下関ふぐ 割烹 松もと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下関ふぐ 割烹 松もと  下関ふぐ 割烹 松もと

今日のランチはちょいとだけ豪勢に。
訪れたのは「下関ふぐ 割烹 松もと」です。

お店は国際通り沿いで、銀座線の田原町駅近く。
近くには天笑やドトールなんかが並んでいます。

特別目立つ看板がないせいか、あまり印象に残らない店構えですね。
ランチの文字に通行人はチラリと目をやるんですが、なかなか足を止めるところまではいかない模様。
すぐ近くで天笑や一丁目一番地の店員さんが呼び込みをやってるせいもあってか、
初見客の争奪戦ではちょっと負けてる感じがします。
うーん、こういうのもったいない。

お店のドアを開けるといきなり階段があって、2階に登ることになります。
2階にあがると4人掛けテーブルが5つほど並んでいました。
奥のほうには広そうな座敷席がいっぱい。
外観から想像するよりかなり大きなお店ですね。

雰囲気的にはいかにも下町の庶民派食堂って感じです。
でも店内は綺麗にされているし、店員のおばちゃんは愛嬌があるしで、
お昼からちょいと一杯ひっかけるなんてのも良さそうな居心地の良い空間。

・天ぷら定食      600円
・鯵叩き定食      600円
・焼鯖定食       600円
・ふぐ雑炊       600円
・焼魚定食       700円
・うなぎ丼       700円
・ちらし寿司      800円
・かき雑炊       800円
・ぎんだら照焼定食   900円
・おべんとう      900円
・刺身盛り合わせ    900円
・どぜう柳川鍋定職   1,000円
・うなぎ丼(上)    1,200円
・ふぐ刺身御飯     1,200円
・ふぐ天ぷら御飯    1,200円
・うなぎ重箱(松)   1,575円
・うなぎ重箱(竹)   2,100円
・うなぎ重箱(梅)   2,675円
・刺身膳        2,100円
・天ぷら膳       2,100円
・松もと膳       2,625円
・田原膳        3,150円

以上がランチメニュー。
天ぷら定食やうなぎ丼などの普通はお高いご飯が、驚きの600円~900円!
なかなかこの価格帯でこれらを提供してくれるお店はないのではないでしょうか。

低価格浅草グルメ追求サイトであるこの浅草雑食日記。
いつものだったら迷わず600円の天ぷら定食を選ぶところですが、
ここのメインは何といってもフグ。
やっぱりメインメニューを頼まねばならないだろうってことで・・・

下関ふぐ 割烹 松もと  下関ふぐ 割烹 松もと

どーん。
頼んじゃいました、ふぐ刺身御飯(1,200円)。

おお、価格からするともうちょっとこじんまりとした定食がくるかと思っていたら、
平皿いっぱいのふぐ刺しに皮の細切り付きで、予想外のボリュームでした。
なんて嬉しい誤算ヽ(*´∀`)ノ

身がやや厚めに切られているので弾力が強いですが、このへんは好みの問題でしょうか。
味はさすがに高級フグ料理店の一級品と比べれば見劣りしますが、安かろうがフグはフグ。
1,200円でこの量のフグが食べれるならもう幸せ以外の何物でもないです。

下関ふぐ 割烹 松もと  下関ふぐ 割烹 松もと

こちらは相方が頼んだふぐ刺身天ぷら御飯(1,200円)。
天ぷらはふぐが4つ、あとはししとう、ナス、かきあげが乗っていました。
写真だと小さく見えますが、こちらもフグ刺し同様けっこうなボリュームです。

サクッっと柔らかく揚げられていて良い感じの天ぷらですね。
ふぐ天はもちろん美味しかったですが、意外なダークホースはなんとナス天。
天つゆに通してかぶりつくと、衣のさっくり部分としっとり部分が口の中でうまく共演し、
ナス本体の水分がぎゅーっと搾り出されて本当に美味しいです。
ウマウマー。

ゴチソウサマ。

今回訪れた印象だとお世辞にも繁盛しているとは言えないんですが、
全体的にもうちょっと評価されていいお店のように思いました。
コストパフォーマンスが良くて居心地のいい良店です。

うーん、お店の外観の問題なのかなぁ。
外からだと店内が暗そうでに見えるので、照明増やすとか、目立ちやすい看板追加するとかして、
お客が「おっ」と立ち止まるような要素をもっと増やせばいいのになぁ。

もったいないよ、松もとさん!

下関ふぐ 割烹 松もと
<下関ふぐ 割烹 松もと>
東京都台東区西浅草1-1-13 TEL:03-3845-2929
営業時間:11時~14時、17時~22時 毎週日曜定休

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA