浅草3丁目

スイーツスタジオ ベルノート

スイーツスタジオ ベルノート スイーツスタジオ ベルノート

今日は甘いものを買いにいってきました。
訪れたのは「スイーツスタジオ ベルノート」です。

場所は浅草3丁目。
ひさご通りのアーケードを北に抜けて30メートル程度の場所に右手にあります。
外観がオシャレで目立っているのでわかりやすいかと思います。

ここはショコラティエの巨匠・上野博史氏がオープンさせたお店で、
自分は何度も訪れていますが本当にハズレがないとっても美味しくてオシャレなスイーツ屋さんです。

見てください。
このケーキや焼き菓子の数々。

スイーツスタジオ ベルノート

スイーツスタジオ ベルノート

スイーツスタジオ ベルノート

スイーツスタジオ ベルノート

もうディスプレイも見ているだけでヨダレが出てきそうな(笑)

これが季節やイベントに合わせてけっこうな頻度でラインナップが入れ替わります。
そのときそのときのフルーツの旬をしっかりと追いかけていて、
商品に対しての強いこだわりを感じます。

スイーツスタジオ ベルノート

スイーツスタジオ ベルノート

スイーツスタジオ ベルノート

こちらはふわとろチーズケーキ。
サイズはホール3号でお値段は税抜き1,280円。
名前のとおり、柔らかくてとろりとした食感が非常に心地よくて、1人ででもペロリといけそうな軽いスイーツです。

スイーツスタジオ ベルノート スイーツスタジオ ベルノート

価格帯はそのへんのケーキ屋よりほんのちょっとお高めではありますが、
それを十分に補ってあまりがあるぐらいに美しくて美味しいケーキのラインナップです。
是非一度お試しあれー。

個人的には、浅草でケーキを買うならこのベルノートかISOかどちらかではないかと思います。
もしスイーツ好きなら食べ比べを楽しんでみてくださいっ!

【関連リンク】
スイーツスタジオ ベルノート ブログ
食べログ 「スイーツスタジオ ベルノート」
マカロニ 「浅草ベルノートの『クロスタータ』はスイーツ界大注目の洋菓子」
「美味しい!」が好き 「浅草観音裏界隈-スイーツスタジオ ベルノートのケーキ」
浅草のグルメ・観光情報を発信! 「下町 浅草で、スイーツといえば・・・ベルノートさん」

スイーツスタジオ ベルノート 地図
<スイーツスタジオ ベルノート>
東京都台東区浅草3-38-5 TEL:03-5603-0037
営業時間:10時~19時 定休日:毎週水曜日

とんかつ とん将

とんかつ とん将 とんかつ とん将

今日は浅草3丁目のほうへ。
「とんかつ とん将」を訪れました。

お店は浅草3丁目の裏路地にあります。
5656会館のところから北に入って1つめの曲がり角を右に入ったところ。
浅草寺のすぐ裏手でありながら、観光客はまず足を運ばない立地です。
でも実はけっこう良さげな雰囲気のお店が並ぶ味のある通りなのですよココ。
アニマル浜口のトレーニングジムも近いし(←関係ない)

アニマル浜口
↑もしかしたら親子で食べにきたりもしてるかもね

さて、このとん将なのですが、先に言っておきますと、
絶対に平日のランチで訪れたほうがお得です。

夜や土日に定食系を頼むとどれも1,500円を超えてしまうのですが、
平日のランチタイムであれば、全く同じクオリティのものが900円前後で食べられます。
低予算グルメを志す我が浅草雑食日記としては、これは譲れない部分。
繰り返します、平日ランチタイムで攻め込むようにしましょう。

ただし、ここは知る人ぞ知る人気店。
お昼ど真ん中の時間帯はすんなり入れないこともありえるので、
できれば時間をちょいハズして訪れたほうが良いかもです。

さて、自分が訪れたのは13時過ぎ。
店内はカウンターが数席と、2人掛けと4人掛けのテーブルがちょっとだけ。
一度に多くのお客は入れません。
お客のピークは過ぎていましたが、それでも席のほとんどは埋まっていました。

ロースカツ       900円
ひれカツ        1,000円
メンチカツ       900円
チキンカツ       900円
カニクリームコロッケ  900円
ハンバーグステーキ   950円
カツカレーライス   950円
かつ重 or かつ煮   1,000円

上記がランチタイム(11時半~14時)のメニュー。
どれもご飯、味噌汁、お新香、小鉢がついてきます。
うん、手ごろな価格帯であるっ!

ヒレカツを注文し、到着を待っている間、
女将さんが常連さんと仲良くしゃべっておられました。
うん、気さくで丁寧で感じの良い女将さん。
こういう方が接客を担当していると居心地が良くてイイですね。
通いたくなるお店って、やっぱりそういう部分が大事になってくると思います(*´ω`*)

ひれかつ定食

さてやってきました。
ヒレカツ定食(1,000円)です。

大きくて分厚いヒレカツが4枚出てきました。
定食としてはボリューム十分ですね!
そしてご飯、味噌汁、お新香、小鉢を含めた全体写真を撮り忘れたことは秘密。

ひれかつ定食

ヒレカツの断面。
めっちゃ肉厚なのがわかるかと思います。

そしてお味も抜群!
衣はサクサクだし、お肉は非常に柔らかくて口の中で甘みがふわーっと広がります。
ヒレカツなので脂分は当然少ないわけですが、お肉の味はとっても濃厚。
ご飯によく合う、最高のおかずでございます。
うまし!

どんぶりグランプリ すたみな丼 どんぶりグランプリ すたみな丼

あと、こっちは「すたみな丼(1,000円)」です。
これは台東区で開催されていたどんぶりグランプリというイベントに出品していた物で、
そのときだけの限定メニュー。
ヒレカツの層に大きなニンニクの欠片を挟み込んでいて、焼きししとうも追加されています。

ちょっとニンニクの主張が強くてヒレカツと仲悪い感じがするかな。
ニンニクをもうちょっと小さく刻むとかしてくれたらまた変わるのかもしれないけど。
グランプリ狙うにも従来のヒレカツにニンニクを挟んだだけなので、シンプル過ぎて工夫って部分で弱いかも。
ヒレカツ単体はめっちゃ美味しいので残念 (;一ω一||)

ごちそうさま!

すたみな丼はちょっとアレな感じもしましたが、
普通のカツ系はどれも絶品です♪
ミックスフライ定食っていうのも過去に食べたことがありますが、
どれもクオリティが高くて美味しかったです。

とん将のミックスフライ定食
↑ミックスフライ定食。ヒレカツ、カニクリームコロッケ、エビフライ、そしてなぜかハンバーグまで。

まぁ、ミックスフライはランチメニューではないため少々お値段が張りましたが(汗)
是非とも平日お昼のコスパが良い時間帯にお越し下さいまし。
浅草でとんかつ食べるならオススメです!

【関連リンク】
食べログ 「とんかつ とん将」
我は偏食を愛す。 「とんかつ とん将」
夢酔亭主人のオムライス食日記 「とんかつ とん将」
DoDoらいふ 「とんかつ とん将」

とんかつ とん将 地図
<とんかつ とん将>
東京都台東区浅草3-22-4 TEL:03-3872-7645
営業時間:11時半~22時(日曜祝日は21時まで) 定休日:毎週火曜日

ホームベーカリー あんです MATOBA

ホームベーカリー あんです MATOBA  ホームベーカリー あんです MATOBA

前回に続き、今回も浅草3丁目のほうへ。
訪れたのは「ホームベーカリー あんです MATOBA」です。

お店の位置は言問通り沿いで、浅草寺と浅草神社の間を抜けた交差点のところ。
レンガ造りのビルの1Fにおさまっています。
浅草では数少ないベーカリーのひとつ。

お店の存在は知っていたものの、自宅からはちょっと距離があることもあって
今回初めての来訪になりました。

さーて、どんなパンがあるのかな(´・ω・`)?
こしあんぱん、小倉あんぱん、京風あんぱん、ずんだあんぱん・・・。
あ、この列は全部あんぱん系ばっかりか。

どれどれこっちの列は・・・

えーと、白あんぱん、マロンあんぱん、黒ゴマあんぱん、うぐいすあんぱん、
桜あんぱん、パンプキンあんぱん、抹茶あんぱん、芋あんぱん、塩あんぱん、
杏あんぱん、柚子あんぱわあぁぁぁぁ!あんぱんばっかりっ!!Σ(゚д゚lll)

ホームベーカリー あんです MATOBA  ホームベーカリー あんです MATOBA
↑写真に写っているものは全部あんぱん(左)(右)

そう、実はこのベーカリーはあんぱんに特化されたお店だったのです。
それ以外のパンやサンドイッチなども置いていますが、それはごく一部。
ざっとみて40種類以上あんぱんが並んでいます。
なるほど、「あんです」って店名はそういうことか (;・∀・)

調べてみたら納得、ここは餡子製造で有名な的場製餡所の直営のお店なんですね。
自社で扱っている30種類以上の餡を使ってこうしてベーカリーを開いているわけです。
へぇーっ、なんかこういうのおもしろいなぁ。

ホームベーカリー あんです MATOBA

レジカウンター横のガラスケースには餡そのものや甘納豆なども売ってきました。
種類も多くて、おしるこやぜんざいを自宅で作る人にはいいですね。
こだわりの餡子でおいしいものが作れそう。

ホームベーカリー あんです MATOBA  ホームベーカリー あんです MATOBA

塩餡子の栗入りのヤツ(150円)を買いました。
正確な商品名を失念、スンマセン(*_ _)

餡の甘さはやや控えめ、ほんの少量だけ加えられた塩が味に非常に深みを出していました。
口当たりもよくて、さすが製餡所直営といったところです。
小さく刻まれた栗の餡との相性の良さは言わずもがな。
パン生地そのものもふっくらとしていてイイ感じ。
どこに出しても恥ずかしくないクオリティのおいしいあんぱんでした。

ホームベーカリー あんです MATOBA  ホームベーカリー あんです MATOBA

こちらは新商品と書いてあった、あんこのデニッシュ(170円)。

かなり重量感があってずっしりしていました。
それもそのはず、デニッシュ生地と餡子の間をよく見ると、スポンジのような生地が挟まってるのです。
この部分はどらやきの生地のようにしっとりとしていて、
洋風な見ためを大きく裏切る、極めて和風な味と食感を出していました。

うーん、その人の好き嫌いによるもんだろうけど、個人的にはちょっとアレかな。
デニッシュ生地とスポンジ生地のコンビがいまいち好きになれないっす。o(´^`)o ウー

ホームベーカリー あんです MATOBA  ホームベーカリー あんです MATOBA

これは餡系ばっかり食べてもなぁと思って購入したメンチカツサンド。
本来は260円ですが、毎週木曜は調理パン20円引きのようで、240円で購入できました。

あんぱん専門店だしねってことで特別期待はしていなかったんですが、これが意外になかなか美味。
肉はジューシーだし、衣に染み込んだケチャップベースのソースもおいしいです。
ちょっと嬉しい誤算っすね。

ゴチソウサマ。

あんぱん好きにはたまらないお店でしょうねぇ。
ここまであんぱんのバリエーションが豊富に揃っているお店はみたことがありません。
製餡所直営だからこそできる大胆な経営方針です。

個人的にちょっと感じたのは価格面でしょうか。
あんぱんは大体150円程度で売られているんですが、サイズ的にみるとちょっと割高感があります。
もちろん良い餡を使っていますし、全て手作りだからというのもあるんでしょうけども、
特別あんぱん好きじゃなかったら日頃から足を運ぶには躊躇がある値段かも。
120円~130円ぐらいだったらありがたいなぁ(←ワガママ)
ひとつひとつが安かったなら、いろんな味を試したくて複数買いたくもなりますしね。

あんぱん好きよ、浅草に集まれっ!

ホームベーカリー あんです MATOBA 地図
<ホームベーカリー あんです MATOBA>
東京都台東区浅草3-3-2 TEL:03-3876-2569
営業時間:9時~18時半 定休日:日曜祝日