亀十

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京でどら焼きといえば上野のうさぎやが一番有名かと思いますが、
浅草も負けてはおりません。

本日訪れたのは「亀十」。

お店は雷門のすぐそばにあります。
天ぷらの三定やカラオケシダックスのお向かいあたりの超一等地。

亀十  亀十

ぱっと見た感じだと観光地ならどこにでもありそうな少し雑多なおみやげやさん。
雷おこしから最中、多種多彩なおかきまで、
ありとあらゆる和菓子を置いてそうなレトロなお店です。

仲見世通りに入ってしまえば同じような雰囲気のお店は多いので、
わざわざ雷門の入り口手前でいきなりおみやげ買わなくてもと思いがちですが、
いやいや、あいや待たれよ皆の衆。

あるんです、ここに絶品のどら焼きが。

亀十  亀十

特製どらやき(白あん、黒あん)315円!

値段が少し張るぶん、かなり大型のどら焼きです。
その一番の特徴は、普通のお店では見かけない独特の生地。
手作り感バツグンのふっくらモチモチの食感はまさに絶品ですYO。

そしてその生地の中にぎっしりつまったあんは、
小豆そのものの甘さが活きたつぶあん。
ややこしあんに近づけてあるのか、小豆の粒も口の中に入るとすっと溶けていきます。
嗚呼、幸せってこういうことか。。。

白あん入りのほうも続けて食べましたが、
ちょっとボリュームがありすぎて途中で満腹感が(汗)。
つぶあんと白あんをひとつずつ買って、みんなで少しずつつまむスタイルがいいかもです。

ほかとは少し毛色の違う絶品どら焼き、是非ともご賞味あれ。

亀十
<亀十>
東京都台東区雷門2-18-11 TEL:03-3841-2210
営業時間:10時~20時半 第1・3月曜日定休日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA