り沿いで、牛めしの松屋とサーティーワンアイスの間にあります。
10月31日にオープンしたばかりの出来立てホヤホヤのラーメン屋さん。

看板のデザインからわかるとおり、流行の「家系ラーメン」のお店です。
上野商店と同じくムジャキフーズが運営してるみたいですね。
浅草では家系ラーメンの上陸はここが初かな?
蔵前のほうまで行けば寿三家ってのが昔からありますが。

店内はカウンター席が9つ程度、奥に4人掛けテーブル席が2つ。
入り口にある券売機で食券を買って店員さんに渡すシステムです。
家系ではお決まりですが、食券を渡すときに麺の固さや脂の量を好みで伝えることができます。
とりあえず標準の味を知りたかったので、好みは特に伝えずにドノーマルでお願いしました。

あ、メニューはラーメン並盛が650円、中盛が750円、大盛が850円です。
ネギラーメンにするとそれぞれ150円増し、チャーシューメンだと200円増し、
角煮ラーメンだと300円増し、ネギチャーシューメンだと350円増しになります。

あとはトッピングで味玉、ほうれん草、のりが100円、
ねぎ、チャーシューが200円、角煮が300円

サイドメニューは、半ライスが100円、ギョーザ3ヶが150円、
豚飯が300円、ミニ角煮丼とネギチャーシュー丼が350円。

豚骨醤油ラーメン 浅草隊 豚骨醤油ラーメン 浅草隊

3分ほど待つとやってきました、ラーメン並盛(650円)です。
豚骨醤油の心地よい香りが漂ってきます。

味は・・・むむむ。

なんか、さっぱりしすぎというか、淡白というか、味に奥行きがないというか・・・。
家系の味ではあるんですが、無難過ぎるぐらいにまとまっていて個性もなにもないですね。
カップラーメンの家系ラーメンとかでありそうな味。
けっして美味しくないわけではないですが、
「浅草で家系だワーイ!」みたいに期待して食べると肩透かしをくらうかも。

麺は縮れの少ない中太麺で、かなり長さは短め。
しかしこれは味がほとんど感じられないし、食感もイマイチ。

チャーシューもパサパサしていてなんかシーチキンに近い味。
柔らかくて食感はまぁまぁだけども。
ちょっと好みじゃないなぁ。。。

ゴチソウサマ。

個人的には家系って好きなハズなんですけどねぇ、
途中で食べるのが作業に感じられちゃうぐらいに味がつまんなかったなぁ。
立地的には飲み屋帰りのサラリーマンが寄りやすい場所なんで、
そういう人達にはこういうさっぱりした無難な味のほうが好まれるのかもしれないけど。
わざわざこの味のために浅草に来る、ってそういうクオリティではないように思っちゃいました。

夜が早い浅草界隈では深夜4時まで営業してくれているラーメン屋ってのはありがたいですけどね。
立地と営業時間の利便性って点で繁盛はするかもしれませんが、
できれば味にもっと改革を (; ̄Д ̄)

浅草の家系ラーメン代表としてもっと頑張ってくれ!!

豚骨醤油ラーメン 浅草隊 地図
<浅草隊>
東京都台東区雷門2-19-13 TEL:03-5830-7351
営業時間:11時~28時 定休日:なし

カフェ ムルソー

カフェ ムルソー  カフェ ムルソー

新年あけましておめでとうございます。
浅草雑食日記今年も始動です。
今年も何卒お付き合いよろしくお願い致します。m(_ _)m

さてさて、新年一発目はカフェ飯です。
カフェ ムルソー CAFE MEURSAULT D’APRE’S」へ行ってきました。

お店は隅田川沿いの小さな路地にあります。
浅草むぎとろの裏手にある、観光客はまず通らないであろう地味な路地。
観光客どころか地元民すら歩いていないので閑散としています。

そんな場所にこっそりとそびえるカフェ ムルソー。
なかなか面白い構造の建物で、2Fと3Fがカフェ・レストラン、
半地下部分がテイクアウトのケーキを扱うショップになっています。
ショップは今回は覗かなかったんですが、外から見るだけでもかなりオシャレ。
機会があればケーキ買いにふらりと訪れてみようかな。

カフェ ムルソー

今日は2Fでランチです。
写真のとおり隅田川、吾妻橋、アサヒビルが見えて良い展望スポット。
いちおうスカイツリーも見えてはいるんですが、マンションの影になってしまうのであまり目立たず。
これでスカイツリーさえはっきり見えるならロケーション完璧なのにっ ヽ(´Д`;)
まぁそれでも十分眺めはいいんですけどね。
夜になれば吾妻橋・アサヒビルがライトアップされるのでまた別の景色を楽しめそう。

<ランチメニュー (平日 11時~14時)>
・本日のキッシュ(パン付)  1,100円
・本日のパスタ      1,100円
・サーモンとモッツァレラチーズのサンドイッチ  1,100円
・生ハムのサンドイッチ    1,100円
・レモンバーブチキンのサンドイッチ  1,100円
・玄米リゾット      1,100円
・グリーンカレー     1,100円
・チーズトースト     800円
・ガーリックトースト   800円
・ハニートースト     800円
・トマトと茄子のミートグラタン  1,200円
・ゴルゴンゾーラのペンネグラタン  1,200円
・ローストビーフ     1,500円
・ハーブチキンのトマトソース煮  1,500円
・ビーフシチュー     1,500円

<ブランチメニュー (土日祝 11時~16時)>
・サーモンとモッツァレラチーズのサンドイッチ  1,900円
・生ハムのサンドイッチ  1,900円
・レモンハーブチキンのサンドイッチ  1,900円
・本日のキッシュ(パン付)  1,900円
・本日のパスタ      1,900円
・玄米リゾット      1,900円
・グリーンカレー     1,900円
・チーズトースト     1,400円
・ガーリックトースト   1,400円
・ハニートースト     1,400円
・ゴルゴンゾーラのペンネグラタン  2,300円
・トマトと茄子のミートグラタン  2,300円
・ハーブチキンのトマトソース煮  2,600円
・ローストビーフ     2,600円
・ビーフシチュー     2,600円

平日と土日祝でメニューが違います。
意図せず土日祝で訪れてしまったので、ブランチメニューからレモンハーブチキンのサンドイッチと
グリーンカレーをチョイスしました。
それぞれ1,900円とちょっと値が張ります。
うむ、新年早々このサイトらしからぬチョイスだぜ σ(^_^;)

カフェ ムルソー

まずは前菜のグリーンサラダとスープ。
レタスの柔らかい部分となんかの葉っぱ(←知識なさ過ぎ)交じりのグリーンサラダは
イタリアンドレッシングがかかっていてシャキシャキで美味しいです。
スープはコンソメ風味で美味しいけど具はほぼ入っていなくてサイズも小さめ。
普通のサイズのカップで出てきたら嬉しかったな。

カフェ ムルソー  カフェ ムルソー

メインのレモンハーブチキンのサンドイッチ。
パン生地が緑色なのはほうれん草か何かなんでしょうか?
パンの間にはチキン、レタス、スライストマト、モッツァレラチーズが挟まっています。

がぶりと喰らいつくと、パンは驚くぐらいにふんわりしています。
方向性こそ違いますがペリカンなんかと比べても遜色ないぐらいに美味しいパンですね。
ほんのりと甘みが感じられるのはやっぱりほうれん草なのかな?
ちょっと確信が得られず。
店員さんに聞いときゃ良かった(‐”‐;)

そしてなにより美味しいのは挟まっている具材。
チキンは柔らかくてジューシー、特に皮部分の脂の旨みがとにかく絶品で、
それが口の中で他の具材に絡まりながらジュワーッと広がっていきます。
トマトとチーズのゴールデンコンビの旨さは言わずもがな。
レタスも当然柔らかい部分だけをチョイスしていてふんわりかつシャキシャキ。
うん、完成度高いっす。

カフェ ムルソー  カフェ ムルソー

続いてグリーンカレー。
想像していたのとかなり見た目が違っていてびっくりしました。
ポトフに十穀米をどーんと乗せたようなビジュアル(笑)

そしてそのマイルドそうな見ためとは裏腹に相当辛い!
でもめちゃめちゃ旨い!
「うわっ!」っていう辛さの刺激のあとにじんわりと旨みが現れてくるというか。
カレーはインドカレーもレトルトもいっぱい食べてるつもりだけど、
ここまで深みのある旨みを出してるカレーにはなかなか出会わないです。
ホント美味しい、・・・でもホント辛い(笑)

具材はジャガイモ、サツマイモ、タマネギ、カボチャ、ブロッコリー。
どれもほどよく煮込まれていてカレーのルーに馴染んでいます。
Webレビューを眺めていたら「具とルーが馴染んでいなくて別に煮込んでるんだろう」なんてのがありましたが、
とりあえず今回頂いたこのカレーに関してはそんなことはなさそう。
日によってムラがあんのかな?

カフェ ムルソー  カフェ ムルソー

カフェ ムルソー  カフェ ムルソー

そして食後に運ばれてきたショートケーキ、杏のタルト、コーヒー、紅茶。

ショートケーキは生クリームが非常に美味しいですね。
イチゴも甘くて良いやつ使ってる気配。
あと皿の上に少しだけかけられている練乳が地味にポイント高し。
練乳とショートケーキの相性の良さをまざまざと魅せつけられました。

杏のタルトは、タルト自体はかなり甘めの仕上げ。
生地はふんわりしていて食感がいいし、杏も甘くてとろりと柔らかいです。
逆に皿の上にたっぷりかけられている杏ベースのソースは酸っぱめになっていて、
好きな配分でタルトにつけて味のアクセントを楽しみながら最後まで飽きずに頂くことができました。

コーヒー、紅茶は特に感想はないかな。
いたって普通な美味しいコーヒー、紅茶。

ゴチソウサマー。

とりあえずロケーションは抜群に良いです。
食べログなんかでは有名店なので予約なしで窓際の席は難しいかもしれませんが、
別に奥まった席でも店内の雰囲気がとても良いので居心地良く過ごせます。
窓大きいから景色はどの席からでもちゃんと見えるし。

あとはコスパかなぁ。
料理もケーキも美味しいですが、値段が張るし量はかなり少ないです。
カフェとして利用するにもドリンクは単品で600円~900円というかなり高めの価格。
場所代って考えればいいのかもしれませんが、やっぱりちょっとお財布が気になる値段設定ですね。
デートや、何かの記念で自分にご褒美ってときにはいいかもしれませんが。

あと接客がちょいビミョーかな。
こういうお店って接客面でのサービスが命だと思うんですが、
働いている従業員の動きは、いかにもそのへんのチェーン店のバイトくんって感じ。
別に悪いわけではないんですが、こういうお店で業務マニュアル通りって感じの接客はもったいないかも。

まぁ、そのへん分かった上で利用するには良いお店だと思います。
食べログで有名なのも納得がいきますし。

興味があるなら近くまでお越しの際には是非ー。

カフェ ムルソー 地図
<カフェ ムルソー>
東京都台東区雷門2-1-5 中村ビル TEL:03-3843-8008
営業時間:11時~22時、平日のカフェバーのみ23時半まで 定休日:なし