あげまんじゅう 浅草九重

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あげまんじゅう 浅草九重  あげまんじゅう 浅草九重

今日は仲見世通りから。
「あげまんじゅう 浅草九重」です。

浅草寺側から仲見世に入って3軒目にあるのですぐにお店は見つかると思います。
だいたいどの時間帯でもちょっとした行列になっていますし。

このお店のスタイルは1個からのバラ売り。
いちおうお土産用のパックなんかも扱ってるみたいですが、
お客さんは皆その場で食べる用に1人1個ずつ購入していますね。
揚げたてのアツアツをその場ですぐに食すべし。

4、5人程度の順番待ちでしたが思った以上に回転率は良く、
すぐに外に出ている店員さんが注文を聞いてきました。
ここはオーソドックスな「あげまん(プレーン)」120円と、「黒ごままん」140円を購入。
店員さんは「ありがとねー」って感じで、下町っぽい親しみのある接客でした。

あげまんじゅう 浅草九重  あげまんじゅう 浅草九重

写真撮影パシャリ。
買ったその場で撮ってホカホカを食おうか迷ったけど、
さすがに人混みの中でそれは気が引けた(汗)。

しかし相変わらず美味しいなぁ、ココのあげまんじゅう。

まず、ごま油で揚げた皮の部分の香りがたまらなくジューシーです。
小腹のすいた観光客はこれでいきなりイチコロでしょう。
食感もサクサクしていて、ほんのりと少しだけ良い塩気があって美味しいです。
そして中にはこれでもかというぐらいたっぷりと詰まったこしあん。
皮の塩気とあんの甘みが良いバランスで口の中で溶けて混ざり合います。

黒ごままんは皮がプレーンのものとはまた少し違っていますね。
皮が「かきもち」っぽい味がします(プレーンの皮は天ぷらの皮に近い)。
こちらのあんはつぶあんと表記があったんですが、かなりこしあんよりな気がします。
ほとんど粒を感じなかったけど・・・まぁ、こしあん派なんでそこは別にいいや。
ただ良いのか悪いのかわかりませんが、黒ゴマの主張が弱めな気がします。
個人的にはもっと黒ゴマを前に出してほしかったかも。

浅草寺にお参りの際には右手のお供にいかがでしょうか。
ビバ☆あげまんじゅう。

あげまんじゅう 浅草九重
<あげまんじゅう 浅草九重>
東京都台東区浅草2-3-1(仲見世通り浅草寺より3軒目)
営業時間:9時半~19時 年中無休

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA