康楽食堂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

康楽食堂  康楽食堂

今日は浅草六区会のほうまで。
訪れたのは「康楽食堂」です。

お店は伝法院通りをそのままつくばエクスプレスの駅側に抜けたところ。
イシイの甘栗や捕鯨船と同じ並びにあります。
なんともレトロな雰囲気を醸し出した昔ながらの定食屋さんです。
というか、あまりにまわりに溶け込み過ぎて存在に気付かないぐらい(苦笑)

お店の中は4人掛けテーブルが6、7つ、あとは座敷席が1つ。
よくわからないおもちゃ的オブジェがお店のいたる場所に配置してあって不思議な雰囲気でした。
子供が散らかした後の居間に上がり込んだようなそんな感覚。
むむむ、これはアリなのかナシなのか(笑)

お昼よりちょっと早い時間に行ったのもあって、店内はガラガラでした。
まぁ、お店構えからして観光客はまず入ってこないでしょうけども。
夕方あたりから地元の常連客なんかで賑わうんでしょう。

中華 康楽食堂

メニューはほとんど600円~750円の幅で食べられるリーズナブルな価格設定でした。
カツ丼が600円なのに、とんかつライスは1,150円っていうのがちょっと気になりましたが。
550円の価格差はいったい何があるんだとんかつライス!

中華 康楽食堂  中華 康楽食堂

低予算ランチを目指すウチのサイトの趣旨に従い、今日はカツ丼(600円)を注文しました。
漬物と中華スープがセットで付いてきます。

カツ丼はオーソドックスな卵とじで、タマネギやネギはやや大きめに切られていました。
卵の火の加減が良く、ダシもとても美味しいです。
なんだか手馴れた熟練の技って感じ。

しかし・・・この肉、どこの部位?o(-_-;*) ウゥム…

豚だとは思うんですが、あまり食べ慣れない食感。
ロースでもヒレでもないと思うしなぁ。
トンカツとしては初めて出会う肉ですが・・・とりあえず問題なのは美味しくないこと(汗)
パサパサしてジューシーさはないし、食感も固いメンチカツみたいな変な感じ。
イヤーン。┌┤´д`├┐

漬物は大根とキュウリでしたが、ちょっと漬けすぎかなぐらい。
まぁこのへんは好みでしょう。

中華スープはちょっと化学調味料強すぎかな。
量が妙に多かったのもあって、飲みきれる気がせず、さすがに残してしまいました。
麺類に合わせるために味噌汁ではなく中華スープを出しているんでしょうが、
相性って意味でもカツ丼にはチョット微妙。

ゴチソウサマ。

卵とじは美味しかったのに肉のダメさが残念だったなぁ。
これだと玉子丼や親子丼を頼んだほうが美味しく頂けたのかも。
種類がたくさんあるワンタンメンなんかも気になりましたが、まぁこのへんはまた次回。

しかし気になったのは、支払いのときに目に止まったビニール傘。
1本100円って札が貼ってあってたくさん売っているんですが、
これどう見ても忘れ物の傘では?
こういうのって法的に大丈夫なんだろうか・・・。(;¬д¬)
いろいろ気になる部分を残したまま帰路につきました。

なかなかやるぜ、康楽食堂。。。

中華 康楽食堂
<康楽食堂>
東京都台東区浅草2-4-5 TEL:03-3841-8624
営業時間:不明 定休日不明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA