あづま

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あづま  あづま

今日は夜のすしや通りへ行ってきました。
訪れたのは「あづま」です。

このお店、元々は地元民で繁盛している街の中華料理屋さんって感じだったんですが、
こないだとんねるずの「きたなシュラン」で紹介され、3ツ星をもらってからは
観光客もガンガン並ぶ有名店になりました。
土日の夕方はすさまじい行列。

あ、ちなみにここはランチの時間帯はやってません。
開店するのは17時ごろで、日が変わる前ぐらいまでやってます。

あんまり並ぶのも嫌なんで、今回は平日の21時ごろに訪れました。
それでもカウンター席15席ほどの店内はほぼ満席でしたが。
夜が早い浅草で数少ない深夜まで営業してるお店なんで仕方ないかもしれませんね。

店内は超レトロ。
マンガに出てきそうな、いかにもな下町の中華料理屋です。
年季の入ったイスや冷水器には驚かされます。
さすが、きたなシュラン3ツ星(笑)

あづま  あづま

このお店のウリはなんといっても純レバ丼です。
お値段はスープがセットになって850円。
ご飯の上に炒めて味付けのされたレバーがゴロゴロ乗せられて、
その上にたっぷり荒く刻まれたネギが乗せられる、豪快な男メシ。

甘辛くてかなり濃厚のタレが効いています。
これがレバーにもネギにも白飯にもジャストフィット。
いかん、これはレンゲが止まらん(汗)

ただ残念ながら量は少なめで、女性でちょうどいいぐらいでしょうか。
男性は何かほかに一品頼みたくなるかもしれません。

意外にも目を引いたのは一緒についてくるスープ。
普通の中華スープなんですが、コクがあってかなりうまい。
この中華スープが出せる店なら絶対ラーメンもうまいだろうなと思いました。
もうひとつの有名メニュー、DXラーメンにも期待が持てます。
ゴチソウサマ。

きたなシュランで紹介されるだけあって、文句なしのお店だと思います。
ただ念を押しておきたいのは、味だけを求める美食家のような人のためのお店ではありません。
たぶんそういう人にはそもそもこのお店の料理は合わないかと。

レトロなお店の内装、人の良いきさくなご主人、ざわざわと活気のある地元のお客、
ここはそれら全ての要素によって完成されている空間です。
「味」を求めてではなく、「素敵な空間」を求めて。
そんな気持ちで来店してほしいなと思った、そんなお店でした。

あづま
<あづま>
東京都台東区浅草1-13-4 TEL:03-3841-2566
営業時間:平日16時半~24時、日曜17時~23時半 水曜・木曜定休日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA