セキネ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セキネ  セキネ

浅草で老舗と言えば忘れてはいけないのがこの「セキネ」です。
浅草ROX2のマックの正面にあります。
赤羽にも別に店舗があるそうな。

ここで扱っているのは中華まんとしゅうまい。
80年間も守り続けてきたその味は、あのビートたけしをもうならせたとか。
テレビなんかでもちょくちょく紹介されたりしています。

セキネ

残念ながらしゅうまいは売り切れてしまっていたので
今回はにくまん(230円)だけを購入しました。
ついでにあんまんも買っても良かったんですが、あまり評判を聞かないので今日はスルー。

注文すると、愛想のいいおばちゃんがカウンターの奥へ。
せいろに入っていたと思われるホカホカの肉まんを紙に包んで渡してくれました。

Webで調べたら「ビニール袋で無造作に渡される」って記述があったんですが、
たぶん「俺はいまここで食べますっ」っていうオーラを出せばちゃんと紙包みでくれるような気がします。
まぁ、自分は最初から家に持ち帰るつもりだったんでどちらでもいいんですが(笑)

セキネ

標準より少し大きめのサイズの肉まん。
持ったときの重さもなかなかのものです。
形も綺麗だし皮のほのかな香りも食欲をそそる感じ。

ただ、ちょっとびっくりしたのが中身。
とりあえず割ったところも撮影しとこうと思って2分割したら、

セキネ

団子状のあんがずーんといらっしゃった。

湿ったそぼろっぽいあんが全体に詰まってるタイプの肉まんばかりに慣れ過ぎてて、
このタイプは意表を突かれてびっくりしてしまいました。

・・・でも実際食べてみると2重にびっくり。
一見肉が小さくて物足りないんじゃないかっていう印象を持ってしまいそうですが、
実はこの肉のまわりにはたっぷりの肉汁が溜まっています。
たとえ皮だけで食べても、そこには染み込んだ肉汁の旨味が凝縮されています。
そのジューシーさのせいで、肉が物足りないっていう感想は全く持ちませんでした。

おおっ、こりゃ素直にうまいっ。

ただ、食べるときに中華まんは割って食べる派の人は注意しましょう。
団子状のあんは多分つるりと床に落ちますし、溢れてくる肉汁で手は大惨事になるかと(笑)
ここの肉まんはそのままかぶりついて食べるのが正解。
あ、そのときも肉汁がこぼれないように傾けないように食べることっ。

近々しゅうまいのほうのレビューもするつもりです。
ビートたけしも「しゅうまいのほうがさらにウマイ」って言ってたんで。
乞うご期待っ。

セキネ
<セキネ 浅草店>
東京都台東区浅草1-23-6 TEL:03-3841-5230
営業時間:10時半~20時 年中無休

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA