富士らーめん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富士らーめん 外観 富士らーめん 外観

今日は浅草国際通りのほうへ。
訪れたのは「富士らーめん」です。

なんかチェーン店みたいなイメージの店名ですが(主に富士そばのせいですがw)、
れっきとした個人経営のラーメン屋さん。
浅草ではあの有名な与ろゐ屋で修行したお弟子さんが出店した模様。
これは期待できますね(*´∀`*)

あ、お店の場所は国際通りのROX近く。
せんねんそばと、ステーキハウス 浅草松波のちょうど間にあたります。

以前はこのテナントには2回連続でオシャレなベーカリーが入っていました。
前回は糸吉や、さらにその前がパーネ・アル・パーネ
しかし不可思議なことに、2店舗とも突如閉店。
糸吉やは繁盛してる感じがあったのに2ヶ月程度、パーネ・アル・パーネなんかは1週間待たずに。
連続であまりに不自然な閉店の仕方をしたので、もしかして事故物件なのかなとちょっと疑ってました。
今回も短期間で閉店したらコワイなぁ。。。

糸吉や パーネ・アル・パーネ
↑昔入っていた糸吉や(左)と、パーネ・アル・パーネ(右)

さて、この富士らーめん、お店は新装開店したばかりなので非常にキレイです。
お店の中央を囲むようにウッディーなカウンターを配置していて、
お客は10人座れるかどうかってところでしょうか。
もちろんカウンター席などはありません。

<メニュー>
・ラーメン    680円
・味玉ラーメン  750円
・富士特製    950円

<トッピング>
・大盛り     100円
・青ねぎ増し   150円
・キャベツとマー油 150円
・餃子      350円
・カツオ味玉   70円
・メンマ     150円
・チャーシュー  280円

メニューはこんな感じで、券売機による食券制です。
最近はラーメンの券売機も10000円札を受け入れてくれるところが多くなっていいですな。
昔は店員さんに万札両替頼むのが申し訳なくて(笑)

富士らーめん 富士らーめん

やはりオーソドックスに普通のラーメン(680円)を注文しました。
運ばれてくるまでに大体5分ぐらい。

スープは豚骨醤油ですね。
与ろゐ屋から独立して出したお店が豚骨醤油ってのは正直意外でした。
まさか全く違うジャンルのスープで攻めてくるとは(´ω`ノ)ノ!

スープを口に運んでみると、うん、思ったよりあっさりしていて美味しいです。
家系のようにドロッとした油っぽさは全くありません。
それでいてコクが深く(なんだろう?野菜のダシ?)、後味も心地良い感じ。
なるほど、与ろゐ屋が豚骨醤油にチャレンジしたらこうなるな、ってのが納得できます。

麺は自家製の中太のストレート麺で、標準でもちょっと固めに茹でられている印象。
すすっているときの食感はいいんですけどね、なんか麺自体の味が淡白すぎ?
それほどスープにも絡まないので、麺だけすすっているとちょっと物足りない感があるかも。
まぁ、このへんは人それぞれの好みなのかもしれませんが。
ただ、コーティング箸との相性が悪くてツルツル滑って食べづらいのは気になるかも。

標準でも多めにまぶされている青ネギがグッド。
あっさりしたスープと一緒に口に運ぶととっても美味しいです。
メンマは大きめですが、ちょうどよい柔らかさで、かみしめると出てくるほんのりした甘さが◎

逆にチャーシューはちょっと残念クオリティかも。
口どけは良いんですが、何故か脂身の旨みと甘みがほとんどなくて味の印象がありません。
スープがあっさりしてるんで、もうちょっと存在感のあるチャーシューであってほしかったなぁ。

ごちそうさまー。

スープがうまかった!
一言で感想をいうとそんな感じです。

個人的には麺とチャーシューに好みでない部分がありましたが、
この立地で680円で勝負しているところを考えると、十分かなと思えるクオリティ。
ふらっと入りやすいし、これから繁盛していくような気がします。

あとはこのテナントに入る店舗が長持ちしないおかしなジンクスだけ打ち破ってくれれば・・・(汗)
次にまた早期閉店されたら、怖くてこのテナントに近寄れなくなっちゃうワタシ(ノ゚ρ゚)ノ

頼むぜぇい・・・(苦笑)

富士らーめん 地図
<富士らーめん>
東京都台東区浅草1-24-5 TEL:03-3841-0315
営業時間:11時~22時(麺が終わったら終了) 定休日:不定休

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA