ボワ・ブローニュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボワ・ブローニュ  ボワ・ブローニュ

こっそりと西浅草に小さなお店を構えているパン屋さん。
今日は「ボワ・ブローニュ」へ行ってきました。

田原町駅から浅草通りを上野に向かって1分歩いたところにあります。
ちょうどスーパー赤札堂の手前あたりに、右上の写真のようなかわいらしい看板が。
あ、ちなみに店名はパリの「ブローニュの森」が由来らしいです。

実はこの小さなパン屋さん、知る人ぞ知る有名店。
雑誌やテレビなどで度々取り上げられたことがあります。
去年の暮れにもおもいッきりDONで紹介されていました。

なんといってもここの一番のウリはぶどうパン。

ノーマルタイプと火曜日金曜日限定の天然酵母タイプがあるんですが、
どちらも大人気で、来店時間が遅いとすぐになくなってしまいます。

さてさて、どんなパンかというと・・・

ボワ・ブローニュ  ボワ・ブローニュ

まずとにかくデカイですね。
直径18cmの平皿から余裕ではみ出ています。
重量もかなりのもので、1キロぐらいあるんじゃないかってぐらい。

でも驚くのはここからです。
サクッと包丁を入れて断面を見てみると・・・

ボワ・ブローニュ  ボワ・ブローニュ

ぶどう!ぶどう!ぶどうーーーー!!\(゚Д゚ )

断面見たら生地部分より多いんじゃないかってほどの大量のぶどうがw
レーズン嫌いな人が見たら普通に発狂するんじゃなかろうか。
それぐらいアグレッシブな量です。

これだけぶどう尽くしだと甘ったるそうな気がしますが、
実際食べてみるとそうでもないです。
ぶどうのはしつこくないアッサリとした甘さに仕上がっており(赤ワイン漬けかな?)、
もっちり柔らかい生地といいコンビネーションを生み出しています。

ちなみに写真は天然酵母タイプ(大)で690円です。
3、4人ぐらいで切り分けて食べることを考えるとかなりリーズナブル。
ひとまわり小さいサイズ(小)は…ゴメンナサイ値段忘れた(汗)
あと曜日限定でないノーマルタイプはもっと四角い形をしていて(大)なら560円、(小)なら315円。
ノーマルタイプはイースト生地で、天然酵母ものよりもちもち感が少し落ちるかも。

味においても値段においてもインパクトにおいても言うことなし。
誰かの家にお邪魔するときのちょっとした手土産にいかがでしょうか。

ビバ☆ボワ・ブローニュ♪

-- 2010/03/23再訪 ----
ぶどうパン以外も食べてみたいなと思って再訪問しましたー。

でも朝9時半に行ったらまだシャッター降りてた。。。
いつのまにか開店時間10時に変わったのかな?
それとも今日だけたまたま?

ボワ・ブローニュ  ボワ・ブローニュ

購入したパンひとつめは、こしあんぱん(105円)です。
サイズは標準のものよりやや小ぶり。
あんは素直に美味しかったけど、生地が少しパサパサしてるのはワザと?
ちょっと好みが分かれるかもしれません。

ボワ・ブローニュ  ボワ・ブローニュ

ふたつめは「ランチ」って名前のパン。
お値段は63円の小さなパンです。
中身は生地だけで、頭に乗っているのはガーリックペースト。
ガーリックの甘さが口の中いっぱいに広がります。

ボワ・ブローニュ  ボワ・ブローニュ

最後に自家製カレーパン(147円)。
今回のパンたちの中で一番のヒットでした。
中に入っているカレーのマイルドな甘辛さがかなり自分のストライクゾーンど真ん中。
オススメです。

・・・まだまだ種類がたくさんあって制覇にはほど遠いなぁ(笑)
また違う種類のものを買ったときには日記としてアップしたいと思います。

ボワ・ブローニュ
<ボワ・ブローニュ>
東京都台東区西浅草1-2-2 TEL 03-3844-1045
営業時間:9時~23時 日曜・祝日、第1、3土曜定休日
(ぶどうパンの焼きあがりは10時ごろ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA