手打麺處 但馬庵(たじまあん)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手打麺處 但馬庵  手打麺處 但馬庵

昨日に引き続き、今日も雷門通りへ。
訪れたのは「手打麺處 但馬庵(たじまあん)」です。

お店は雷門通りと国際通りが交わる交差点のそばにあります。
ずいぶん昔からあるお店なんですが、
いままでなんとなく敬遠してしまっていて
入るのは今回が初めてでした。

ガラガラっと引き戸を開けてびっくり。
13時過ぎとはいえ、店内にお客は自分一人。
4人掛けテーブルが5つもある中をコソコソと隅っこに座りました。

メニューは一番安い、もりやかけが500円から。
きつねやたぬきなどトッピング的なものは100~200円増しって感じの価格帯。
浅草界隈だったらこんなもんでしょう。

手打麺處 但馬庵

今回は外にも表示があった「ミニあさり丼セット(850円)」にしました。
セットの麺は、たぬき(温) or もりが選べます。
ちなみに写真はたぬき(温)のほう。

味的には・・・うーん。

あんまりキツイことは書きたくないんですが(汗)
これはちょっとあんまりだなぁ。

まずは蕎麦自体はいたって普通で良くも悪くもない感じです。
ただ、手打ち麺って看板に掲げてるところからするとちょっと期待外れ感は出てしまいますね。
つゆは濃い口の醤油で、西日本育ちの自分としては少しくどいかなってぐらい。
ただ、たぬきと名乗るほどの天かすの量はなく、
いかにも長い時間置いてあったんだろうなっていう食感と味。。。

あさり丼は、糸こんにゃくとシイタケとタマネギが混じったすき焼き風でした。
あさりがもう少し歯ごたえが残った仕上がりだと良かったんですが、あまりにフニャフニャし過ぎです。
ほかの具の食感に完全に紛れてしまって、存在感がほとんどなくなってました。
全体的に茹で過ぎなのかなぁ?
具それぞれの個性を殺してしまった「甘辛のグデグデ丼」って感じ(汗)

あと蕎麦やうどんを扱ってるお店でお冷が美味しくないっていうのは
ちょっといだだけないなぁと思いました。
このお冷を飲みながらでは運ばれてくる麺への期待度は間違いなく下がります。

・・・なんかキツイことばかり書いてしまいましたが、
ここの老夫婦の丁寧な接客は好きですし、お店の情緒ある雰囲気もかなり好みです。
それだけに食事そのもののグレードをもっともっと上げてほしいなぁと思いました。

てんや、せんねんそばのようなチェーン店に負けない、
これぞ浅草っていうような良店になってくれることを切に願います。

手打麺處 但馬庵
<手打麺處 但馬庵(たじまあん)>
東京都台東区浅草1-10-12 TEL 03-3844-6813
営業時間:ランチ11時半~22時半、17時~23時 月曜定休日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA