三岩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三岩  三岩

ここまで寒さが続くとたまりませんね。
最強寒波とやらがずっと居座ってるかららしいですが。
しかし最強寒波ってなんちゅうネーミングセンスだ(笑)

今回はすしや通りを攻めてみました。
訪れたのは「三岩」です。

ここは昭和2年創業の老舗大衆料理屋さん。
一見寿司屋のような店構えに見えますが、扱っているのは天麩羅から鍋、刺身、寿司と幅広し。
お酒の種類も豊富な、地元民に愛される地域密着型のお店です。

人通りが多いすしや通りですが、あまり看板が派手ではないせいか観光客の目には止まりにくいみたいです。
ランチの時間帯でも店内は常連客っぽいおっちゃんおばちゃんがチラホラいた程度でした。
8人掛けテーブルが2つあるだけなんで、混んでるときは普通に相席になりそうです。
あと店の奥に小さな座敷席、2階3階にはそれぞれ20名程度の大きな座敷があるみたいです。

ここは特別ランチタイムメニューっていうのはありません。
主につまみが充実したメニューの中で食事モノを探したところ、
巻物系が大体1,000円前後、寿司が1,500円前後で提供されていました。
その中で唯一の丼物、天丼(900円)に目が止まったので注文。

三岩  三岩

5分ぐらいして天丼到着です。
味噌汁とお新香がセットで付いてきます。

天丼は大きな海老が2本乗っています。
衣は表面が細かくサクサクとしているのに内側はふんわりもっちりした生地。
これどうやって揚げてるんだろう?二度揚げとか?
サクサクともっちりが同時に味わえる素敵な食感の衣です。

中の海老の身もかなり太く大きいのに味は繊細。
こういう海老天って火を通しすぎてすごく身が固いケースがとても多いんですが、
ここのは火の通り加減が完璧で、とてもプリプリした歯ごたえが楽しめます。

タレはけっこう甘めに仕上げられています。
天麩羅にかかっているぶんにはさほど気にならなかったんですが、
タレが染み込んだご飯を口にしたときにはかなり甘さを感じました。
この辺は人それぞれ好みかなぁ。

白ネギの味噌汁とお新香(柴漬けと大根)はまぁ普通って感じ。
懐かしさを感じる落ち着きのある味です。

ゴチソウサマ。

正直言って想像より断然レベル高くて嬉しい誤算でした。
江戸前天丼があまり好きでない自分にとっては、浅草天麩羅御三家のものより全然好みです。
値段も圧倒的にこっちのほうが安いですしね。
このぶんだと刺身や寿司なんかも美味しいんだろうなァ。

そして後から気付いたんですが、常連さんがみんな鍋をつついていたのが気になりました。
牛鍋、たらちり鍋、かき鍋、どじょう鍋などいろいろ種類があって、1人前から頼めるようです。
常連さんに人気ってことはおそらく味のほうも・・・ゴクリ。

どの料理も楽しめそうな良いお店でした。

<2013/4/5 再訪>============================
ずっと鍋食べにいこうと思っていて、結局ずっとご無沙汰だったんですが、
今回ふとドジョウが食べたくなって再訪しましたー。

三岩  三岩

どぜう鍋(800円)とライス(200円)を注文。
合わせて1,000円ですが、それでもどじょう鍋としてはかなり破格でしょう。
こんなリーズナブルな値段で提供してくれるのはなかなかないのでは?ヽ(´▽`)ノワーイ♪

三岩

アツアツのご飯に乗せていただきます。
この時点でどじょうのプルプル感がたまんないっす。

どじょうは箸でつまむとものすごく弾力があるんですが、
口の中に運ぶと、まるで溶けるようになくなっていくような柔らかさです。
最初の一噛みのときに骨の歯ごたえがありますが、それさえもすぐに消え去る不思議なマジック。
十分に煮込まれてしんなりしたゴボウ、ふんわり仕上がった玉子、刻みネギのシャキシャキ感、
全部バランスが良くて食べていてなんだか幸せな気分になれます。

味付けは甘い割下を使っています。
どじょうの高級店なんかにいくと、味付けは薄めでどじょう本来の味を楽しむようなものが多いですが、
自分みたいな庶民的な味付けが好きな人間にとってはこちらのほうが好みですね。
ゴハンがスイスイ進みます♪

ゴチソウサマー。

非常に美味しくて大満足だったんですが、ちょっと気になったのは客入りかなぁ。
平日14時っていう中途半端な時間帯のせいもあってか、お客は自分1人でした。
昔は地元のおっちゃんたちが昼間から鍋つつきながら一杯やってる姿が多く見えたんですが。
うーん、これはちょっと寂しい。。。

女将さんとちょっと話してたんですが、
やっぱり不景気の影響って大きいみたいですね。
あとネットの普及に伴い、WEB上での宣伝力の差なんかも大きいようです。
団体客の予約なんかはシステムが確立してるチェーン店が持っていっちゃいますもんね。
会社の新人が幹事として店選びする際に、なかなかこういう老舗の個人経営店には目がいかないでしょう。

三岩

メニューはこんな感じで非常にお手頃で、味も確かです。
2Fには宴会用の座敷席もあります。

時代の波にもまれて消えていくには正直惜しいお店だと思っています。
お食事でも宴会でも、ぜひぜひ一度お試しあれ。
気さくな女将さんとのトークも楽しめますよ(笑)

三岩
<三岩>
東京都台東区浅草1-8-4 TEL:03-3844-8632
営業時間:11時半~21時 毎週水曜定休日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA