鰻 やっ古

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鰻 やっ古  鰻 やっ古

国産鰻高騰のニュースをあまりに耳にするので
こりゃ今のうちに浅草の鰻屋レビューを急がねばと「鰻 やっ古(やっこ)」へ。
行動の原動力はいつも貧乏性からくる強迫観念なワタシです(笑)

このやっ古は創業200年の超老舗の鰻屋さんです。
鰻の蒲焼の発祥がちょうどこの時代の江戸かららしく、もしかするとここが元祖の可能性もあるとか。
当時「奴鰻」という店名だったころは、ジョン万次郎や勝海舟といった著名人も訪れた記録があるそうです。
1850年頃に発行された「江戸前大蒲焼番付」では旨い鰻の筆頭と書かれていたり、
昔から人気のある鰻屋さんだったようですね。

ただこのお店、現在は休日でも行列などはほとんどできません。
これは人気がなくなったというよりは、営業時間が幅広く、店内の席数がかなり多いためでしょう。
店内に入ればどんな時間帯もそれなりにお客が入っています。

さてさて今回訪れたのは14時頃。
ドアを開けると上品な着物の店員さんが丁寧に席まで案内してくれます。
お店の内装は超綺麗でエレガント。
1階は4人掛けのテーブルが10つ程度、2Fや3Fは座敷の個室になっているみたいです。
時間と天候の悪さもあって席の埋まり具合は2割程度でした。
高いメシ食べるときはこれぐらいが落ち着けていいや。

・うな重 椿    2,500円
・うな重 梅    3,150円
・うな重 桜    4,100円
・うな重 桐    6,100円
・うな重定食 椿   3,400円
・うな重定食 梅   4,050円
・うな重定食 桜   5,000円
・うな重定食 桐   7,000円
・ランチうな重   2,300円

ほかに会席料理もありましたが、うな重のラインナップは大体こんな感じ。
椿、梅、桜の順に「鰻の質」がグレードアップ、桐は桜の鰻が2本になるそうです。
うな重には肝吸いとお新香、うな重定食には肝吸いと特製奈良漬とデザートが付きます。
ランチうな重は、お吸い物と漬物付きになります。

鰻 やっ古  鰻 やっ古

もちろん選択したのは一番安いランチうな重(2,300円)。
このサイトの趣旨的には鰻ってだけでかなり無理してるので、もう当然の選択です(笑)

写真だとわかりづらいですが重箱はちょっと小さいです。
女性はいいかもしれませんが、成人男性にはちょっと物足りない量かと。
あとはお吸い物(肝吸いではない)と、お新香が付いてきます。

お新香に少量ながら奈良漬が混じっていました。
奈良漬はうな重定食にしか付かないみたいなこと書いてあったのでちょっとラッキー。

鰻はかなり柔らかいですね。
身は崩れる寸前まで蒸してから焼いてるらしく、箸を入れると簡単に切り取ることができます。
そのせいで鰻のふっくら感っていうのはほとんどないですが、とにかく口溶けがバツグン。
うん、これはこれでありですね。
「バカモン!ふっくらしてこそ鰻だ!」って人には向かないかもしれませんが。

タレは江戸前伝統の薄口仕上げ。
他所のうな重だとタレが甘すぎてご飯と合わない場合がけっこうありますが、
ここのタレはご飯と相性が良く、たっぷり染み込んでいても美味しく頂けます。

お吸い物と奈良漬はまぁ、普通に美味しい感じ。
あまり特筆することはないかな。
なんか上品な味がするとしか表現できない(苦笑)

ゴチソウサマ。

とにかく口溶けを追求した、かなり柔らかめの鰻でした。
鰻のふっくら感にこだわりなければ十分に楽しめる鰻かと思います。
若干量が少ないですが、まぁ鰻ってそんなにガツガツ腹いっぱい食べるもんでもないしってことで。

あと高級会席みたいな雰囲気の店内なので非常に居心地がいいです。
接客も徹底して磨かれていますし、接待でも観光に来た家族連れでも良い気分で食事できるのでは。
長い行列に並ぶ必要がある色川や、予約が必要な初小川に比べると使い易いですしね。
ランチタイムが16時までと長く設定されているのも魅力的です。

ビバ☆やっ古。

鰻 やっ古
<鰻 やっ古>
東京都台東区浅草1-10-2 TEL:03-3841-9886
営業時間:11時~21時 毎週水曜定休日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA