鳥越寿司

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥越寿司

前回に続き海鮮系シリーズです。
今日は雷門1丁目の「鳥越寿司」に行ってきました。

雷門通りのてんやの信号のところを南側に入ったところにあります。
路地に入って3軒目ぐらいの場所で、完全に住宅街の雰囲気の中。
観光客はなかなか入ってこないであろう立地です。

自分がサラリーマンだった時代はよくランチに利用していたお店です。
当時はマグロ丼やサーモン丼がランチメニューにあって、
味噌汁や茶碗蒸し、サラダまで付いて700円というすさまじい価格設定。
当時は本当にお世話になりました。

鳥越寿司

そして今回1年ぶりの訪問。
残念ながらランチメニューは完全に一新されてしまっていました。
価格帯はだいたい1000円~1800円程度。
やはり不景気とマグロ価格高騰の波には勝てなかったんでしょうか(涙)

お店の中は上品で高級そうな構えをしています。
10人ぐらい座れるカウンター席と4人掛け座敷テーブル席が2つ。
13時過ぎだったせいかお客はぽつぽつと数人だけでした。
やはり観光客よりは、ランチ利用のサラリーマンがメインの客層みたいですね。

鳥越寿司

海鮮ばらちらし(1000円)を注文しました。

ばらちらしのアップ写真しかなくて申し訳ないんですが、
これに加えてさらに味噌汁、生野菜サラダ、小鉢(海草系)が付いてきます。
全部並べるとけっこう壮観なぐらいのボリューム。

ばらちらしの具は、マグロ、鯛、サーモン、アジ、エビ、イカ、玉子焼き、大葉に加えて
なんと驚きのホッキ貝、ウニ、イクラ、白魚まで。
ちらし系の料理でここまで豪華なのは初めて見ました。
いくらなんでもゴールデンメンバー過ぎる(汗)

味もかなり良好。
ネタはどれも新鮮さを感じるし、酢飯も美味しいです。
かかっている白ゴマの風味とレモン果汁もなんとも名脇役。

なにより具材が小さく刻んであって、毎回口の中に放り込まれる具材のメンバーが違うこと。
このことによって毎回違う具材同士のハーモニーが楽しめて飽きが来ない。
量が多いのに最後の一口までずっと楽しめるばらちらしですね。
ゴチソウサマ。

1000円の海鮮系のどんぶりものとしては文句なしの一品です。
味、量、値段、非の打ちどころがないランチメニュー。
お昼時に近くまでお越しの際には是非是非どうぞ。

鳥越寿司
<鳥越寿司>
東京都台東区雷門1-16-12 TEL:03-3841-4984
営業時間:平日11時半~22時、平日11時半~21時半 火曜定休?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA