浅草 浪花屋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浅草 浪花屋  浅草 浪花屋

今日は国際通りをビューホテルに向かって進軍。
普段はあまりこのへんに足を伸ばさないんですが、新しいたい焼き屋が出来てるってことに興味を持ちまして。
しかもかなり近い位置に2軒もと言われればこれは行かねばなるまいっ。

ひとつは今日訪れたこの「浅草 浪花屋」です。
たい焼きに詳しいたい焼きマイスターな人には聞き覚えのある名前かと思います。
そう、ここはかの有名なたい焼き店「麻布十番 浪花家総本店」から暖簾分けしたお店。

もうひとつは文句なく浅草ナンバーワンのたい焼き屋「写楽」の2号店ですが、
こちらは後日またあらためて記事にするってことで。

さてさてこの浅草浪花屋、なかなか賑わっております。
浅草寺や隅田川といった浅草のメインの観光スポットからは少しずれてはいるんですが、
道行く人はみな「おいしそう」と言ってその足を止めています。
1個150円からテイクアウト可能っていうのもいいですね。
食べ歩き用にちょっと買ってみようかって気にさせてくれますね。

店内は綺麗にモダンな感じで仕上がっています。
まだオープン間もないので綺麗なのは当たり前と言えば当たり前ですが(笑)
風通しのいい落ち着ける空間になっていて、これからの季節にはいい雰囲気です。

・たいやき             150円
・たいやき+飲み物セット      500円
・たいやき+飲み物+あんみつセット 900円
・小倉コーヒーゼリー         400円
・あんみつ             500円
・豆かん              500円
・クリームあんみつ         600円
・あんずあんみつ          600円
・あんバタートースト        450円
・田舎しるこ            500円
・いなりもち            600円
・いそべもち            450円
・ところてん            400円

メニューはこんな感じ。
テイクアウトできるのはたいやきだけみたいです(たぶん)。

しっかりした店員さんの接客を受けてたい焼きを2個テイクアウトしました。
カウンターの中の人がすごいテキパキ動いてて気持ちいいです。
オープン間もないお店ってたいてい接客がよろしくないケースが多いんですが、
ここはオープンスタッフとかではなく、本店の馴れた人間だけでやってるんでしょうか。
親切丁寧で感じのいい接客でした。

浅草 浪花屋

さてさて自宅で実食。

ここのは薄皮でぎゅっとあんが詰まったタイプのたい焼きです。
写楽のものと同じ系統ですね。
もちろん養殖モノではなく、1匹1匹焼き上げた天然モノ。

ちょっと時間をおいたせいもあってか、本来のパリパリ感はなくなってしまっていましたが、
まぁ、それでも十分にパリパリしたおいしい薄皮。
香りも良くて食べている最中にも食欲がどんどん湧き上がってきます。

あんは頭から尾っぽまでぎっしりと詰まっていて贅沢感満載。
つぶあんですが、ちょっと甘めに仕上がっていますね。
8時間かけてゆっくり炊き込んだ自慢のあんとうたうだけのことはあります。
ゴチソウサマ。

やっぱりレベルの高いたい焼きでした。
麻布十番本店の味を守ってるって表記はダテじゃないです。
なにより素晴らしいのはこのグレードのものが150円で買えるっていうコストパフォーマンス。
これからも繁盛していく予感がプンプンします。

さてさて、明日は写楽の2号店ですね。
ここの味を舌が覚えているうちに食べ比べに参りたいと思います。

浅草 浪花屋
<浅草 浪花屋>
東京都台東区浅草2-12-4 TEL:03-3842-0988
営業時間:10時~18時(テイクアウトは19時まで) 毎週水曜日定休日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA