十和田 すしや通り店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

十和田 すしや通り店  十和田 すしや通り店

今日はすしや通りに行ってきました。
訪れたのは「十和田 すしや通り店」です。

お店は浅草の老舗の中ではかなり綺麗な外観をしていて、
店頭ウインドウのサンプルなんかはいかにもファミリー向けのビジュアル。
一見すると「あー、観光客向けのお店かぁー」と思ってしまいがちですが、そんなことはありません。
とっても地域密着型の浅草らしい老舗のお蕎麦屋さん。

店内は意外に広くてゆったりとしています。
テーブル席が3つ、座敷テーブル席が4つ、カウンター席が8席程度。
覗くことはできませんでしたがどうやら2階にも客席があるようです。

11時半の開店直後に訪れたんですが、すでに店内には先客がチラホラ。
どのお客さんも馴染みの常連客っぽい雰囲気でした。
地元民の人気が根強いんでしょうか。
土日なんかだと観光客っぽい家族連れが店内に入っていくのはよく見るので、
地元民と観光客の両方を呼び込める理想の経営スタイルになっているみたいですね。
こういうのって地味に大事だと思います。

メニューは一番安いかけそばで700円から。
値段お高めの天ぷらそばや鴨南蛮なんかで1,400円ぐらい。
天丼や親子丼のラインナップだと1,500~2,200円程度。
ちょっと蕎麦屋としては高くついちゃいますね。

十和田 すしや通り店

十和田 すしや通り店  十和田 すしや通り店

ランチメニューだったもりそば+ミニ天丼のセット(1,000円)を注文しました。
なめこおろしの小鉢と高菜、たくわんが一緒についてきます。

もりそばは成人男性にとっては量はやや少なめでした。
細くてコシが強いですが香りはあまりありません。
でも食感はかなり心地良くてなかなかいいお蕎麦だと思います。
ただしすごく短く切られているので、長いお蕎麦をズズッっと一気にすするのが好きな人にはちょっとアレかも。

そばつゆは昔ながらの辛めのもの。
どっぷり蕎麦をつけずに、先っぽだけちょい浸しでいただくのが正しいスタイルです。
まぁ、そのへんは好みと言ってしまえばそれまでですが。

ミニ天丼は大きな海老とナス、サツマイモが乗っかっています。
衣はあまりカリカリ系ではなく、軽くしっとりもちもち系。
白胡麻油でさっぱりと揚げられていてすごく上品な香りがする美味しい衣です。
そしてびっくりしたのが海老そのものの美味しさ。
大きな身がすごくプリプリしていて素材の甘さが生きています。
浅草の天麩羅御三家なんかよりよっぽどここのほうが良いモン出してるんじゃない?(苦笑)

小鉢のなめこおろしも丁寧な仕上がりになっていてグレード高め。
ホントはなめこ好きじゃないのにおかわりほしいって思ったぐらいに美味しかったです。
ゴチソウサマ。

お蕎麦屋さんなのに蕎麦より天麩羅のほうが好評価(笑)
店員さんは愛想がいいし、この味なら地元民に愛されるのがわかりますね。
観光客にとっても利用しやすいなかなかの良店だと思います。

近くまでお越しの際には是非是非どうぞー。

十和田 すしや通り店
<十和田 すしや通り店>
東京都台東区浅草1-13-4 TEL:03-3841-7375
営業時間:平日11時半~23時、日曜11時半~20時半 毎週火曜定休日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA