尾張屋 本店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

尾張屋 本店  尾張屋 本店

浅草も震災からすっかり外国人観光客の姿が少なくなってしまいました。
日本から離れたくなる気持ちもわからなくはないですが、一地元民としてはやはり悲しい限りです。

やはり一刻も早く、なんとしてでも復興せねば!
以前以上のニッポンを取り戻すんだ!
経済を回すんだ!散財するんだ!

・・・というわけで今日は「尾張屋 本店」です。
雷門通りにある老舗のお蕎麦屋さん。

ここは器からはみ出るぐらいの大きな海老が二匹乗った天ぷらそば(1300円)が有名です。
低予算グルメサイトなんで価格的にいままで避けてきたんですが、
日本経済を回すためならば、とこの機会に訪問です。
あ、散財宣言したわりには金額が中途半端ってツッコミは受け付けません。

お店はハンバーグのモンブランのすぐ近くにあります。
上品そうな雰囲気が漂う、いかにもな外装をしていますね。
ウインドウの中には蝋製の食品サンプル(天ぷらそばとか天丼とか)が並んでいます。
この蝋細工のクオリティが若干低いことはここだけのヒミツ。

店内に入って一人だという旨を告げるとすぐに2階に案内されました。
2階は4人掛けテーブル×4、6人掛けテーブル3つのフロア。
1階にも一人のお客さんがそこそこいて空き席全然あったんですけどね。
まぁ、広いところで食べさせてくれるってコトならありがたいことです。

・もり     600円
・かけ     600円
・ざる     700円
・大もり    700円
・大ざる    700円
・きしめん   750円
・花巻     850円
・釜揚うどん  850円
・おろしそば  850円
・玉子とじ   850円
・月見     850円
・かき玉うどん 850円
・あんかけ   900円
・おかめ    900円
・かしわぜいろ 900円
・かしわ南蛮  900円
・カレー南蛮  900円
・そばがき   950円
・親子南蛮   950円
・そばとろ   950円
・やまかけそば 950円
・天南蛮    950円
・天せいろ   950円
・上天せいろ  1400円
・鴨南蛮    1300円
・天ぷらそば  1300円
・上天ぷらそば 1300円
・鍋焼きうどん 1300円
・天とじ    1400円
・松たけそば  1500円
・あられそば  1500円
・季節の変わりそば 900円

メニューはざっくり並べるとこんな感じ。
最初から天ぷらそばを食べるつもりで入ってきましたが、美味しそうなのがたくさんあって困ります。
あと恥ずかしながら「あられそば」って初めて知りました。
蕎麦に貝の子柱をまぶすなんてちょっとビックリ。

尾張屋 本店  尾張屋 本店

ずらーっとメニューを記述しておいてなんですが、
やっぱり当初の思惑どおり天ぷらそば(1300円)を頼みました。

やはりウワサに聞く海老天のデカさ。
たまたまタイミングが良かったのか、いつも注文を受けてから揚げるのかわかんないですが、
とにかく今日は揚げたてのホカホカでした。
熱い!ウマイ!そして熱い!熱い!

衣はすぐにおつゆを含んでもっちりと膨らんでいきます。
もともと衣がぶ厚いのでボリュームは満点。
中の海老はプリプリしてますが、ちょっと火が通り過ぎでしょうか。
やや固いかなって印象の歯ごたえでした。

蕎麦はかなり細くてコシはあまりないタイプです。
すすりあげて飲み込む前に口の中で勝手に切れちゃう感じ。
個人的にはもうちょっと強いほうが好きなんで微妙かなぁと思いました。

そばつゆは、ゆずの欠片が隠し味程度に入ってる以外に特別な部分はないんですが、
でもただ単純に一言言えるのは「美味しい」ってこと。
どこにでもありそうな馴染みのある味なんだけど、妙にほっとする、ずっとすすっていたい味。
普段は蕎麦のおつゆなんてぐいぐい飲まないんですけどね、何故かここのは自然に進みます。
ゴチソウサマ。

おつゆがかなり良い味だっただけに蕎麦が好みでないのはちょっと残念でした。
あともうちょっと値段が控えめだったら通おうかなとも思うんですけどね。
Webで評判を調べてみたら、鴨南蛮やかしわ南蛮の評価がすごい良かったので
次回はそれらを試してみたいです。

尾張屋 本店
<尾張屋 本店>
東京都台東区浅草1-7-1 TEL:03-3845-4500
営業時間:11時半~20時半 毎週金曜定休日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA