西浅草3丁目

こだわりワイン酒場 ヴィンゴ

こだわりワイン酒場 ヴィンゴ こだわりワイン酒場 ヴィンゴ 外観

今日は国際通りのほうへディナー。
訪れたのは「こだわりワイン酒場 ヴィンゴ」です。

お店は田原町駅から国際通りをずっと北上してビューホテルの手前。
ドンキホーテがある交差点を過ぎて、ちょっと歩いたぐらいのところにあります。
入り口は小さいですが、真っ赤な目立つ看板があったり、
お店の目の前に樽が置いてあったりですぐに分かるかと思います。
うん、店構えからなかなかオシャレそうな雰囲気(´∀`)

基本的に自分はランチ優先で特攻しています。
いちおう「浅草・グルメ・ランチ 浅草雑食日記」って名前でやってますし(笑) なので、このお店はランチメニューを扱っていなかったのでずっと後回しにしていました。
しかし、この張り紙を発見してしまい・・・

こだわりワイン酒場 ヴィンゴ

生ビール、グラスワインが100円( ゚∀゚)・;’.、グハッ!!

しかも何杯でもだと!?
8月中限定とはいえ、なんたる太っ腹。

というわけで今回ディナータイムで特攻してきた次第です。

ああ、そうさ、ここは浅草低予算グルメサイトなのだ!
え?グルメサイトが期間限定でしか受けれないサービス紹介しても仕方ない?
それは認める!でも行く!!
だって安く飲みたいんだもん!!(←自分勝手)

こだわりワイン酒場 ヴィンゴ

ってなワケで乾杯ー!! (*^o^)っ凵

ビールは張り紙どおりで1杯100円。
一緒に映っているのはお通しで、ホタテのムースがバケットの上に乗っています。
なんか高級感とオシャレ感が同居したお通し。
お通しでマカロニサラダや冷奴しか出してこないチェーン居酒屋とは違いますね(笑)

ホタテ、めっちゃうまいっす。
口の中でひんやりした甘みが心地よく広がっていきます。

こだわりワイン酒場 ヴィンゴ

こちらはガリの鶏肉のオリエンタルサラダ(730円)。

ガリっていうのは、ハイ、あのお寿司についてくるガリです。
シーザーサラダテイストのサラダにたっぷりのガリと鶏肉とピーナッツを入れたような感じ。
ガリの甘酸っぱい酸味とピーナッツのコンビがなかなか合ってます。
ビールより赤ワインとかに合いそうな味ですな( ・∀・)

こだわりワイン酒場 ヴィンゴ

次に燻製ベーコン(620円)。

写真だとわかりづらいですが、けっこう大きいですコレ。
ナイフで切り分けて、赤たまねぎのジャムやマスタードをつけていただきます。
カリカリになった表面の風味と、中から溢れてくるジューシーな肉汁がステキです。
ボリュームの割りに値段もそんなに高くないし、こりゃイイや。

こだわりワイン酒場 ヴィンゴ

そして、アンチョビピザ(840円)。

ふんわりとした厚手の生地のボリューミーなピザ。
塩気のあるアンチョビに多数の種類のチーズをたっぷりとかけていて、
マイルドかつ濃厚な味わいのガッツリ系ピザです。
こりゃあ酒が進む♪
っていうか、味が濃厚すぎて酒がないとキツイぐらいかも(笑)

ゴチソウサマー。

料理は3品しか注文しませんでしたが、結局ビールとワインを2人で12杯。
それだけ飲んでお会計たったの3,930円なーり。
期間限定サービスって素晴らしい・・・・。

オープン2周年企画ってことは、来年の8月もやってくれるのかな。
ワクワクしながら待っていることにしましょう(笑)

あ、期間限定サービスなんてなくても十分に良いお店です。
料理はどれもオシャレで値段以上のモノを出してくれているなと思いました。
このお店の前を通りかかると平日休日問わずでかなりお客入ってますし、
近所の人々の間では人気が高そうです。

デートにも、ふらっと一杯飲むにも使いやすいお店です。
興味があれば来店アレー。

【関連リンク】
こだわりワイン酒場ヴィンゴ 浅草店 公式Facebook
こだわりワイン酒場ヴィンゴ 浅草店・小岩店 公式ブログ
食べログ 「こだわりワイン酒場ヴィンゴ 浅草店」
旨いレストランガイド in 東京 「こだわりワイン酒場 ヴィンゴ (ワイン) 浅草 ☆☆☆3.0」
Retty 「ヴィンゴ 浅草店」
UFO INC. 「浅草のワイン酒場」

こだわりワイン酒場 ヴィンゴ 地図
<こだわりワイン酒場 ヴィンゴ>
東京都台東区西浅草3-1-10 埼玉家ビル 1F TEL:03-6802-7175
営業時間:【平日】17時半~24時、【土・日・祝】11時半~24時 定休日:毎週月曜日

新日本料理 越後家

新日本料理 越後家 新日本料理 越後家

今日は国際通りを北上して西浅草3丁目のほうへ。
訪れましたは「新日本料理 越後家」です。

「えちごや」っていうと、どうしても時代劇でお代官さまと悪巧みしてるイメージがありますが、
もちろんちゃんとした飲食店ですよ(笑)
名前のとおり、日本料理をメインメニューとして扱っています。
あ、「日本料理」って看板掲げてると敷居が高いのかなって思ってしまうかもしれませんが、
印象的には普通の個人経営の和食系居酒屋さんって感じなので気軽に入れます。

写真撮るの忘れましたが、玄関にはからすみが干してありました。
こういうの目に入ると口の中に唾液が出てきて食欲が♪ヘ(゚▽゚ヘ)

店内は和テイスト全開で、かなり綺麗にされてます。
そんなに古くからある店ではないのかな?
それとも改装してまだ間もないんでしょうか。

客席はカウンター席が6つ程度、4人掛けテーブル席が座敷席と合わせて5つほど。
1人でも多人数でも使いやすくなっています。

・日替わりランチ 700円
・鶏の唐揚げ定食 750円
・豚の生姜焼き定食 810円
・焼き魚定食   860円
・すきやき定食 1,300円
・天麩羅定食 1,310円
・和食膳   1,470円
・石焼鯛めし(刺身付き) 1,900円

これがランチメニュー。

ただし、コレもしかしたら平日限定のメニューかもしれません。
だいぶ前にお店の前を通りかかったとき(たしか土日)に見たメニュー表だと、
全体的にもっと高い、1200円~1800円ぐらいのラインナップだったような気がするんですよね。
平日と休日でランチメニューが違うのか、ごめんなさい未確認。m(_ _)m

新日本料理 越後家 新日本料理 越後家

今日は日替わり定食(700円)を注文しました。
内容は鶏の塩焼きです。

鶏のもも肉を2枚丸焼きにして、シンプルに塩で味付けしたもの。
味付けはやや薄めで、脂身も少なめ、でも非常に柔らかくて食感がいいです。
ちょっとジューシーさに欠けるかな?
あっさり系が好きなひとにはいいかもしれないけども。

自分はキャベツについていたマヨネーズを使って食べました。
からしもついていたけど、相性的にはマヨネーズに軍配上がっちゃうヽ(*゚ー゚*)ノ

味噌汁の具は大根とタマネギとニンジン。
ちょっと味噌汁としてはシャキシャキ感が残りすぎかも。
個人的にはもっと具がグデグデで柔らかくなってるほうが味噌汁とマッチして好きです。

ゴチソウサマー。

700円のランチとしては十分なクオリティだと思います。
ほかのメニューはちょいと値段が上がってくるんで、日常的には頼みづらいラインになっちゃいますが。
まぁ、でもお店の雰囲気が良いから落ち着いて食事することができるし、
そこは空間料ってみればいいのかな。

ご興味あれば一度来訪あれー。

新日本料理 越後家 地図
<新日本料理 越後家>
東京都台東区西浅草3-1-2 TEL:03-5828-5152
営業時間:11時半~14時半(土日祝は12時~15時)、17時~24時 定休日:毎週月曜日

浅草今半 国際通り本店

浅草今半 国際通り本店  浅草今半 国際通り本店

浅草の低予算ランチを貪り続けるこの浅草雑食日記。
今日は久しぶりに豪勢に攻めてみました。
浅草今半 国際通り店」です。

この今半は浅草では説明不要の超有名店。
明治28年の創業から極上のすき焼きを提供し続けています。
ちなみに仲見世通りの裏にある浅草今半別館や、人形町今半はここの暖簾分け。

さてさてこの本館、改装してからまだそれほど経っていないのもあって、内装・外装ともに非常に綺麗です。
暖簾をくぐると、まずはいかにも高級懐石って感じの玄関。
混雑時はここでゆったりと待つことができ、お土産品なんかも購入することができます。
店員さんは常時数人待機、レジカウンターも2つあって、とにかくお客様の快適さを考慮したスタイル。
いやぁ、やっぱスゴイっすね。

1F奥に通されるとそこには明るく広々とした快適な空間が広がっていました。
6人掛けテーブルが3つ、4人掛けテーブルが2つ、2人掛けテーブルが1つ、
あとは小上がりの4人用の座敷席が4、5つ程度。
今回は確認できませんでしたが、2Fには個室の座敷席、3Fには大きな宴会部屋があるそうです。

・百年牛丼(1日20食限定)    1,575円
・明治すき焼き丼(1日20食限定) 2,100円
・ステーキ丼(1日20食限定)   2,625円
・二段重(1日20食限定)     3,150円
・刺身昼膳           3,150円
・すき焼き昼膳         3,675円
・しゃぶしゃぶ昼膳       3,675円
・すき焼き昼懐石        5,250円
・しゃぶしゃぶ昼懐石      5,250円
・浅草今半御膳         8,400円

以上が開店から15時までやっているランチメニュー。
ランチで8,400円って(汗)
普段ワンコインランチばっかり食ってる身分としては震えるぜコノヤロー!(゚д゚)/

浅草今半 国際通り本店  浅草今半 国際通り本店

もちろん注文したのは百年牛丼(1,575円)です。
だ、だって浅草雑食日記はそういうサイトだものっ!

この百年牛丼はどちらかというとすき焼き丼に近いテイストですね。
すき焼き肉、たまねぎ、グリンピース、豆腐、細切りこんにゃくがどんぶりに乗っていて、
甘い割り下のような味付けで調理されています。

うん、当然のことながらお肉が激ウマです。
柔らかいけどちゃんと食感があって、割り下で付けられた甘い味付けの奥から
ちゃんとお肉自身の甘い旨みが染み出してきます。
このへんはさすがすき焼きの老舗、って感じですね。

ただ残念だったのは、これをどんぶりとしてみたときに微妙かなって思った点。
肉の味付けとしては最高の割り下なんですが、ご飯に大量に染み込んでいるとちょっと甘過ぎかなと。
割り下をご飯にほんの少しだけ染み込んでる程度に抑えておけばもっと美味しく頂ける気がします。

あとこんにゃくがちょっと悪印象。
もっとしらたきのように細いほうが肉やご飯と一緒に口に放りやすいし、
こうして肉の下に敷き詰められると、お肉のかさ増し目的なのかなって印象を受けてしまいます。
どういう意図があって肉の下に敷き詰めているのかわかりませんが、
見えるように脇に添えるようにしたほうがいいのでは?

一緒にセットで付いてくる赤だし汁はワカメ、なめこ、豆腐が入っています。
少し味が濃いめって以外はとくに良くも悪くもないかなぁ。
きゅうりと大根の漬物、紅しょうがも特に印象なし。

ゴチソウサマ。

1,575円の高級牛丼。
肉そのものはたしかに美味しいんですが、ご飯や他の具材と一緒になった「牛丼」としてみたときは
それぞれがあまり仲良くなれていない感じでもう一歩って感想ですね。
うーん、ちょっと惜しい牛丼かなと。

しかし店内の雰囲気は抜群にいいですし、なにより接客レベルがもうこの上なし。
全体的に丁寧なのはもちろん、挨拶、手際の良さ、気の利き方が完璧です。
そんな中で食べる牛丼としてみればこの値段でも不満はないかも。

やっぱり次はすき焼きって形でこのお店をレビューしたいですね。
それが一番このお店の地力を計れるし。

さーて、頑張ってお金持ちになろーっと(笑)

浅草今半 国際通り本店
<浅草今半 国際通り本店>
東京都台東区西浅草3-1-12 TEL:03-3841-1114
営業時間:11時半~21時半 定休日なし