六文銭 支店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浅草でグルメを語るならば外せないのがもんじゃ。
今日は浅草の有名店「六文銭」へ行ってきました。

浅草界隈にはもんじゃ焼き屋さんはたくさんありますが、
いつでも行列ができているのはココぐらい。
どっちの料理ショーや王様のブランチなんかで取り上げられたのが大きかったみたいです。

本店がオレンジ通りのほうにあるんですが、今日は寿司屋通り近くの支店のほうへ。
こちらのほうが席数が多いせいか比較的すんなり入りやすい気がします。
もんじゃ屋って回転率良くないから長い列に並ぶのはやはり避けたいトコロですよね。

この六文銭はメニューも豊富で、カマンベールチーズもんじゃ、高菜明太子もんじゃ、ピザもんじゃ、
五目もんじゃ、カレーもんじゃ、アサリもんじゃ、貝柱もんじゃ、桜えびもんじゃ、牛スジもんじゃ等々、
非常に魅力的なものでいっぱいです。

そんな中、まずはいか明太子もんじゃ(820円)を注文しました。
個人的にはもんじゃ焼き屋では、明太子が入ったものをひとつは食べたい派。

普段は自分で作ってますが、店員さんが「作りましょうか」って言ってくれたんで
せっかくなんで甘えてお願いしてみました。

ありゃ?コテ二刀流で具を細かく刻む作業って特になし??
それに、土手を完璧な堤防みたいにして汁が溢れないようにするのがベターだと思っていたんですが
意外に店員さんはざっくりした土手作りで、溢れた汁はコテで中央に戻すって感じでした。
出来上がったものは立派なものだったんで別に何も文句はないんですが。。。
いままでやってた自分の作り方って細かすぎたのかなと少し自問自答。

六文銭 支店

出来上がったもんじゃは・・・やっぱり美味しい。
あんまりもんじゃ屋に当たり外れはないと思ってはいるんですが、ダシの違いなんでしょうか?
やはりここは他のお店より美味しい気がします。
ビールが進む進む。

六文銭 支店  六文銭 支店

第2ラウンドは、トマトカレーもんじゃ(820円)にしました。
左の写真は青海苔と鰹節をかける前の状態で、右が完成形です。
標準でチーズが入っているのが何気に嬉しい。

今回初めて食べたんですが、アタリでした。
それもどちらかというとクリティカルヒットです。
もんじゃって食べすすむにつれてどうしても味に飽きがきてしまうときが多いんですが、
このもんじゃは部位によって、カレー粉、トマト、チーズの3種類の味の差があって全く飽きません。
しかもどの味も非常に美味しいときたもんだ。
今度から自分の中のレギュラーメニューになりそうですねコレ。

ここは他にもカマンベールチーズもんじゃや桜えび焼きそばがイチオシみたいですね。
特に桜えび焼きそばはどっちの料理ショーで7対0で完勝したほどのものだとか。
次回はこちらのほうにチャレンジしてみようかと思います。

ビバ☆六文銭♪

六文銭 支店
<六文銭 支店>
東京都台東区浅草1-8-4 TEL:03-3843-5123
営業時間:平日16時半~23時、土日祝12時~22時半 年中無休

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA