一匹呑んどころ ○吉八

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一匹呑んどころ ○吉八(まるきちや)  一匹呑んどころ ○吉八(まるきちや)

今日はちょっとマニアックなお店を発掘してきました。
雷門2丁目の「一匹呑んどころ ○吉八(まるきちや)」です。

お店は雷門の目の前にある並木通りから、雷門クリニックの角で西に入ったところ。
完全に裏通りになって他にお店はほとんどないので観光客はまず気付きません。
っていうか地元の人でもお店の存在知らない人多いのでは?
看板もそれほど派手じゃないし。

お店自体は昔からあって気になっていたんですが、居酒屋さんなので夜しか営業していませんでした。
しかし最近ひさしぶりにお店の前を通るとランチの文字が!
よっしゃ、それなら行くぜ!ってことで来訪です。

お店は地下へ下りる階段から。
中に入るとカウンターが4、5席程度、4人掛けテーブル席が3つだけありました。
店員さん3人は全て女性で愛想いい感じで迎えてくれました。

雰囲気的にはいかにもな個人経営の和風居酒屋ですが、
ところどころ手書きのメニューが張ってあって、
これがヴィレッジバンガードのポップみたいな感じでけっこうオシャレ。
デートなんかでも全然使えそうです。

・宮崎鶏のタルタル唐揚げ   880円
・香味野菜のさっぱり唐揚げ   880円
・うま豚ウマたれ生姜焼き   880円
(キムチ追加+100円)
・さんまぬか漬けやき   880円
・きんめの干物炙り   880円
・いわし梅の香揚げ   880円
・お魚つみれハンバーグ   880円
・銀鮭粕漬け焼き   880円
・インドトマトチキンカレー   980円
(たっぷり野菜乗せ+220円)
・今日の日替わり   880円

ランチメニューは以上のとおり。
名前からして美味しそうなのが多いですね。
迷っちゃいます。

一匹呑んどころ ○吉八(まるきちや)  一匹呑んどころ ○吉八(まるきちや)

一番上に書いてあったから自信作なのかなと予想し、
宮崎鶏のタルタル唐揚げ(880円)を注文しました。

予想を遥かに超える品目の充実具合にビックリしました。
メインのタルタルソースがけの唐揚げ以外に、十五穀米御飯、根菜がたくさん入ったけんちん汁、
しらすおろし、梅肉入りのとろろ、厚焼き玉子、ナス等の煮物、
高菜を混ぜた切干大根、和風仕立てのポテトサラダ。

メニューに「30品目バランチランチ」って書いてましたが、まさにそのとおりの充実したランチですね。
ジューシーなのにヘルシーでボリューミーd(*′∀`*)☆

一匹呑んどころ ○吉八(まるきちや)  一匹呑んどころ ○吉八(まるきちや)

左側は十五穀米御飯にとろろを投入した写真。
梅ととろろってこんなに合うんですねぇ。
とろろそのものもメチャメチャ美味しいです。

唐揚げはかなりカラッと仕立てで衣は多め。
肉はとてつもなくジューシーで、かみ締めるとたっぷりと肉汁が出てきます。
うん、ウマー。
ただ若い世代にはこの肉汁は嬉しいけど、年寄りにはちょっと脂っこいかも?
あと下に敷いてある千切りキャベツに甘辛の和風ダレが染み込み過ぎてちょっとしつこいのは残念。

けんちん汁は大根、人参、油揚げ、こんにゃく、ごぼう、豆腐などが沈んでおり、
上にはたっぷりと刻んだ青ネギが乗せられています。
さっぱりしていてホッと落ち着ける味付けです。

ほかの小鉢も全てクオリティが高くて美味。
とくに高菜入りの切干大根はこれだけで御飯何杯でもいけそうな絶品でした。

ゴチソウサマー。

本当に満足できるランチでした。
ランチ相場として880円はちょい高いですが、それに十二分に見合うものは出てきます。
食べていて多彩な味を楽しめるし、品目いっぱい食べてるから健康になれてる気がするし(笑)

これからも続けてほしいなぁ、このランチ。
隠れ家的で落ち着けるお店なので異常に繁盛はしてほしくないですが(←わがまま)

お近くまでお越しの際には是非ー。

一匹呑んどころ ○吉八(まるきちや)
<一匹呑んどころ ○吉八(まるきちや)>
東京都台東区雷門2-11-7 TEL:03-3847-0511
営業時間:平日ランチタイム不明、18時~24時、日曜18時~23時 月曜定休日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA