雷門1丁目

タイガー餃子会館 浅草店

タイガー餃子会館 浅草店 外観 タイガー餃子会館 浅草店 外観

雷門一丁目の以前稲庭うどんの無限堂が入っていたビル。
1年以上前にお店が閉店してしまってから、かなり長い間空きビルでした。
そこについに新しい飲食店がオープン!

訪れたのは「タイガー餃子会館 浅草店」です。

お店の位置は雷門通りのてんやの目の前。
焼肉の平城苑や、味の店 錦炭火焼肉の三元苑の並びにあります。
場所的には一等地のはずなんですけどね、無限堂といい、その前の名古屋煮込みうどんのお店といい、
なぜか飲食店が長続きしないテナント。
・・・最近そういう建物ばっかり紹介してるな(-_-;)(苦笑)

お店は2014年7月25日夕方よりオープン。
なんと『本日限り1杯目ビール5円!』というキャンペーンをやっていたので、早速入店してみました。

店内は3F建てで、1Fの半分は厨房になっています。
そのため1Fは客席数も少なく狭いですが、2F・3Fは比較的ゆったりとした空間。
自分が通された2Fは、4人掛けテーブルが4つ、6人掛けテーブルが2つありました。
3Fは見ていないのでわかりませんが、カウンター席や2人掛けテーブルがありません。
なので繁忙時間帯は一人だとちょっと利用しづらいかもしれませんね。
1Fとかは少人数用に特化してもいいんじゃないかと思いました。

タイガー餃子会館 浅草店 外観 タイガー餃子会館 浅草店 外観
メニューはこんな感じ(↑写真クリックで拡大します)。

お店の名前の通り、餃子押しのメニュー構成ですね。
ぷっくり餃子、カレー餃子、鶏レンコン餃子、青菜水餃子、やぶれかぶれ餃子、香菜餃子と、
餃子だけで6種類のものが用意されています。
値段は一皿税込みで520円程度でちょっとお高めかな。

あとは中華系の麺料理や、単品メニューが用意されています。
単品メニューは200円プラスで定食セットにでるようで。
その場合は大体1,000円前後の価格になりますね。

とりあえず、餃子をビールでクィッと楽しんで、
その後はお腹の満たされ具合と相談して何か頼んでみようかなと。
キャンペーンで5円になっているビールと、ぷっくり餃子(5個)を注文しました。

生ビール5円

5円ビール。
ちょっとジョッキは小さめ。

ビールをちびちびやりながら餃子の到着を待つことにしますヾ(‘∀`)ノ

餃子の到着を待ちますヾ(‘∀`)ノ

餃子の到着を・・・ヾ(‘∀`)ノ

餃子・・・ヾ(‘∀`)ノ

来ないヽ(・∀・)ノ

がっかり

まずビールと餃子をオーダーしてからビールがくるまでに5分かかりました。
その時点でホールちゃんと回ってないなぁとは思っていましたが、
その10分後、向かいのテーブルの先客が 『餃子頼んでるんだけど全然来ない』 とクレームをつけ、
さらに10分後、別のテーブルの先客も 『中華丼がもう何十分も来ないんだけど』とクレームをつけ、
そしてさらに10分後、自分より後客にぷっくり餃子が運ばれてくる始末。

店員さん呼んで「オーダー通ってる?」って聞いたら、
その店員さん、思考停止して時間が止まってしまったので、ハイ、帰りました。

餃子のお店に行って、ビールだけ飲んで帰るというまさかの展開(笑)

まぁ、開店初日だしホールが上手く回らないこともあるよなぁとは思いましたが、
階段をバタバタと大きな音を立ててダッシュで駆け上がっていく店員、
オーダーしようとしてるお客に「少々お待ちください」と言ってそのまま二度と帰ってこない店員、
注文内容も数も間違えて運ばれてくる料理、
おじさんおばさんの世間話に捕まって、そのまま仕事の手を止めて世間話に応じちゃう店員。
30分周囲を眺めているだけで、他のテーブルでも非常にたくさんの不手際が見えました。
こりゃあ初日だからって問題じゃなくダメだぁーヽ(・∀・)ノ

あ、ちなみに肝心の餃子ですが、他のテーブルのお客さんの会話からすると美味しいみたいです。
「ふっくらしてて美味しい」、「値段高いだけのことはある」
みたいな感想が聞こえていました。

興味あればお試しアレ。
自分は残念ながら再訪して試してみる気はもうないです(´∀`)

こうしてグルメレビューブログやってると、残念な料理に出会ってがっかりすることも多いですが、
残念なオペレーションに出会ってしまったときのほうが、がっかりダメージがでかいですね。
飲食店って難しいもんです。

ああ、さよならぷっくり餃子・・・。

【関連リンク】
際グループ タイガー餃子 浅草店店舗情報
食べログ 「タイガー餃子会館 浅草店」
ワインな ささやき 「浅草で餃子&ビール女子会@タイガー餃子会館」
サンライズパーキング的 浅草下町ブログ 「浅草下町 オススメの餃子屋 タイガー餃子会館」
「美味しい!」が好き 「浅草界隈-タイガー餃子会館で餃子(2種類)」
momo’s blog4 「タイガー餃子会館浅草店で呑む。(雷門一丁目)」

タイガー餃子会館 浅草店 地図
<タイガー餃子会館 浅草店>
東京都台東区雷門1-15-9 TEL:03-6802-8085
営業時間:11時半~21時 定休日:なし

カフェ サンセット

カフェ サンセット カフェ サンセット

暑い季節は食欲もいまひとつ。
涼しい場所で軽く食べれればいいや、ってことで前回に引き続きまたカフェに行ってきました。

訪れたのは「カフェ サンセット」です。

場所は雷門1丁目、浅草通り沿い。
田原町駅の交差点から隅田川方向に30メートル歩けばすぐに見つかります。

まだお店は新しくて、オープンしたのはここ2、3年だったような。
以前は確か使われていない車庫みたいな空きスペースだったんですが、
このようにカフェとして新しくリニューアル。
シンプルかつオシャレな外観してます。

店内はカウンター席が6つ程度と、4人掛けテーブルが3つだけ。
表にもテーブルが2つ設置されていますが、
正面は車がバンバン通る浅草通り、
しかも思いっきり南向きで日が当たり過ぎるのでちょっと使いづらいかも。
店内の席にしたほうがくつろげそうです。

あと店内のほうが楽しめる理由がもうひとつ。
今回訪問して初めて知ったんですが、
なんとこのカフェ、電車のジオラマがおいてあるんです。

カフェ サンセット カフェ サンセット
カフェ サンセット

店長さんの趣味だという大きな模型。
近くで見ると、かなり精巧に作りこんであります。
山や木々はもちろん、そこに住む人間まで、そのクオリティはかなりのものです。(´∀`)
いやいや、見事なもんっすね。

しかも電車もコインを入れれば5分程度の時間走り続ける仕様。
店長さんがご好意でスイッチを入れてくれました。
走る電車にわくわくしながらくつろげるってイイですね♪

ほかにも店長さん、写真も趣味のひとつらしく。
富士山やレインボーブリッジ、スカイツリー、東京タワーの写真が店内の壁に展示されていました。
こちらも模型と同じくハイクオリティ!
なんか、遭遇した綺麗な光景をとりあえず収めたっていうんじゃなくて、
時間や季節、天候などを吟味して、この瞬間だけを狙いすまして撮りにいったって感じのショットばかり。
もう感心するばかりです。

カフェ サンセット カフェ サンセット
カフェ サンセット

さてさて、肝心の飲食メニュー。
アイスカフェラテ(300円)と、ブルーベリーマフィン(260円)を注文しました。

ブルーベリーマフィンは、ちゃんと温め直して持ってきてくれました。
しかもたっぷりの生クリーム乗せで、ビジュアル的なゴージャス感も抜群です。
これで260円って安くない?

食べてみると、生地はかなりしっとりとしていて口溶けの良い甘さ。
逆に甘さを抑えている生クリームとの相性は抜群に良いです。
ブルーべーリーのアクセント的な甘酸っぱさも○。
もう1回言うけど、これで260円って安くない?(笑)

アイスカフェラテも香りが良くて量も多め。
美味しく最後までいただけます。

ゴチソウサマー。

値段もリーズナブルだし、ジオラマや写真も楽しめるして良いカフェだと思います。
壁が明るいオレンジ色でベタ塗りなのが、もしかしたら人によっては合わないかもしれませんが。
(自分は特に気になりませんでしたが)

しっかし雷門1丁目って良いカフェが密集していますね。
250円ナポリタンのK’cafe、ペリカンのパンがおいしいFEBRUARY CAFE、あとは犬飼ってるならCafe Wan Love
どれもそれぞれ特徴があって、趣味や用途に合わせてお店を選択することができます。
隠れたカフェ激戦区だこりゃ。

どのお店も長く生き残ってほしいなぁ。
盛り上がれ雷門1丁目!( ・з・ )ノ

カフェ サンセット 地図
<カフェ サンセット>
東京都台東区雷門1-5-5 上條ビル1F TEL:03-3847-8334
営業時間:11時半~18時 定休日:日曜日・月曜日

K’s cafe

Ks cafe Ks cafe

暑いですねぇ。

ついに高知県では史上最高気温を更新。
41℃ってもはやインフルエンザレベルじゃないですか(汗)
うー、きつい。(;´・`)

今日は雷門1丁目の「K’s cafe」に行ってきました。

お店の場所は田原町小学校・幼稚園のそばにあって、
小学校の正門のすぐ目の前にあります。
元々は小料理屋さんが入っていたんですが、今年7月から新しくカフェがオープンしました。
パスタ系の軽食も扱っているようなので、こりゃあ行かねばと今回来訪。

店内は元々小料理屋だった内装をそのまま流用しているのか、
モダン和風って感じの綺麗な雰囲気になっていました。
テーブルは2人用が2つ、4人用が3つ。
全て座敷席という、カフェとしてはちょっと珍しい客席構成かも。

Ks cafe Ks cafe

今回目を引いたのは、この「昔ながらのナポリタン」というメニュー。
名前だけなら珍しくもなんともないですが、
なんとコレ、250円なんです。

安っ!

しかもパスタも味付けもけっこうしっかりしていて、
ちゃんと美味しいんですよねぇ。
タマネギやピーマン、ウインナーの炒め具合も良好。
そこそこお高いお店で出されていても違和感がないレベルです。
量もちゃんとありますし。

Ks cafe Ks cafe

こちらは生野菜サラダとアイスコーヒー。
ナポリタン単体だと250円ですが、このドリンクサラダセットは+250円
ちなみにほかにはドリンクのみのセットやデザートセットなんかもありました。
ごめんなさい、値段はちょっと失念。
まぁ、どっちにしても安くてリーズナブルです。

生野菜サラダには、珍しく茹でたカボチャが入っていました。
これがあるだけでサラダって食感的にも味覚的にもこんなに広がりを見せるんですね。
ちょっと意外な発見。

アイスコーヒーは残念ながら冷蔵庫に入っていた作り置き。
まぁ、値段的にはそれでもしかたないか。
普通に美味しくはあるし。

ゴチソウサマー。

うん、値段も安いし味も良し、
居心地もいいしでなかなか良いお店ですね。
ただし小学校が目の前ってこともあって、けっこうママさんたちが子連れで通っているようです。
静かな空間で長時間まったり、ってのはちょっとしづらいかもしれませんね。

あとお店のことWEBで調べてたら、ここの店長さんは気仙沼からやってきた方で、
実は本職はパティシエなんだそうです。
ショーウインドウに入っていたデザートが妙に気合入ってるなと思ったらそういうことなのね。
これならデザートのクオリティも期待できそうですね。

WEBページには「昔ながらのナポリタン」の安い値段設定の理由も記載されていました。
以下転載。

当店では、『昔ながらのナポリタン』を¥250でご提供しています。
『なんでこんな安いの?』
と良く聞かれますのでこちらで少しだけお話しさせてください。

震災後、故郷気仙沼は、本当にたくさんの方に助けていただきました。
それは、ボランティアに来ていただいたり、義捐金や寄付、物資・・・。…
それだけでなく、たくさんの方から
たくさんのお気持ちをいただいたと思っています。

そんな皆さんに少しでも感謝の気持ちを伝えたいと思い、
メニューの中に『昔ながらのナポリタン』をこの価格で入れました。

また、わざわざ各所から来て下さる避難者の方に、
少しでも笑顔を取り戻していただきたかった気持ちもあります。

『え~!こんなに安くていいんですか?』と
笑顔で言っていただくたびに、私もちょっと嬉しくなります。

正直、原価的にかなりギリギリなのですが、
私ができる事は、これくらいしか思いつきませんでした。

改めて・・・
被災地を応援してくださっている皆様、本当にありがとうございます。
ふるさとの再生、復興にはまだまだ時間がかかります。
どうか、この大震災を忘れないでください。

そしてお店で気仙沼のこれまでの事、これからの事、
たくさん話しましょう。

感謝を込めた『昔ながらのナポリタン』と
美味しいケーキをご用意して皆様のお越しを心よりお待ちしています。

K’s cafe 金野 敬

立派な志で営業されているんですね。
浅草雑食日記も応援します。

美味しいナポリタンをリーズナブルに食べたい方は是非是非ー。
卵のせ納豆パスタ(500円)や
アボカドがごろごろした豪華なパスタ(たしか850円?)なんかもあります。

ご興味あればご来店アレ!

Ks cafe 地図
<Ks cafe>
東京都台東区雷門1-10-1 TEL:03-5246-4393
営業時間:6時~18時 定休日:日曜日