寿4丁目

菓子屋 タルティーヌ

菓子屋 タルティーヌ  菓子屋 タルティーヌ

梅雨入りしたにも関わらず、天気図に梅雨前線がないというおかしな天気。
まぁ、自分は雨好きじゃないんで、降らないならそれで嬉しいんですけどね。

今日はケーキ屋さん「菓子屋 タルティーヌ」にお邪魔しました。

お店の場所は寿4丁目。
どらやきのおがわつくも、100円ローソンの並びにひっそりと建っています。
看板もそこまで目立っていないので、お店の前までこないとそれがケーキ屋だということはわかりません。
外装を目立たせないことで隠れ家的雰囲気が出ていて良いですが、新規顧客はゲットしにくそうな。
こういうのって一長一短っすね。(*゜ヘ゜*)

小さな外観通り、店内もかなりこじんまりとしています。
でもウッディーでしっとりとした落ち着きのある空間は良い感じ。
お姉さんが1人で接客カウンターに立っていました。

菓子屋 タルティーヌ

ショーケースの中のケーキたち。
シュークリームが250円、ケーキ類はだいたい300円~500円程度でした。
サイズから見るとちょっとお高いかな?
もう50円ずつぐらい安いとだいぶ印象も変わるんですが。

菓子屋 タルティーヌ

こちらは店内に並べられていた砂糖菓子。
『国内に残り少ない職人さんたちの手作りの品です。
1つ1つの表情も違い、見ているだけでも楽しい砂糖菓子』
というポップがついていました。

たしかにクオリティ高くてカワイイですね。
これ買って帰っても食べるのもったいなくて、そのまま置物にしちゃいそう(笑)

ほかにもスコーンとか心引かれるもの多かったけど、
とりあえずショートケーキとチョコレートケーキの2種を購入して帰宅ー。

菓子屋 タルティーヌ  菓子屋 タルティーヌ

これがチョコレートケーキ(450円)。
イチゴ、柑橘、ベリーが乗っけられています。

チョコクリームは濃厚だけど甘過ぎず、けっこう好みです。
上品な味が好きなオトナでも美味しく食べれるおいしいチョコクリーム。

ただ残念だったのはスポンジ。
世間一般のケーキ店のスポンジよりも、かなりしっとりとした仕上がりで作られているんですが、
ちょっといくらなんでも固すぎるかなと思いました。
スプーンが入らなくて、無理やり力で押し切ろうとするとクリーム部分から潰れて
ケーキ全体が崩壊してしまいます。

食べてる最中にケーキがおいしくなさそうな無残な姿になるので、
コレはちょっと残念ポイントだと思いました。
「しっとり」と「柔らかさ」が共存してたら良かったのにー。

菓子屋 タルティーヌ  菓子屋 タルティーヌ

こちらはショートケーキ(450円)です。

これも感想はチョコレートケーキとほぼ同じですね。
クリームは美味しいんだけどスポンジが固過ぎて、食べてるうちにケーキ崩壊(汗)
しかもこちらのほうがクリームの層が厚いので、余計に崩壊しやすくなってます(´◇`;)
ギャース!!

ゴチソウサマー。

味はイイと思うんですけどね、
WEBで評判調べると誉めている記事が多いですし。
個人的にはやはりスポンジが残念でした。

けっこうこのあたりもケーキ屋さんが密集してきました。
ISOテスタロッサカフェシーラボプロジェクト、なかなかの激戦区です。
個人的にはこういう小さな隠れ家的お店が活躍してくれるのは嬉しいので、
是非ともがんばってもらいたいもんです。

浅草でケーキといえばココ、みたいになってね!

菓子屋 タルティーヌ 地図
<菓子屋 タルティーヌ>
東京都台東区寿4-12-6 TEL:03-6231-7957
営業時間:11時~19時 定休日:火曜・日曜

シーラボプロジェクト

<※閉店してしまいました(2013/07/01記)>

シーラボプロジェクト  シーラボプロジェクト

新年明けましておめでとうございます。
今年も浅草雑食日記にお付き合い宜しくお願いします。

さてさて新年一発目は最近新しく出来た洋菓子屋さん、
C*LAB PROJECT(シーラボプロジェクト)」です。

お店は浅草通りに面していて、浅草NTTやセブンイレブンのお向かいあたりにあります。
決して派手な外観ではないですが、まわりの建物に全く溶け込んでいないのですぐにわかるかと。
その雰囲気に良くも悪くも浅草っぽさは全くないです。
っていうかそもそも外から見ていったい何屋さんなのかもわからん(笑)

内装は外観以上にオシャレで、石造りながらウッディー感の溢れる隠れ家的雰囲気。
入り口入ってすぐの窓際には2人掛けのテーブルが5つ程度、
右手には多種多彩な焼き菓子たちがずらりと並んでいました。
奥にいくとパンやケーキのディスプレイと、外から全貌が確認できる大きな厨房が。
外観で想像してたより意外なほど店内は広いですね。

シーラボプロジェクト  シーラボプロジェクト

焼き菓子やパンよりはケーキ気分だったんでケーキのディスプレイ前へ。
他所ではあまり見かけないようなオシャレな物がたくさん並んでいました。

ショコラルージュ・・・420円
ベルギー産クーベルチュールにフランボワーズピューレをたっぷり練りこんだ
フルーティーなチョコムース。

エフ・ロール(スモール)・・・・350円
ふわふわのしっとりスポンジでフレッシュクリームと色とりどりのフルーツを
たっぷり巻き上げました。

キャラメルノア・・・・450円
なめらかで濃厚なキャラメルクリームとキャラメルかけした香ばしいクルミ、
ダコワーズ生地を合わせました。ねっとりとした口当たりが勝負のショコラクレール、
クルミで食感にアクセントを加え、最後まで飽きずに食べられます。

プラリネオランジュ・・・・480円
自家製にこだわったプラリネとオレンジのコンフィーを使ってムースリーヌに仕立て上げました。

テヴェール・・・・420円
通常よりも溶かしバターを多く練りこみ、しっとり焼き上げたビスキュイダマンド。
生地の美味しさを最大限に引き立てるため、クリームの軽さ、量ともに計算し尽くされたお菓子。

上記はメニューのほんの一部。
まだまだほかにもオシャレなケーキがいっぱいあります。

シーラボプロジェクト  シーラボプロジェクト

シーラボプロジェクト

シュークリーム(230円)とエフ・ロール(350円)を購入して帰宅しました。

さてさてまずはシュークリーム。
一般のものと外皮が全く違っていて、ものすごく固いクッキー生地(?)が使われています。
食べる音がガリッとかザクッってぐらいのレベルの固さ。
コレ膝の高さからの自由落下ぐらいになら耐えれるんじゃないか(笑)
でもほんのり甘くてものすごく美味しい生地です。

中のクリームも濃厚で美味しく仕上がっています。
バニラビーンズが多めなのか、とてもバニラ感が前面に出ていますね。
個人的にかなりストライクな味のクリームです。
固いサクサク生地とも合っていて、全体として大好きの部類に入るシュークリームです。

お次はエフ・ロール。
エフってフレッシュのF?

いわゆるフルーツ入りのロールケーキですが、ちょっとこっちは期待ハズレかなぁ。
ウリだと思われるしっとりしたスポンジ部分はそこまでふわふわしていなくて、
逆に冷蔵庫で長いこと置いておいて湿気吸っちゃった安いスポンジってふうに感じてしまいます。
クリームは隠し味に何か入っているみたいだけど(うまく説明できないけどなんか水臭い感じ)、
逆にそれがノイズになってクリーム本来の美味しさの邪魔をしている気が。

個人的感想ですが、シュークリームは◎、ロールケーキは×。
うーん、総合して美味しいお店なのかはちょっと判断しかねるなぁ。。。
やっぱり焼き菓子系、パン系、チョコレート系ぐらいは一種類ずつ食べないとレビューになんないっすね。
近々もう一回アタックかけてきまーす。

あ、もしお店の方の目に留まったらありがたいんですが、ホームページなんとかならないですかねぇ。
サイト全体がデザイン重視過ぎてめちゃめちゃ重たいし、
商品も1ページ1商品しか表示されなくて手間がかかる上に説明や価格など一番お客がほしい情報がないしで、
凝りすぎて逆に使いづらいという、お客さんを逃がす典型のホームページになっちゃってます。

・・・なんとか改善できないですかねぇ?
なんか生意気ですいませんが、浅草自慢の良店になってほしいもので。

シーラボプロジェクト
<シーラボプロジェクト>
東京都台東区寿4-14-8 TEL:03-6802-7425
営業時間:平日10時半~19時半、日曜10時半~17時 毎週水曜日定休

九十九(つくも)

九十九  九十九

今日は寿のほうに足を伸ばしてみました。
訪れたのは「九十九(つくも)」です。

お店は寿のおがわや100円ローソンの並びにあります。
観光地からは離れているため、観光客はまずこのあたりまではやってきません。
小さなオフィスビルがたくさん並ぶ閑静な地域。

以前ここはたしかカーペットとかのアンティークものを扱っているお店だったような。
そのお店が閉店された後、この九十九が新しくオープンしました。
たぶん2、3年前ぐらいかな?

普段はふぐ、すっぽん、その他魚介類をメインにしている居酒屋さんで、ちょっとお高いお店です。
生ビールは630円するし、一番高いコースなんて軽く諭吉さんが吹っ飛びます。
低予算グルメ道を突き進むこのサイトとしては本来スルーの方向ですが、
なんとありがたやありがたや、平日お昼は低価格のランチを提供してくれているのです。
これは行かねば。

・お刺身定食          900円
・オクラと山芋と鮪の丼ぶり定食 900円
・イクラとサーモンの親子丼   850円
・真鯛とウニのあんかけ丼    900円
・天麩羅定食           900円
・赤魚の粕漬け 焼き魚定食   900円
・サバの味噌煮 煮魚定食    900円
・上うな重           2,100円

以上がランチメニューでした。
表の看板にあった鶏のつみれ汁定食(850円)と桜海老と玉ねぎのかきあげ定食(900円)は
どうやら日替わりメニューで毎日違うみたいです。
これだけ種類があればランチとしては十分すぎますね。

九十九  九十九

メニューに「つくも自慢!」って書いてあったお刺身定食(900円)を注文。

刺身は赤身×2、ハマチ×2、赤身のたたき、サーモン、ホタテ、イカ、サバなどなど、
900円の定食にはちょいと豪華過ぎるぐらいのラインナップです。
この刺身たちに加えてご飯、みそ汁、お吸い物、煮魚の小鉢、生野菜サラダ付き。
素敵過ぎます。

元々高級なコース料理を出すお店なだけあって刺身の質はどれもいい感じでした。
特に赤身は赤身と思えないほど口の中でとろけて消えていきます。
このぶんなら鮪丼定食も期待できそう。

刺身以外も安心のクオリティです。
ご飯がちょっと水分多めで、みそ汁の具の大根がちょいとシャキシャキ気味だったけど
まぁ、このあたりは好みの問題なのかなと。

煮魚の小鉢も美味。
でも一緒に入っていた根菜を細く刻んだみたいなものの正体が最後までわからず悩んでたりして。
ああ、こんなにモヤモヤするなら店員さんに尋ねときゃよかった(汗)

ゴチソウサマ。

今回初めて入ったお店でしたが、ここ当たりかもです。
刺身定食のクオリティからみるに、ほかを頼んでも丁寧ないい仕事をしたものが出てくるのは予想できますし、
13時過ぎなのにずっと途切れない客足もそれを物語っています。

よし、再訪決定。

九十九
<九十九>
東京都台東区寿4-12-7 第一矢口ビル1F TEL:03-3844-0099
営業時間:平日11時半~14時と17時~22時半、土曜祝日は17時~22時 日曜定休