明るい農村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明るい農村  明るい農村

今日は隅田川の近くまで足を伸ばしてみました。
訪れたのは「明るい農村」です。

明るい農村と聞くと鹿児島の焼酎をイメージしますがソコとは無関係。
この浅草の明るい農村は個人経営のお弁当屋さんです。
お店は伝法院通りの一番東側の角にこそっとあります。
あまり目立つ店構えではないのでほかの特徴的なお店に目をやっていると通り過ぎてしまいそう。

目を引くのはその商品の安さです。
鮭、たらこ、梅、明太子、茶飯、昆布、ネギ味噌、シーチキン、高菜、おかかと
ラインナップが非常に豊富なおにぎりたちは全て100円ですし、
150~250円のサンドイッチたちはどれも特大。
5種類ほどあるお弁当たちも全て400~500円程度。
観光地とは思えない優しい値段設定になっています。
なんともありがたいことで。

明るい農村

明るい農村  明るい農村

おにぎり2個とメンチカツのサンドイッチ(200円)を購入して帰宅しました。
で、これがそのおにぎり。
おかかと明太子です。

つまようじは大きさの比較になるかなと思って添えてみました。
ビジュアル的には少し小さく感じますが中身は詰まっていて、
持ってみた感覚からするとコンビニおにぎりよりちょっとボリュームあるかなぐらいです。

お米はおにぎりとしては少し柔らかめでした。
個人的にはもうちょっと固くてもいいかなと思いましたがそこは好みでしょうね。
具はおかか、明太子ともに美味しいです。
特に明太子はコンビニの物のような安い味ではなく、しっかりした明太子使ってるようで。

明るい農村

明るい農村  明るい農村

こちらはメンチカツのサンドイッチ。
見てもらえればわかるすさまじい肉厚です。
本当にこれで200円でいいの?

しかもサンドイッチなのにカツの衣のサクサク感が残っていてすごい美味しい。
肉も脂でギトギトしていることはなく非常にジューシーです。
メンチカツパンって無駄に脂っこくて胸焼けしてしまうイメージだったんですが、ここのは一味違いますね。
サンドイッチのために作られたような、そんな仕上がり方をしているメンチカツでした。
ゴチソウサマ。

むむむ・・・、なんでこのお店、観光地にあるんだろう(苦笑)
はるばる浅草に観光にきたお客はなかなかおにぎりやサンドイッチに手を出さないでしょうに。
これだけ安くてボリュームあって味がまともなんだったら、
オフィス街とか駅・大学近くなんかにあったらとてつもなく繁盛すると思うんですけどねぇ。
観光地にあることで逆に損してるパターン。

近くにお立ち寄りの際には是非是非ご利用どーぞー。

明るい農村
<明るい農村>
東京都台東区浅草1-35-8 TEL:03-3841-9350
営業時間:不明 定休日不明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA