浅草雷門バール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浅草雷門バール 外観  浅草雷門バール 外観

最近は暑くなったり寒くなったり、よくわかんない天候ですね。

なんかこういう気候の不安定さって年々目立つようになっているような気がします。
昔って「夏は暑い!冬は寒い!春秋ちょうどいい!」ってハッキリしていたように思うんですが。
単に年取って寒暖の変化に弱くなっただけ?(笑)

さてさて、今日はイタリア&スペイン料理のお店です。
浅草雷門バール」に行ってきました。

場所は雷門通り沿いのてんやのすぐ目の前。
稲庭うどんの無限堂や韓国焼肉の三元苑のすぐ近くの建物の2Fに入り口があります。
しかし妙に縦長で不思議なデザインの雑居ビルですねぇ。
オシャレなのかダサいのかわかりかねるデザイン(笑)
外観写真の丸いガラスの部分はエレベーターになっています。

けっこう入れ替わりの激しいテナントビルで、
それまでは海鮮居酒屋だったり、300円居酒屋だったりして落ち着きませんでした。
なんか方向性を見失ったお店が多かったような気が(笑)
たしかに観光客・地元民・企業戦士のどれを狙うべきか判断しづらい立地なんですけどね。

この浅草雷門バールがオープンしたのが去年の暮れ。
そしてなんとも嬉しいランチ営業を始めてくれたのが今年3月です。
ランチがあるなら行かねばと思って今回訪問です。

浅草雷門バール

上の写真がランチのレギュラーメニュー。
ピザ系が1,000円、定食系が900円、パスタ系が800円(大盛100円増し)となんともわかりやすい値段構成。
あとは日替わり(900円)が2種類用意されています。
まぁイタリア・スペイン料理のランチとしては手頃な値段設定ですね。

しかしなんと驚くなかれ、実はこの値段設定は超良心的なのです。
このランチ、メインディッシュ以外の充実っぷりがとってもステキ。

浅草雷門バール  浅草雷門バール

まずは前菜プレートとスープです。

水菜ベースの生野菜サラダには大きな生ハムがかぶさっており、なんだかゴージャス。
シャキシャキとした歯ごたえが心地よくて非常においしいです。
魚の南蛮漬けはさっぱりしていてお酢の具合がいい感じ、
玉子焼きは大きくてふんわり甘く、ピリ辛の豆の煮物は食事の良いアクセントに。

ミネストローネスープにはシェルマカロニや根菜がめちゃめちゃいっぱい沈んでいます。
スープというよりは、お腹に溜まる食事のひとつとして成立しちゃってますね。
トマト風味も濃厚かつさっぱりで、何杯でもいけちゃうスープです。
しかもコレお替り可能♪

浅草雷門バール

パンとライスはどちらか好きなほうを選択できます。
ライスよりはパンを試してみたいと思ってこちらを選択しました。
適度に柔らかくてほんのり甘みのあるパンでした。
メインディッシュのソースに漬けて食べるのに適した、シンプルなものでした。
ちなみにこちらもお替り自由。

浅草雷門バール

そしてこれはドリンク。
ウーロン茶(左)とカンパリオレンジ(右)です。

なんでドリンクが2つあるかというと、このお店は普通にお冷としてウーロン茶を出してくれます。
まずそれで1つ。
さらに建物の入り口の看板にぶら下げられていた「本日のサービスチケット」使用によりドリンク1杯無料。
しかもその無料ドリンクは、なんとアルコールを選択してもOKなのです!
それで合計ドリンク2つってワケ。

いやぁ、オイシイですねこのサービス。
ランチタイムは毎日やってくれてんのかな?

浅草雷門バール  浅草雷門バール

さてさてメインディッシュです。
こちらはチキンのトマト煮(900円)。

運ばれてきたときからめちゃめちゃトマトのイイ匂いがしました。
あとからこうして写真で見てもヨダレが出る(笑)

チキンはおそらくモモの中でも脂身が多い部分を使っていて非常に柔らかくてジューシー。
濃厚なトマトソースが良くマッチングしています。
シイタケの食感はいいアクセントになるし、ボイルされたブロッコリーも柔らかくて美味しいです。
ブラボー!(∩´∀`)∩ワーイ

浅草雷門バール  浅草雷門バール

こちらは別で頼んだ日替わり(900円)。
内容はイタリアン酢豚です。

豚肉が一口大ではなく一枚肉でやってきたのにビックリしました。
しかもまさかの鉄板乗せだし。
脇には一緒にマッシュポテトとパインが乗っています。
酢豚っていうか、ポークステーキの甘酢ソースがけって感じのビジュアルですね。

でも食べてみるとたしかに酢豚の味。
文句なしに「イタリアン酢豚」って名前どおりの味です(笑)
煮込まれている肉ではなく焼いている肉なので香ばしい香りがあって、
正直言って普通の酢豚よりこっちのほうが自分は好みですね。
うまいっすコレ。

ゴチソウサマー。

前菜プレート、スープお替り自由、ライス・パンお替り自由、ドリンク2杯、
それに加えてこのメインディッシュのクオリティで900円はかなり破格だと思いました。
いやぁ、アタリっすねココ。

お店の内装もバーチックでオシャレだし、居心地も良し。
店員さんの接客や気配りもしっかりされているし非常に良いランチをいただきました。
なかなかないよ、老舗以外でエレベーター閉じるまでちゃんと見送ってくれるお店(*・ω・)

ちょっと意外だったのはネットの評価が低いこと。
どの感想もランチではなく夜のディナータイムで利用したお客のものでしたが。
夜のメニューはそんなビミョーなんでしょうか (゚ペ)?
一通り眺めてみると味が濃すぎるとかの感想が目立ちましたが、
とりあえず今回頂いたメニューでは、自分は特にそういう感想は持ちませんでした。

夜はどうなのかわかりませんが、ランチ利用としては自分は申し分ないお店だと思ってます。
リーズナブルで美味しいオシャレランチ、是非一度お試しアレー。

浅草雷門バール 地図
<浅草雷門バール>
東京都台東区雷門1-16-9 YBCビル 2F・3F TEL:03-5830-7711
営業時間:11時半~23時 定休日:月曜(月曜祝日の場合は営業して翌日休業)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA