7月9日、10日 ほおずき市

 

ほおずき市は毎年7月の9日、10日の二日間に渡って浅草寺境内にて開催されています。
大元は愛宕(あたご)神社の縁日に始められたもので、
「ほおずきを水で鵜呑みにすると、大人は癪を切り、子どもは虫の気を去る」などと言われ、
薬草の扱いでほおずきが販売されるようになりました。

現在ではこの二日間は浅草寺境内を100を超えるほおずき屋が埋めるようになり、
深夜の遅い時間まで大きな賑わいをみせています。

ほおずきはこの日のために江戸川区鹿骨町や茨城県三和町で栽培されて持ち込まれていますが、
天候の影響を受けやすいため、このほおずき市に合わせて整除くさせるのはけっこう骨みたいです。
あ、ちなみに青い実のほおずきは未成熟なのではなくそういう種類だからです(千成ほおずき)。
赤い実のほおずきは観賞用の丹波ほおずき。

価格は協定があるのでしょうか、
どのお店も一鉢2,500円で売られていました。
やはり売れているのは観賞用の丹波ほおずきのほう。

ちなみにこの9日、10日の両日は「ほおずき市」という名前のほうが売れていますが、
実は四万六千日と呼ばれる功徳日でもあります。

仏教には「この日に御参りすれば何日分の効果がある」といった縁日が定められていて、
なかでもこの7月10日はなんと四万六千日分の効果があるということで、昔から参拝客の絶えない日でした。
そのあまりの人の多さに前日入りする客も増え始め、
その結果7月9日、10日両日がありがたい縁日という扱いになったと言われています。

ほおずき市と四万六千日が重なったこの両日は、平日でも50万人ほどの動員があるそうです。
土日と重なった今年(2011年)はもしかすると70、80万ぐらいのお客が集まったかもしれません。

7月のその他の祭り・年中行事

6~8日 入谷朝顔まつり 入谷鬼子母神 下谷1-12-16
9、10日 ほおずき市(四万六千日) 浅草寺境内
上旬 下町七夕まつり かっぱ橋本通り
中旬~8月上旬 うえの夏まつり 不忍池畔
下旬 隅田川花火大会 隅田川